たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

16日のハンセン指数は0.38%高、高値圏での売り買い交錯!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

16日(木)の香港ハンセン指数は安寄り後、すぐに上昇に転じたのですが、上値は重く、終日狭いレンジでの値動きとなりました。

大引けでは0.38%高の28883.04ポイントとなりました。

20200116A.png

16日(木)の中国企業指数は0.29%高となりました。

20200116B.png

参考として、2019年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20200116C.png

アメリカ通商代表部は15日(水)、第一段階の合意文章を公表しました。

本土メディアも全文の内容を公表しており、それについて前向きな報道が目立ちました。

中国側は、4月1日までに、生命保険、年金保険、健康保険などの領域における外資比率を撤廃、アメリカの保険会社は独資で中国市場に参入できるようになります。

 貿易面では、2017年のデータを基準として、工業製品、農産品、エネルギー、サービスなどの輸入額を2000億ドル増やすと約束しています。

 組織面では、中国の担当副首相、アメリカ通商代表部の代表がそれぞれ陣頭指揮を執る形で貿易ストラクチャーグループを作り、合意の実行状況を討論するために、半年に1回程度の会議を開くとしています。

 協議は、序言、知的所有権、技術移転、食品農産品、金融サービス、為替と透明性、貿易の拡大、相互評価と紛争解決、最終条項の9つから成るなどと伝えています。

 要するに、合意内容は日米で報じられているのと同じレベルで報道されています。

 ただ、本土、香港市場ともに、これに対する反応はほとんど見られませんでした。

 この日初めて内容が明らかになったわけではなく、アメリカ政府、中国政府による報道の調子にもサプライズはありませんでした。

アメリカ市場では、FRBが最新の景況報告を発表しており、投資家の注目は景気や金利動向に移っています。

 15日(水)のNYダウ指数は大引けにかけて少し売られて0.31%高に留まりました。

 本土市場では、24日(金)から1週間、春節休暇に入るために、市場参加者の積極的な売り買いは見られず、16日(木)の上海総合指数は0.52%安となりました。

 こうした市場環境の影響を受けて、香港市場も小動きとなりました。

 香港ハンセン指数はこの4営業日、高値圏での売り買い交錯となっています。

 売買代金は"そこそこ"あります。

 投資家の買い意欲は衰えていません。

外部環境の好転を受けて、これまで動きの小さかった不動産や、出遅れ感のあるバイオ医薬あたりに資金が入り、物色されています。

 トランプ大統領の圧力により今後、アメリカの金融緩和が進むだろうとみており、高い資金流動性が確保されることで、香港市場は日柄調整、あるいは軽い押し目を経て、上昇相場が続くと予想します。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

13日の上海総合指数は0.75%高、昨年4月25日以来の高値更新!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

13日(月)の上海総合指数は安寄り後、下げたものの、売りが一巡すると戻り始めました。

大引けにかけてまとまった買いが入り、高値引けとなりました。

終値は、0.75%高の3115.57ポイントで、昨年4月25日以来の高値となりました。

セクター別では半導体・部品、電子部品、新素材、自動車・部品、通信サービス、証券などが買われました。一方、一部の物流、港湾などが売られました。

20200113A.png

13日(月)の創業板指数は1.62%高となりました。

こちらは2年9か月ぶりの高値更新となりました。

20200113B.png

13日(月)の上海50指数は0.73%高となりました。

こちらは他の2指数と比べ、上値が重くなっています。

20200113C.png

上海総合指数は米中貿易協議の進展を織り込み、12月上旬を底にはっきりとした上昇トレンドが出ています。

個人投資家の売買ウエイトが高いとみられる創業板指数においては、2年9か月ぶりの高値を更新しており、さらにはっきりとした上昇トレンドがみられます。

年明け早々に起きたアメリカ、イラン間の軍事衝突の危機も両国が戦争を望まないことがはっきりとした時点で、株価への影響はなくなっています。

悪材料の見当たらない中、好調な相場が続いています。

ただ、テクニカルな点を指摘すれば、上海総合指数についても、創業板指数についても、売買代金は1月6日(月)にピークアウトしています。

24日(金)~30日(木)は春節休場となります。

まとまった休場を前に、今週後半から来週にかけては手控えムードが広がりそうです。

政策面では好材料がありました。

複数の関連部門の幹部は11日(土)、中国電気自動車百人会フォーラムで今年の新エネルギー自動車産業政策の考え方について発言しました。

工業情報化部の幹部は「市場の期待形成を安定させ、産業の健全で持続的な発展を保障するために、今年の新エネルギー自動車補助金政策は相対的に安定させる。大幅な補助金削減はない」と発言しています。

補助金が完全に無くなる時期について、6月末ではなく、12月末であるといった見方が広がり、これが好感されました。

半導体関連にも強い動きが出ています。

2019年の半導体産業は、2010年以来の低迷となりましたが、2020年はその反動が期待されます。

5G、AI、新エネルギー自動車などで半導体需要が大きく伸びると予想するアナリストは多く、相場の強さに乗じて成長株に資金が向かっています。

また、相場見通しの良さは、証券株の強さにもつながっています。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

9日のハンセン指数は1.68%高、終値ベースで5カ月半ぶりの高値!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

9日(木)の香港ハンセン指数は大きく窓を開けて寄り付いた後、終日買いが優勢、大引けでは1.68%高の28561.00ポイントとなりました。

終値ベースでは7月25日以来の高値を記録しています。

20200109A.png

9日(木)の中国企業指数は1.82%高となりました。

20200109B.png

参考として、2019年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20200109C.png

1月3日(金)以降、調整気味となっていた香港ハンセン指数ですが、9日(木)は大きく戻しています。

原油先物価格をみると3日(金)以降、中東湾岸情勢の緊迫化で急上昇しましたが、株式市場も同様の理由で、一旦調整となりました。

この点については、6日(月)のブログで詳しく示した通りです。

イランは8日(水)、イラクにある米軍駐留基地を2カ所ミサイルで攻撃しましたが、そのためこの日は香港、本土市場を含めグローバル市場は大方売られることになりました。

しかし、直後にイランの外相は、戦争を求めているわけではないとツイートしています。

また、トランプ大統領も8日(水)、軍事力を行使したくないと述べています。

この発言によって、この日のNYダウ指数は急騰しています。

同じ理由で9日(木)の香港ハンセン指数も大きく戻したということです。

残念ながら、今回も世界の株式市場はトランプ大統領に振り回されたということになります。

結局、トランプ大統領の頭の中は11月の大統領選挙のことしかありません。

選挙公約の実行をある意味、愚直に進めているのですが、一方で株価の下落は落選に直結しかねません。

トランプ大統領の発言、行動は中々読みづらく、また、株式市場をそれによく反応してしまいます。

しかし、株価が下がったら、その下げた要因を排除するような発言、行動を繰り返しています。

この局面は逆張り必勝と考えるべきなのでしょう。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

6日の上海総合指数は0.01%安、後場に入り売りに押される!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

6日(月)の上海総合指数は僅かに安寄り後、すぐに戻し、前場は強い動きとなりました。

しかし、後場に入ると売りに押され始め、大引けにかけて少し戻したのですが、結局、先週末比マイナスで引けました。

終値は0.01%安の3083.41ポイントで、値幅自体は小さいのですが、2日続落となりました。

セクター別では、石油開発関連、金関連、国防軍事、メディア、自動車部品、新材料、化学、ガス・水道などが買われました。

一方、空港・空運、港湾、道路・鉄道輸送、旅行、銀行、不動産などが売られました。

20200106A.png

6日(月)の創業板指数は1.30%高となりました。

出来高を伴って上げています。

引き続き昨年来高値の更新が続いています。

20200106B.png

6日(月)の上海50指数は0.70%安となりました。

こちらは上の2指数と比べ、上値が重くなっています。

20200106C.png

6日(月)の相場付きを整理すると、小型材料株には相変わらず強い買いが入っている一方で、大型株が売られています。

セクターでは、石油開発、金(ゴールド)、軍事関連が買われ、空運が売られています。

これらの点に注目すれば、この日の上海総合指数は外部要因で売られたことが明らかです。

アメリカ国防総省は2日、イラン革命防衛隊の精鋭組織であるコッズ部隊のカセム・ソレイマニ司令官を空爆によって殺害したと発表しました。

これに対してイランの最高指導者であるハメネイ師は3日、ツイッターでアメリカへの報復攻撃を警告しました。

トランプ大統領は4日(土)、イランがアメリカ人やその設備を攻撃すれば、イラン関連の52カ所を標的として攻撃するとツイートしています。

これに対してイラン側は5日(日)、軍事施設を攻撃すると発言しています。

中東情勢の緊迫化がグローバル市場でも大きなリスクとして意識されています。

この日の東京株式市場では日経平均株価は1.91%下落、451円76銭安の23204円86銭で引けています。

東京市場と比べれば、上海市場の下げはごく小幅なものに留まっています。

中国の王毅外相は4日(土)、イランの外相と電話会談しており、武力行使を行ったアメリカを批判しています。

中東湾岸地域の平和と安全を守るために建設的な役割を果たすと述べています。

中国、イランの関係は親密であり、軍事的な紛争が起こる可能性はないでしょう。

そうした見方は本土投資家たちの投資行動に反映されており、彼らが売り買いの主体となる創業板指数は6日(月)、出来高を伴って上げています。

この日の上海総合指数の下げは、グローバル機関投資家の地政学・政治的リスクの高まりによる売りに押されたことが原因だとみられ、上海総合指数は今後、この影響で押し目形成となることはあっても、サプライズの沈静化とともに、海外資本の流出の影響は限定的となり、本土投資家の旺盛な買いが支えとなって、上昇トレンドが維持されると予想します。

もっとも、11月の大統領選挙が近づくにつれ、その情勢次第で、トランプ大統領は何をやり出すか予想が付きません。

残念なことに、トランプ大統領が相場を引っ掻き回すといった状況は今年も続きそうです。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

30日のハンセン指数は0.33%高、5カ月ぶりの高値更新!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

30日(月)の香港ハンセン指数は僅かに高く寄り付いた後、一旦前日比マイナスとなる場面もあったのですが利食いを吸収し、上昇に転じました。後場に入り少し弱含みはしたのですが、大引けでは0.33%高の28319.39ポイントとなりました。

終値、場中ベースともに7月26日以来の高値を記録しています。

20191230A.png

30日(月)の中国企業指数は0.27%高となりました。

20191230B.png

参考として、2019年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20191230C.png

27日(金)のNYダウ指数は連日の過去最高値を更新し続けています。

ハンセン指数もこのところ強い動きとなっています。

米中貿易協議に関しては悪い話は出てきません。

年末商戦については好調であったと伝えるメディアが多く、個人消費の底堅さが確認されました。

欧米機関投資家のリスク許容度の高まりが香港をはじめ、グローバル市場にも好影響を与えています。

本土については30日(月)、好材料がありました。

4年以上に渡る4回の審査を経て、新証券法が全人代常務会議で可決されました。

施行は2020年3月1日からです。

条文の数は226で、2005年版の証券法の240と比べ14条少なくなっています。

しかし、ディスクロージャー、投資家保護の章が加えられ、修正された条文の数は100条を超えており、大きな修正となりました。

証券の定義を拡大し、登録制を全面的に推し進め、投資家保護の水準を引き上げ、違法行為に対する罰則の程度を重くするなど、中国資本市場の市場化を進め、法整備を一段と高めるといったところが修正点です。

資本市場の整備が進めば間接金融から直接金融への移行が進みます。

経済はこれまでのように欧米の技術を真似るだけではだめで、自ら新しいフロンティア産業を開拓していかなければなりません。

こうした状況では、ローリスクローリターン案件にしか資金を提供できない間接金融では上手く行きません。

ハイリスクハイリターンを許容できる資金がどうしても必要です。

ベンチャー企業の経営者がIPOを目標に死に物狂いで頑張り、IPOに成功すれば、資本市場で調達した資金で有望なビジネスを大きく拡大させるといった発展メカニズムが必要です。

資本市場改革の進展は、中国経済に対する長期的な見通しにも影響すると考えています。

両市場とも来年は期待が持てそうです。

今年のブログはこれが最後となります。

皆さん、良いお年をお迎えください。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示