たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

17日の上海総合指数は0.20%高、様子見状態が続く!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

17日(月)の上海総合指数は僅かに安寄り後、上昇に転じたのですが、商いは膨らみません。

上値を抑えられるとその後は狭いレンジでの揉み合いとなりました。

セクター別では、中薬(中国の伝統的な薬品)、農業サービス、通信サービス、観光地・ホテル、銀行、証券といったところが買われました。

一方、養殖業、石油開発、包装印刷、国防軍事、電子部品、半導体・部品などが売られました。

20190617A.png

17日(月)の創業板指数は0.80%安となりました。

11日(火)に4%近く上昇したのですが、その後の動きはさえません。

25日移動平均線に上値を抑えられるような形で下落、かろうじて200日移動平均線あたりで下げ止まったといった感じです。

20190617B.png

17日(月)の上海50指数は0.29%高となりました。

11日(火)の急上昇後は上値の重い動きとなっています。

20190617C.png

上海総合指数は11日(火)、2.58%上昇しました。

共産党中央弁公室、国務院弁公室が「地方政府特別債券発行及びプロジェクトのための融資業務をしっかりと行うための通知」を発表したことで、市場ではインフラ投資が加速するのではないかといった期待が高まりました。

しかし、政策発動で買われたものの、実際にどの程度の効果があるのか読み切れません。

その後、畳みかけるように政策が出ることはありませんでした。

さらに、G20首脳会談が62829日の日程で、大阪で開催される予定ですが、17日の時点でも、米中首脳会談の実施が確定しません。

投資家がリスクを取って買い出動できるような状況ではありません。

また、足元の景気は予想以上に悪いことが確認されました。

14日に発表された5月の経済統計などを簡単にまとめると以下の通りです。

鉱工業生産:5.0%増、前月と比べ▲0.4ポイント悪化

固定資産投資(累計):5.6%増、前月(累計)と比べ▲0.5ポイント悪化

小売売上高:8.6%増、前月と比べ1.4ポイント改善

輸出:1.1%増、 〃 3.8ポイント改善

輸入:▲8.5%減、 〃 ▲12.5ポイント悪化

消費者物価指数:2.7%上昇、0.2ポイント改善

工業品出荷価格指数:0.6%上昇、▲0.3ポイント悪化

消費は堅調ですが、それには理由があります。

今年のメーデー休暇は1日(水)~4日(土)までの4日間でしたが、昨年は430日(月)、1日(火)の2日間だけでした。休日を増やしたことによる消費活性化効果が出たと言えるでしょう。

消費を除けば、厳しい結果ですが、特に固定資産投資が激しく落ち込んでいます。

内容を少し細かくみると、インフラ投資(累計、以下同様)は▲0.4ポイント悪化し4%増に留まっています。

不動産投資は▲0.7ポイント悪化し11.2%増であり、製造業の投資は0.2ポイント改善していますが2.7%増に過ぎません。

改めて積極財政政策、インフラ投資拡大策は効果を表していないことが明らかとなりました。

金融政策についても、セイフティネットの拡充に役立っている程度しか効いていないようです。

こうした状況では、投資家は景気の先行きに自信が持てません。

当局がもう少し強い景気対策を打ちないと、投資家はリスクを取りにくい状況です。

まずは、大阪で開かれるG20首脳会談に、習近平国家主席が予定通り参加するかどうか、参加したとすれば、米中首脳会談が行われるかどうか、その中身はどうなるのか。

決裂した場合、アメリカが本当に追加関税措置を実施するのか、中国はどういった報復を行うのか。

アメリカ、中国はどのような景気対策を行うのか・・・。

相場は今後、めまぐるしく変化しそうで、現在は嵐の前の静けさといったところでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

13日のハンセン指数は0.05%安、様子見続く!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

13日(木)の香港ハンセン指数は安寄り後急落したのですが、売り一巡後は徐々に買い戻される展開となりました。

終値は0.05%安の27294.71ポイントでした。

20190613A.png

13日(木)の中国企業指数は0.21%安となりました。

20190613B.png

参考として、2018年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20190613C.png

この日はアリババの香港市場への重複上場が大きな注目材料となりました。

共同主幹事には中国国際金融とクレディ・スイスが選ばれており、資金調達額は最大200億米ドル(21700億円、1ドル=108.5円で計算)に達すると複数のメディアが報じています。

これは20107月に上場した農業銀行の220億ドルに次ぐ規模です。

一般に大型上場による市場への影響は、正反対の2つの考え方があります。

一つは需給悪化による株価下落懸念です。

大量の株式供給によって需給が大きく崩れるといった見方です。

多くの投資家は持っている株を売って、公募に参加する可能性があります。

そうすれば、売りが先行することで、株式市場には下げ圧力がかかることになります。

もう一つは外部からの資金流入により相場が活気づくといった期待です。

アリババは香港市場の投資家にとって人気の高い銘柄です。多くの投資家が預金など証券市場の外にある資金を使い、公募に応じることで、資金流入が発生します。

また、短期で売買する投資家が多数参入することで、上場直後のアリババは大商いとなるのは必至です。

そうすれば、資金が回転し、循環物色が起きて、株価が上昇するということになります。

今回、どちらの要素が大きいかは上場時の相場環境などにも大きく影響するでしょう。

しかし、米中貿易戦争が激化する中で、中国企業を応援しようと考える中国系投資家は少なくありません。

知名度が高く、中国を代表する民間企業であるだけに、相場上昇の起爆剤になる可能性があるとみています。

多くの投資家が注目する米中貿易戦争の行方についてですが、依然として不透明な状況が続いています。

6月末に開かれる予定のG20サミットに合わせ、トランプ大統領、習近平国家主席による首脳会談が開かれるかどうかが最大の焦点です。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

10日の上海総合指数は0.86%高、かろうじて下げ止まる!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

10日(月)の上海総合指数は僅かに高寄り後、上昇したのですが、売買代金が増えません。

後場からは上値の重い展開となり、終値は0.86%高、2852.13ポイントで引けました。

セクター別では、通信設備、通信、新材料、電子部品、半導体・部品、採掘サービス、食品加工などが買われました。

一方、証券などが売られました。

20190610A.png

10日(月)の創業板指数は1.08%高となりました。

日足チャートをみると200日移動平均線を割り込んで引けています。

底割れリスクが懸念されるチャートとなっています。

20190610B.png

10日(月)の上海50指数は1.35%高となりました。

3指数の中では最も強い動きとなっています。

20190610C.png

上海総合指数の日足ははらみ線となっています。

前営業日には陰線を付けており、底割れ必至かと思われるような状態でしたが、この日は売買代金が減る中で、つまり売りが薄くなる中で、何となく上昇したといった感じとなりました。

セクター感の値動きは意外に大きく、5Gの商用化が加速する見込みから華為技術関連も含め、5G関連銘柄が幅広く買われています。

一方、足元の相場は低調で、売買代金が細っていることから証券銘柄には業績不安があります。

早ければ6月中には創業板第一号案件が上場することになりそうで、需給悪化懸念もあり、証券セクターが売られています。

メリハリの付いた相場となっており、循環物色が進んでいる点で、相場には若干の明るさがあります。

もう一つ明るい点を指摘するならば、外国人が買っているという点です。

10日(月)の滬港通、深港通を通じた海外投資家によるA株買いは825400万元に達しています。

金額としては329日以来の大きさです。

海外投資家は米中貿易戦争が長期化する可能性も指摘される中、底値を拾ってきています。

足元でNYダウが大きくリバウンドしていることで、投資家のリスク許容度が高まっている点について、多少は割り引いて考える必要はあるでしょうが、多くの投資家が、米中貿易戦争の経済への影響はそれほど大きくはならないと楽観的にみている点に注目すべきです。

トランプ大統領の最大の弱点は株価です。

ですから、アメリカ経済への悪影響の大きい3000億ドル相当の輸入品に対する制裁関税措置の実施は困難とみられます。

中国側はレアアースの輸出規制、中国からの技術移転の制限など対抗措置の発動をほのめかしており、そのことがトランプ大統領に対する大きな抑止力となりそうです。

この点については、むしろ本土の投資家の方がやや悲観的であるようにも思います。

本土の経済運営方針が、依然として短期的な景気の下支えよりも、大きな構造改革に重点があり、投資家が喜びそうな金融緩和策、自動車、家電などの消費刺激策の発動がありません。

本土市場は政策発動待ちの状態です。

 

 

 





 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

6日のハンセン指数は0.26%高、値固めが続く!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

6日(木)の香港ハンセン指数は僅かに高寄りしたのですが、その後は狭いレンジでの値動きが続きました。

終値は0.26%高の26965.28ポイントでした。

底値を探る動きが続いています。

20190606A.png

6日(木)の中国企業指数は0.10%安となりました。

薄商いの中、今にも底割れしそうなチャートです。

20190606B.png

参考として、2018年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20190606C.png

NYダウ指数が4日(火)、5日(水)と大きく値を戻す中、上海総合指数は430日(木)から6日(木)にかけて6日続落となるなど、米中の株価は明暗を分けています。

ファンダメンタルズでは本土市場、需給ではアメリカをはじめとしたグローバル市場との関連性が強く出る香港ハンセン指数は、上海総合指数、NYダウ指数を足して2で割ったような値動きとなっています。

NY市場では、金融緩和見通しが高まっています。

FRBのパウエル議長は4日(火)、貿易摩擦の影響を今後も注視していくと約束、「景気拡大を維持するためにわれわれは適切な行動を取る」と発言しました。

米中貿易摩擦の激化、メキシコなどへの貿易紛争の拡大懸念から、アメリカの景気減速懸念が高まり、債券市場では逆イールドが発生していました。

相場が悲観に傾きかけた中での金融緩和期待の発生は投資家心理を大きく改善させました。

欧米機関投資家のリスク許容度の高まりが、香港市場の需給要因を改善させたと考えられます。

一方で、ファンダメンタルズ面では悲観が強まっています。

足元の景気動向をみると、5月の製造業PMI49.4で、前月から0.7ポイント低下、景気判断の分かれ目となる503カ月ぶりに割り込みました。

新規輸出受注、新規受注の悪化が顕著です。

さらに製品在庫が増加、生産が鈍化しています。

米中貿易摩擦の影響が出ていると考えられます。

また、当局の景気対策はあくまで小規模なものに留まっており、相変わらず、不動産バブル、金融レバレッジ拡大の警戒に重心を置いた経済運営を続けています。

株式市場については、株価対策よりも、資本市場改革に重きが置かれています。

65日(水)には、3社の企業に対して初めて科創板への上場認可が下りました。

需給悪化懸念により6日(木)の創業板指数は2.42%下落しています。

中国証券監督管理委員会は5日(水)、上場企業のディスクロージャー制度違反に対する法的強制力を強化すると発表しました。

上場企業や大株主が真実を語り、正確な会計処理を行い、タイムリーに情報開示を行い、しっかりとルールを守るよう監督管理を強化するといった方針を発表しています。

アメリカは、金融システムの正常化を止めてでも、利下げ、金融緩和を行い、景気の鈍化、株価の下落を食い止める姿勢を見せているのに対して、中国は、景気の低迷よりも、不動産、株式バブル拡大に対する警戒に重点を置くといった経済運営方針を変えていません。

米中当局の運営方針の違いが足元の株価動向の違いを生んでおり、香港市場は米中双方から影響を受ける形となっています。

短期的には株価が下がっても、愚直に構造改革を進めている中国の政策の方が、長期的には株式市場にとっては良いのではないかと思います。

短期的な株価動向に対しては、少し残念な政策ではありますが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

3日の上海総合指数は0.30%安、値固めが続く!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

3日(月)の上海総合指数は僅かに高寄り後、中小型株が軟調な中、0.30%安の2890.08ポイントで引けました。

狭いレンジでの取引の中、値固めが続くといった展開となりました。

トウモロコシ、乳業などの農業関連、5G関連、ゴールド関連が買われました。一方で、鉱業、レアアース、燃料電池関連などが売られました。20190603A.png

3日(月)の創業板指数は0.99%安となりました。

20190603B.png

3日(月)の上海50指数は0.52%高となりました。

上昇してはいるのですが、25日移動平均線、75日移動平均線が上値を抑える格好となっています。

20190603C.png

米中株価は、少々違った値動きとなってきました。

上海総合指数、NYダウ指数ともに5月に入り崩れていますが、NYダウ指数は5月下旬以降、下げが厳しくなっています。

一方、先に崩れたのは上海総合指数の方ですが、中旬以降下値は堅く、値固めの展開が続いています。

両市場が下げ相場となるきっかけは、トランプ大統領による55日のツイートでした。

2000億ドル相当の中国からの輸入品に対する追加関税率の引き上げ、新たに輸入品3000億ドル相当に対する追加関税措置の導入などを突如、発表したのです。

その後、華為技術への禁輸措置も発動しています。

それを受けて、中国側も追加関税率を引き上げ、レアアースの対米禁輸をにおわすなど、反撃しています。

こうした中国側の毅然とした態度、的確な対応策によって、中国側のダメージはそれほど大きくないのではないか、アメリカは攻めきれないのではないかといった見通しが広がりつつあります。

米中間の貿易戦争が激化する中で、トランプ大統領は530日、何の前触れもなく、メキシコからの輸入品に関税を課すと警告しました。

これによって、輸入品価格の上昇、サプライチェーンの断裂、再構築による負担増などへの懸念が一層高まっています。

景気見通しの悪化は、債券市場において逆イールドを発生させており、NYダウ指数には強い下押し圧力がかかっています。

一方、本土では、商務部が531日(金)、プレスリリースを通して、「信頼できない実体リスト」制度を定めると発表しました。

市場のルールを遵守せず、契約の精神に反し、非商業目的で中国企業に対して取引を閉鎖したり、遮断したりして、中国企業の正当な権利を著しく害する外国企業、組織、個人を「信頼できない実体リスト」に指定するといった制度です。

これは、アメリカ通商代表部が安全保障上懸念のある企業を列挙した「エンティティー・リスト」制度に対抗するものだとみられます。

企業が華為技術への製品供給を拒否した場合、中国は「信頼できない実体リスト」に指定しますよと警告しているのです。

第三国の企業に対して、アメリカを選ぶのか、中国を選ぶのかの選択を迫るような制度です。

これはアメリカによる制裁に対して、有効な対策だと思います。

本土3指数の中では、200日移動平均線との乖離状況などから判断すると、上海A50指数の堅調さが目立ちます。

グローバルベンチマーク指数に対する中国A株の組み入れ比率の拡大などを材料として、欧米の機関投資家が安いところを買ってきているのではないかとみられます。

具体的には滬港通、深港通を通して本土A株市場に流れ込む資金をみると、528日(火)には749100万元、63日(月)には469200万元の資金が流入するなど、海外からのまとまった買いが入り始めています。

本土投資家の投資家心理は今後、好転するだろうと予想しています。

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示