たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

1日の上海総合指数は2.22%高、米中首脳会談がポジティブサプライズ!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

1日(月)の上海総合指数は高寄り後、終日買い優勢の展開となりました。日足チャートは小さな陽線に留まってはいますが、75日移動平均線を超えてきています。

終値は2.22%高、3044.90ポイントで引けています。

セクター別では、電子部品、半導体・部品、通信設備、通信サービスなどが大きく買われています。

20190701A.png

1日(月)の創業板指数は3.75%高となりました。

こちらの日足チャートは小さな下髭が出ていますが、比較的大きな陽線が立っています。

20190701B.png

1日(月)の上海50指数は2.47%高となりました。

3指数の中では最も強い動きとなっており、422日に記録した今年の場中高値を目指す展開となってきました。

20190701C.png

この日の上昇要因は言うまでもありません。

29日に行われた米中首脳会談がポジティブサプライズとなったことが最大の要因です。

アメリカは中国の輸出品について、新たな関税をかけることはなくなりました。

また、両国の経済貿易代表団による協議が再開されることになりました。

ここまではある程度、予想されたことですが、トランプ大統領はG20大阪サミットの閉幕後の記者会見で、「大量の米国製品がファーウェイのさまざまな製品に使われており、取引を続けてもかまわないと思っている」と述べています。

その後、汎用品輸出のみ容認するといった政府高官からの発言があったようですが、大統領が禁輸緩和を口に出した以上は、ほぼなし崩し的に輸出が行われる可能性が高いでしょう。

こちらの話は大きなサプライズとなりました。

それはこの日の上昇セクターにしっかりと表れています。

今回の米中首脳会談の最大のポイントは、すべてのことをトランプ大統領が決めているということが改めてはっきりしたということです。

特に驚いたのは、ツイッターで呟いただけで、事務方の調整を飛び越えて、金正恩総書記と首脳会談をセッティングしてしまったという点です。

米中貿易戦争についても、対中強硬派が牛耳る通商代表部が中国に対して厳しく対峙しているのに対して、米中首脳会談一つですべてを振り出しに戻すようなことをしています。

中国側がアメリカに何か大きな譲歩をしたかと言えばそういうことはありませんでした。

ただ、国家発展改革委員会は630日、「外商投資奨励産業目録(2019年版)」、「自由貿易試験区外商投資アクセス特別管理措置(ネガティブリスト)(2019年版)」、「外商投資アクセス特別管理措置(ネガティブリスト)(2019年版)」を発表しています。

国家が奨励する投資領域が製造業を中心に広げられました。外商投資に関するネガティブリストは48件から40件に減少しています。

こうした対外開放政策をトランプ大統領が評価したということなのでしょうが、もしこれを、通商代表部を通して評価していたら、決してこのような結果にはならなかったと思います。

結局、トランプ大統領は、表面的には中国に強く出ているというポーズを、対中強硬派を通じて取りながらも、最終的には景気や株価を考慮して、対中関係を良好に保つといったバランスを取っているように見えます。

トランプ大統領が自分の再選のために政治を行っており、それが上手く機能しているとみるならば、米中貿易戦争は形の上では冷戦状態が続いたとしても、実質的な影響は大したことはないとみるべきでしょう。

米中経済は既に分離できないほどしっかりと結びついてしまっています。

そうした現実がある限り、米中貿易戦争はシナリオのあるプロレスと同じです。

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

27日のハンセン指数は1.42%高、5月8日以来の高値更新!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

27日(木)の香港ハンセン指数は高寄り後、薄商いの中で上昇、終値は1.42%高の28621.42ポイントを付けました。

チャートは短い下髭の付いた陽線となり、終値ベースでは58日以来の高値となりました。

20190627A.png

27日(木)の中国企業指数は1.22%高となりました。

香港ハンセン指数と比べると戻りが弱いのですが、それでも200日移動平均線を回復して引けています。

20190627B.png

参考として、2019年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20190627C.png

この日、特別な好材料があったわけではありません。

香港ハンセン指数は19日(水)急騰後、75日移動平均線に上値を抑えられるような形ではありますが、ここ約1カ月間の高値圏でもみ合う展開となりました。

トランプ大統領は18日(火)、習近平国家主席と電話会談を行い、大阪で開かれるG20首脳会議期間中に会談を行うことを決めました。

この件に対する投資家の期待が株価を押し上げていますが、その結果を見届けないと、大きくポジションを動かせないと考える投資家が多くいることで、香港市場の売買代金はそれほど膨らんでいません。

エネルギー不足といった状態です。

日本では香港の民主化運動が激化し、香港返還20周年となる71日に向けて大規模なデモがあるのではないかといった懸念が広がっているようです。

確かに心配ではありますが、香港ハンセン指数の動きを見れば、香港のことをよく知る香港市場の投資家たちは先行きを冷静にみていることがわかります。

リスク要因とみなし、一旦、資金を流出させるような動きは目立ちません。

今後も状況を把握しておくことは必要かもしれませんが、過度に心配することはないでしょう。

心配なのはトランプ大統領の心変わりです。

自分から習近平国家主席に会談を持ちかけた以上、中国側だけではなく、アメリカ側も合意を望んでいると考えるべきでしょう。

側近であるポンペイオ国務長官や、通商代表部のライトハイザー代表などは生粋の対中強硬派であり、中国脅威論といったイデオロギーがあり、徹底的に中国を叩くことだけを考えているのでしょうが、それではアメリカ経済が持ちません。

大統領選挙のことしか頭にないだろうトランプ大統領とは明らかに考え方が違います。

米中首脳会談では、できる限り中国側に譲歩させ、トランプ大統領の支持基盤である保守系白人層から高い評価を勝ち取りたいところです。

3000億ドル相当の輸入品に対して追加関税をかける件では、25日に公聴会が終了したのですが、予想通り反対意見が目立ちました。

対象となる輸入品にはスマホ、ノートパソコン、玩具、ゲームなど、中国依存の高い製品が多く含まれていますが、こうした製品の製造販売に関わるアメリカ企業は、グローバル化した企業、ハイテク企業が中心です。

こうした企業は民主党を支持する傾向が強く、トランプ大統領が彼らの意見をどこまで聞き入れるのか今一つ不安が残ります。

ただ、これまでと比べると、景気に与える影響はずっと大きいと予想され、景気、株価への影響を考えると、無茶はできないはずです。

この問題に関しては、NYダウ指数も、香港ハンセン指数も、上海総合指数も同じように反応しています。

トランプ大統領がNYダウの動きに神経質になっていることが、香港市場においても好材料となっています。

注目の米中首脳会談は29日(土)に開かれる見通しです。

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

25日の上海総合指数は0.87%安、様子見の展開!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

25日(火)の上海総合指数は安寄り後、前場は売りに押される展開となったのですが、後場に入ると切り返しています。

終値は0.87%安、2982.07ポイントで引けています。

セクター別では、金(ゴールド)関連、開発区関連、石油開発サービス、証券などが買われています。

一方、新材料、石油、通信サービス、自動車、製紙、鉄鋼、銀行などが売られています。

20190625A.png

25日(火)の創業板指数は1.06%安となりました。

20190625B.png

25日(火)の上海50指数は1.34%安となりました。

3指数の中では下げ率が最も大きくなっていますが、20日(木)に付けた大きな陽線の範囲内での値動きとなっており、上昇モーメントを維持しています。

20190625C.png

ワシントンポストは24日(月)、「米裁判所が中国の大手銀3行に対し、対北朝鮮制裁違反調査に絡む召喚状に従わなかったとして侮辱罪の判決を下したことを受け、3行が米金融システムから遮断される可能性が浮上した」と報じています(25日(火)、ロイターより)。

この3行とは中国交通銀行(601328)、中国招商銀行(600036)、上海浦東発展銀行(600000)を指すのですが、いずれも前場の段階で大きく値を崩したのですが、後場からはやや持ち直しており、大引けでは順に3.02%安、4.82%安、3.08%安となりました。

銀行セクターではこの3行が株価下落率ワースト3となっており、銀行セクター全体の下げを誘発したとはいえそうです。

ただ、この問題が3行の経営を脅かすことになったり、そのことで銀行システム全体に影響が出るとか、米中の経済貿易関係に決定的な悪影響をもたらすことになるかと言えば、その可能性は極めて低いとみています。

中国の金融システムには国際業務に関して強い規制があり、3行を含め国際業務のウエイトが先進国の銀行などと比べると小さいからです。

華為技術とは、収益構造の点で、決定的な違いがあります。

少なくとも、本土の投資家はそのように考えているからこそ、市場全体が崩れることはなかったと言えるでしょう。

ちなみに、下げの最も厳しかった招商銀行は25日、「中国の法律、関連する国連決議、制裁に一貫して従っており、いかなる制裁違反に関する調査も受けていない」と表明しています。

上海総合指数の日足チャートをみる限り、下髭のある陰線を付けており、終値は、長い陽線を付けた20日(木)の終値近辺に留まっています。

28日(金)、29日(土)に大阪で開かれるG20期間中に行われる見通しである米中首脳会談が週末に迫っていることから、様子見姿勢の投資家も多く、売買代金は20日(木)、21日(金)と比べると、少なくなっています。

投資家が注目しているのはあくまで米中貿易戦争の行方を握る米中首脳会議です。

合意への道筋が見えなくとも、決裂が回避され、3000億ドル相当の輸入品に関する追加関税措置の実施が先送りされるだけでも、市場は好感するとみています。

自国経済への影響の大きな3000億ドルの制裁措置の実施は難しく、足元を見ている中国がアメリカに強気に出すぎてしまうことが、決裂のリスクだと考えています。

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

19日のハンセン指数は2.56%高、米中首脳会談開催を好感!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

19日(水)の香港ハンセン指数は大幅に高く寄り付いた後、売り買いが交錯する展開となりました。

終値は2.56%高の28202.14ポイントでした。

200日移動平均線を大きく上に抜けています。

20190619A.png

19日(水)の中国企業指数は2.45%高となりました。

こちらは200日移動平均線あたりまで戻しています。

20190619B.png

参考として、2018年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20190619C.png

この日の香港ハンセン指数は寄り付き前から大きな買い材料がありました。

トランプ大統領は18日、習近平国家主席と電話会談を行いました。

大阪で開かれるG20首脳会議期間中の会談を習近平国家主席に申し入れ、習近平国家主席もこれに応じると答えました。

トランプ大統領は、「アメリカは米中経済合作を重視しており、双方の代表団が意思疎通を図り、できるだけ早く意見の対立を解く方法を探し出せるよう希望する。米中協議が合意に達することを全世界が希望していると確信している」などと伝えています。

一方、習近平国家主席は、「経済貿易問題に於いては、双方が平等な対話を通じて問題を解決すべきである。カギとなるのはお互いの正当な関心事項を尊重し合うということである。我々は、アメリカが中国企業を公平に扱うことを希望する」などと強調しています。

お互いが率直に意見を述べたうえで会談の実施を決めていることから、一転して米中協議が合意に達する可能性が見えてきました。

トランプ大統領が米中合意に向けて積極的な態度を示し始めた背景には、追加関税措置第四弾に対して多くの企業から強い反対意見が出ているということが挙げられます。

残りの3000億ドル相当の輸入品に対する追加関税措置の実施は、規模の上では、これまでの2500億ドルを超えています。

また、スマホやタブレットをはじめ、より個人消費に密接な製品が中心となります。

アメリカ経済の成長エンジンは個人消費であることから、経済全体に与える影響は非常に大きなものとなりそうです。

一方、グローバル企業、ハイテク企業が悪影響を受けることになるのですが、こうした企業はほとんどが民主党を支持しています。

今後、彼らをトランプ支持に転換させることは難しい上に、現在の支持基盤である中西部の白人中間層は、中国の台頭により自分たちの職が奪われたと考える者が多く、"中国たたき"は彼らの士気を高めることになります。

最悪のシナリオは、米中経済貿易協議がまとまらず、貿易戦争が激化、景気が悪化する一方で、それを支えるために強烈な金融緩和を行うことで、株価はバブルを形成、上昇するといったものです。

一方、最善のシナリオは、米中協議で中国から譲歩を引き出し、それを成果として白人中間層からの支持を高めた上で、米中貿易戦争を終結させることで景気減速に歯止めをかけるというものです。

どちらのシナリオに近い形となるのかは、すべて今回の米中首脳会談の成果にかかっています。

世界の株式市場は、これから今年最大の山場を迎えようとしています。

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

17日の上海総合指数は0.20%高、様子見状態が続く!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

17日(月)の上海総合指数は僅かに安寄り後、上昇に転じたのですが、商いは膨らみません。

上値を抑えられるとその後は狭いレンジでの揉み合いとなりました。

セクター別では、中薬(中国の伝統的な薬品)、農業サービス、通信サービス、観光地・ホテル、銀行、証券といったところが買われました。

一方、養殖業、石油開発、包装印刷、国防軍事、電子部品、半導体・部品などが売られました。

20190617A.png

17日(月)の創業板指数は0.80%安となりました。

11日(火)に4%近く上昇したのですが、その後の動きはさえません。

25日移動平均線に上値を抑えられるような形で下落、かろうじて200日移動平均線あたりで下げ止まったといった感じです。

20190617B.png

17日(月)の上海50指数は0.29%高となりました。

11日(火)の急上昇後は上値の重い動きとなっています。

20190617C.png

上海総合指数は11日(火)、2.58%上昇しました。

共産党中央弁公室、国務院弁公室が「地方政府特別債券発行及びプロジェクトのための融資業務をしっかりと行うための通知」を発表したことで、市場ではインフラ投資が加速するのではないかといった期待が高まりました。

しかし、政策発動で買われたものの、実際にどの程度の効果があるのか読み切れません。

その後、畳みかけるように政策が出ることはありませんでした。

さらに、G20首脳会談が62829日の日程で、大阪で開催される予定ですが、17日の時点でも、米中首脳会談の実施が確定しません。

投資家がリスクを取って買い出動できるような状況ではありません。

また、足元の景気は予想以上に悪いことが確認されました。

14日に発表された5月の経済統計などを簡単にまとめると以下の通りです。

鉱工業生産:5.0%増、前月と比べ▲0.4ポイント悪化

固定資産投資(累計):5.6%増、前月(累計)と比べ▲0.5ポイント悪化

小売売上高:8.6%増、前月と比べ1.4ポイント改善

輸出:1.1%増、 〃 3.8ポイント改善

輸入:▲8.5%減、 〃 ▲12.5ポイント悪化

消費者物価指数:2.7%上昇、0.2ポイント改善

工業品出荷価格指数:0.6%上昇、▲0.3ポイント悪化

消費は堅調ですが、それには理由があります。

今年のメーデー休暇は1日(水)~4日(土)までの4日間でしたが、昨年は430日(月)、1日(火)の2日間だけでした。休日を増やしたことによる消費活性化効果が出たと言えるでしょう。

消費を除けば、厳しい結果ですが、特に固定資産投資が激しく落ち込んでいます。

内容を少し細かくみると、インフラ投資(累計、以下同様)は▲0.4ポイント悪化し4%増に留まっています。

不動産投資は▲0.7ポイント悪化し11.2%増であり、製造業の投資は0.2ポイント改善していますが2.7%増に過ぎません。

改めて積極財政政策、インフラ投資拡大策は効果を表していないことが明らかとなりました。

金融政策についても、セイフティネットの拡充に役立っている程度しか効いていないようです。

こうした状況では、投資家は景気の先行きに自信が持てません。

当局がもう少し強い景気対策を打ちないと、投資家はリスクを取りにくい状況です。

まずは、大阪で開かれるG20首脳会談に、習近平国家主席が予定通り参加するかどうか、参加したとすれば、米中首脳会談が行われるかどうか、その中身はどうなるのか。

決裂した場合、アメリカが本当に追加関税措置を実施するのか、中国はどういった報復を行うのか。

アメリカ、中国はどのような景気対策を行うのか・・・。

相場は今後、めまぐるしく変化しそうで、現在は嵐の前の静けさといったところでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示