たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

14日の上海総合指数は1.20%安、当局の取り締まり強化で資金流入止まる!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

14日(木)の上海総合指数は安寄り後、一旦前日終値比プラスに戻したものの、出来高が増えません。利益確定売りに押される格好で下落、終値は1.20%安の2990.69ポイントで引けました。

セクター別では、空運が買われたぐらいで、ほぼ全面安の展開となりました。

通信サービス、半導体・部品、PC関連、物流、メディア、保険、証券といったところが大きく売られています。

売買代金はA株全体で8125億元となり、前日と比べ23%減少しています。

20190314A.png

14日(木)の創業板指数は2.58%安となりました。

12日(火)に直近の高値を付けた後、2日連続で大きく売られています。

20190314B.png

14日(木)の上海50指数は0.19%高となりました。

7日(水)、8日(木)と大きく下げた後は、下げ止まっています。

20190314C.png

本土市場は8日(金)の急落以降、売買代金が減少しており、一旦天井を打った形となっています。

要因は、中信証券が中国人民保険(601319)について、華泰証券が中信建投(601066)について、売りレポートを発表したことに加え、当局が場外配資の制限を強めたことなどだと考えています。

上海総合指数も、創業板指数も、春節明けの211日以降、出来高が急速に増えました。

その結果、株価が急騰しました。

こうした出来高増加の背景には、場外配資による違法な資金流入が要因であると当局は見ているようです。

場外配資について簡単に説明しておきます。

顧客はシステム会社など、第三者と契約を結び、その第三者は証券会社と契約を結びます。

顧客はシステム会社をプラットフォームとして、証券会社と繋がり、株取引ができるようになります。

ただ単に、第三者が取引の真ん中に介入しただけのようですが、顧客にとって大きなメリットがあります。

第三者は顧客に対して、資金の貸出サービスを行っています。

ですから、顧客はレバレッジをかけて取引を行うことができるのです。

一方、証券会社は手数料の増加、第三者は貸し付けによる利息収入が得られます。

相場さえ右肩上がりならば、皆が儲かるシステムとなっています。

この取引は、信用取引と似ていますが、全く別の取引です。

市場の外で資金のやり取りが行われることから、場外と名がついています。

この場外配資は201411月から20156月にかけての急騰と、その後の急落を招いた元凶であったとされています。

当時、場外配資が問題となった際、その中核となった恒生電子の子会社が運営するHOMSシステムは証券取引システムから遮断されました。

ほかの場外配資について、当局は証券会社に対して、レバレッジの規制をかけるなど、厳しく管理させた結果、場外配資の規模は急速に縮小しました。

その後、今年に入るまで、目立った動きはなかったのですが、1月以降、株価に上昇トレンドが出始めたことで、春節明け以降、システム会社などの営業努力もあって、急速にこの取引が増えたようです。

37日(木)、広東証監局は証券営業部の責任者を集めて、座談会を開きました。

その席で、証券営業部が掌握している場外配資のモデル、対象、趨勢などの状況を把握した上で、場外配資のリスク防止方法を明確にするよう出席者に要求しています。

さらに、場外配資との提携を禁止すると同時に、異常な取引を監督管理、コントロールし、技術システムの安全性確保を強化するように指示しています。

38日(金)には、浙江証監局が所轄証券会社について、ブローカレッジ業務に関する法制度遵守・リスクコントロール管理座談会を開いています。

会議の席上で、当局は、違法な場外配資活動に関与することを厳禁しています。

先週末から管理が厳しくなったことで、新たに資金が流入しなくなり、加えて、一部ではレバレッジの縮小を迫られたために、今週に入って、株価が調整気味になっているとみられます。

証監会は株価の穏やかな上昇トレンド形成を理想としています。

また、科創板の設立、上海ロンドンストックコネクトの開始、海外証券会社に対する資本規制の緩和など、資本市場改革を積極的に進めています。

長期的には大きな上昇トレンドが出ると予想しているので、この押し目はチャンスだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

11日のハンセン指数は0.97%高、自律反発、本土株につれ高!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

11日(月)の香港ハンセン指数は僅かに高寄り後、売買代金が増えない中、本土株につれ高する形で上昇しました。

終値は25日移動平均線まで戻し、0.97%高の28503.30ポイントで引けています。

8日(金)に1.91%下落した後なので、半値戻しといったところです。

20190311A.png

11日(月)の中国企業指数は1.08%高となりました。

香港ハンセン指数と同様、25日移動平均線あたりまで戻しています。

20190311B.png

参考として、2018年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20190311C.png

上海総合指数の動きをみると、8日(金)に4.40%下落、11日(月)に1.92%上昇といった荒っぽい動きとなっていますが、8日(金)の本土市場暴落が、香港市場にもそのまま影響しており、11日(月)の戻りも同じことだとみています。

8日(金)寄り付き前の段階で、中信証券は中国人民保険(601319)の売りレポートを発表しました。

また、華泰証券は中信建投(601066)の売りレポートを発表、いずれも寄り付きからストップ安水準となり、市場関係者の注目を集めました。

大手証券会社がわざわざ売りのレポートを、しかも、一方は同業者の売りを勧めるのはやはり異常な感じがします。

全人代の真っただ中で、当局は株式相場の安定にいつも以上に腐心しています。

当局が、大手証券会社を使って、金融機関向けに売りのレポートを出させたか、あるいは大手証券が忖度したのか、そんな感じのする突飛な出来事でした。

8日(金)には、貿易統計が発表されました。

2月の輸出(ドルベース)は20.7%減、輸入は5.2%減といずれも市場予想を大きく下回る結果となりました。

日本の報道では、この影響で株価が下がったといった説明もみられますが、本土市場では月次統計に反応することはほとんどありません。

本土の市場関係者たちのコメントを見ても、この点を下落の理由に挙げる見方は見当たりません。

9日(土)には2月のCPIPPIが発表されました。それぞれ1.5%上昇、0.1%上昇で、市場予想とほぼ変わりませんでした。

また、11日(月)に発表された2月の金融統計では、M28.0%増、人民元新規貸出増加額は8858億元、社会融資総量は7030億元で、いずれも市場予想を下回っています。

こうした経済統計の結果を受けた11日(月)の相場でしたが、先ほど示したように、悪材料とはなっていません。

信用買い残高の状況をみると、急落した8日(金)の残高は8550億元で前日と比べ55億元増えています。5営業日連続の増加となっています。

一方、滬港通、深港通を通じた外国人の買いについては、11日(月)のデータまでありますが、4営業日連続で資金流出となっています。

ここで創業板指数の動きを示しておくと8日(金)、2.24%下落しましたが、11日(月)は4.43%上昇し、直近の高値を更新しています。

足元の相場は、外国人、機関投資家が金融株を売る一方、個人投資家は下がったところを、小型材料株を中心に押し目買いに入っているといったところでしょう。

これは本土市場の状況ですが、香港市場はこれに連れ安、つれ高する形で相場形成がなされています。

香港市場はしばらくの間、不安定な本土市場に翻弄される相場が続きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

7日の上海総合指数は0.14%高、売り買い交錯!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

7日(木)の上海総合指数は安寄り後、売り買い交錯となりました。終値は0.14%高の3106.42ポイントで引けました。

セクター別では、証券、公共交通、PC関連、非鉄金属、通信サービス、港湾水運、メディアなどが買われました。

一方、空港空運などが売られました。

出来高はA株全体で11666億元、大商いとなった前日と比べても5%増えています。

20190307A.png

7日(木)の創業板指数は0.48%安となりました。

下げてはいますが、売買代金は多く、強い相場が続いています。

20190307B.png

7日(木)の上海50指数は1.78%安となりました。

4日(月)に高値を付けた後、上値が重くなっています。

20190307C.png

上海、深センA株のうち、取引のあったのは3571銘柄です。

この内、227銘柄がストップ高、上昇した銘柄が2488銘柄、ストップ安は1銘柄でした。

時価総額の大きな銘柄が軟調であったため、指数の動きは悪いのですが、上がっている銘柄、ストップ高銘柄は多く、大商いです。

全体を見れば地合いは悪くありません。

ただ、超大型株には一旦、押し目がありそうな感じもします。

滬港通、深港通を使って香港市場から本土市場に向かう資金については、7日(木)には両市場合わせて▲349200万元の流出となりました。

6日(水)も▲21400万元の流出となっており、流出金額でいうと、昨年126日以来の流出額となっています。

外国人は一旦、利食いに入った感じです。

一方、国内の信用取引残高は前日のデータしかありませんが、6日(水)現在、8333億元となっており、3営業日連続で増加、昨年918日の水準まで回復しています。

本土のリスク資金は依然として積極的に買いに入っているようです。

35日(火)に始まった全人代ですが、株価、売買代金の動きだけからみれば、本土の投資家はポジティブサプライズと捉えたようです。

今年の政府活動方針などを示した政府活動報告をみると、実質経済成長率の目標がこれまでの6.5%程度から66.5%へと切り下げられています。

しかし、これは事前の予想通りです。

財政政策、金融政策については、前年よりも景気に配慮した内容となっています。

本土市場は伝統的に、景気や企業のファンダメンタルズの改善よりも、金融政策の緩和に強く反応するようなところがあります。

「資金があれば株を買う。銘柄は後から決める」といったメカニズムです。

金融政策の部分を直訳すると以下の通りです。

「穏健な貨幣政策は適度に緩める必要がある。経済成長が合理的な成長範囲を保てるように、広義の貨幣量であるM2、社会融資規模の増加速度は名目GDPの成長速度に匹敵させる必要がある。実際の政策執行においては、貨幣供給の全体のバルブをしっかりと握り、大量の水を流し込むようなことはせず、流動性の合理的な余裕を保ち、実体経済、特に民営企業、零細企業の"融資が難しく、コストが高い"といった問題を有効に緩和し、金融リスクを防止し、解消する。金利の市場化改革を深く進め、実質金利水準を低下させる。為替決定メカニズムを改善し、人民元が合理的な均衡水準上で基本的に安定を保つようにする」などとしています。

この内、最初のあたり、最後のあたりがサプライズとなりました。

全体の相場を総括すると、外国人、機関投資家がやや様子見となりつつある中で、個人投資家の投機意欲が強まっているといった状況です。

信用制度の枠を超え、ノンバンクなどから資金を借りて株取引を行う「場外配資」が既に問題となっていますが、当局がこれを早い段階からしっかりと管理できるかどうかが、"今後の相場が急騰、急落して終わるか、長く緩やかな上昇相場が保てるか"を予想する上で重要です。

管理できなければ、201411月から20156月にかけての急騰とその後の急落の再現となってしまいます。

そんなことはさせないつもりなのでしょうが、前回もその前のバブルの時もそうでしたが、違反行為を禁止しても資金流入は、簡単には止まりませんでした。

ただし、当局の管理がどうであっても、これまでの経験から判断して、この先、半年程度は強気で大丈夫だと考えています。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

4日のハンセン指数は0.51%高、後場から利益確定売りに押される!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

4日(月)の香港ハンセン指数は僅かに安寄り後、しばらく売り買い交錯が続いたのですが前引けにかけて上昇、後場寄り直後には一時、先週末終値比で1.49%高まで買われたのですが、その後は利益確定売りに押されました。

終値は0.51%高の28959.59ポイントで引けています。

この一週間は高値圏での売り買い交錯といった状態が続いています。

20190304A.png

4日(月)の中国企業指数は0.60%高となりました。

先週押し目を付けた後、先週末、4日(月)と戻していますが、上値は重い状態です。

20190304B.png

参考として、2018年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20190304C.png

33日(日)午後から、中国人民政治協商会議が始まりました。

これは、中国共産党幹部に加え、各分野の専門家、学者など、各界の代表が集まり、重要な問題を協議し、意見・提言を行う会議で、13日午前まで続きます。

35日(火)からは、全国人民代表大会が開催されます。

5日(火)午前には、李克強首相による政府活動報告が行われ、2019年の政治経済運営方針案が示されます。

その後、財政部、国家発展改革委員会などの発表があり、政府活動報告やそれらの内容に関する意見・提言、修正が行われ、最終日にはその修正案が採決されるといった流れとなっています。

会議の終了は15日(金)となる見込みです。

中国は政治の季節を迎えています。

政府活動方針を巡って、各地方政府、各国家機関の幹部が分科会に分かれ、審議することになりますが、マスコミはこの過程で、幹部たちの発言を頻繁に報道することになり、それが材料視されやすいということです。

政府としてはこの時期に株価が大きく下落するようでは、世論が活動方針を否定しているといった印象を与えてしまうので、当局が株価を刺激しないように証券会社などに通知しているといったようなことをいう人もいますが、過去の株価の動きを見る限り、この期間、いつも株価が上がっているとは限りません。

あまり両会を意識しすぎない方が良いように思います。

最大の買い材料となっている米中貿易戦争の緩和については、3日のウォールストリートジャーナルが「米中両政府が貿易協議で追加関税の引き下げを議論している」と報じています。

3月中旬以降に実現するとみられる米中首脳会談において、貿易協議は一気に合意に達する可能性も出てきました。

こうした好材料があるため、今年に入ってからの急騰によって蓄積した利益確定売りの圧力があるにもかかわらず、ハンセン指数は下落せず、売買代金は高水準で推移しています。

投資家は、5日(火)午前に行われる政府活動報告の中で、具体的な経済目標、景気対策などに注目しています。

午前中に市場がそれに反応すれば、ハンセン指数は日柄調整を抜けてそのまま上昇トレンドを回復しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

28日の上海総合指数は0.44%安、スピード調整!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

28日(木)の上海総合指数は安寄り後、売り買い交錯となったのですが、後場に入ると、出来高が細る中、大型株を中心に利益確定売りに押され下落、終値は0.44%安の2940.95ポイントで引けました。

セクター別では、製紙、医療機器サービス、農業、薬品・バイオ、建材、採掘、自動車・自動車部品などが買われました。

一方、証券、保険、銀行、通信サービス、鉄道・道路輸送、空運などが売られました。

25日(月)に5.60%高と暴騰した後は、28日(木)までの3日間は高値圏で売り買い交錯となっています。

20190228A.png

28日(木)の創業板指数は1.00%高となりました。

20190228B.png

28日(木)の上海50指数は0.23%安となりました。

20190228C.png

本土市場は22日(金)、25日(月)の急騰後、利益確定売りを吸収しつつ、持ち合い状態となっています。

上昇の要因は25日(月)のブログに書いた通りです。

簡単にまとめると、中国共産党が資本市場の育成を重要視する姿勢を示したこと、米中貿易戦争が停戦状態になる可能性が強まり、32日以降の追加関税率引き上げが見送りになったことの2点です。

25日(月)には、証券42銘柄全てがストップ高となるなど、投資家心理は大きく楽観に傾きました。

ただし、中国証券監督管理委員会(証監会)は26日(火)、証券会社による信用取引以外の方法で、ノンバンクなどから資金を借り入れて株式を購入するといった「場外配資」を厳しく取り締まると警告しています。

この場外配資は201411月から20156月にかけての株価急騰の背景にあったとされる取引です。

その当時、証監会は市場の混乱が原因で、内部の不祥事、トップの交代につながったという苦い経験もあり、素早い火消し活動開始となりました。

その効果があったかどうかは定かではないのですが、とりあえず、急騰は一旦、食い止められています。

本土では、「投資家心理が好転している時期の金曜日の相場は強い」といったアノマリーがあります。

それは、引け後に好材料となる政策が出て株価が上がってしまう機会損失リスクが、逆に悪材料が出て株価が下がるリスクよりも大きいと感じる投資家が多いからだと言われています。

31日(金)がどちらに出るのかで、現在の投資家心理の状態がわかるでしょう。

市場ではほとんど注目されませんでしたが、2月の官製・製造業PMIが発表されました。

結果は49.2で前月と比べ0.3ポイント低下、市場予想の49.5と比べ、0.3ポイント下振れしました。

景気判断の分かれ目となる503か月連続で下回っています。

細目指数をみると、新規輸出受注、輸入が50を大きく下回り悪化しています。

米中貿易戦争の影響が大きく表れています。

国内の回復で新規受注は改善していますが、原材料在庫、製品在庫はともに減っており、生産も悪化しています。

ただ、出荷価格、購買価格ともに上昇しており、需給は改善しています。

全体を通してみれば、景気は予想以上に悪いということですが、悪ければ悪いほど、政策の強度が上がると考えられるので、この結果を悪材料とは捉えてない投資家が多いと思います。

また、本土マスコミの報道から読み取る限りでは、米中貿易戦争については一旦、解決に向かっているとみる投資家が多いでしょう。

上昇相場はまだ始まったばかりだと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示