たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

5日のハンセン指数は2.08%高、大幅なリバウンド!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

5日(木)の香港ハンセン指数は高寄り後、大きく上昇、終値は2.08%高の26767.87ポイントで引けました。

日足チャートは大きな陽線を付けました。

20200305A.png

5日(木)の中国企業指数は1.96%高となりました。

20200305B.png

参考として、2019年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20200305C.png

グローバル機関投資家のリスク許容度の高まりが、5日(木)のハンセン指数の戻りに繋がりました。

アメリカ大統領選民主党候補選びについて、3日のスーパーチューズデーではバイデン氏が獲得代議員数を大きく伸ばし、サンダース氏を上回りました。

事前の予想ではサンダース氏がもっと強いとみられていました。

サンダース氏が大統領になるようなことになれば、社会保障の充実、ITやエネルギー産業に対する規制の強化、富裕層への増税が行われかねません。

株式市場はそのサンダース氏の優位が覆ったことを好感しました。

また、3日の緊急利下げは景気後退懸念を和らげています。

NYダウ指数の動きをみる限りではボラティリティが大きすぎて、それぞれの材料とその動きがちぐはぐな感じとなっていますが、投資家心理に限定して考えれば、これら2つの要因は投資家のリスクテイクを高める働きをするはずです。

中国要因としては、3日に開催された国務院常務会議の結果が5日(木)朝、マスコミを通じて大きく取り上げられ、これが好材料となりました。

会議では、地方政府の財政支援を強化する方針が示されました。これによってインフラ投資が進むといった期待が広がりました。

さらに、中国共産党政治局常務委員会が4日開かれ、新型ウイルス肺炎の感染を予防・コントロールし、経済社会の安定を図るための新たな方針が示されました。

生産再開と需要拡大を上手く組み合わせるとしており、インフラ投資の拡大、中でも、5Gネットワーク、データセンターなど新型インフラ投資の建設を拡大させることが強調されました。

香港市場の主要投資家は、欧米機関投資家であり、個人投資家主体の本土市場と比べ、どうしてもファンダメンタルズへの感度が高くなります。

そうした点で、足元の景気減速や、新型ウイルス肺炎に対する厳しい措置の景気への影響が株価の回復を遅らせています。

また、NYダウとの連動性が高いことも不透明性を高める要因となっています。

諸悪の根源である新型ウイルス肺炎は、中国本土に限れば感染拡大は抑えられています。

このまま、3月下旬、あるいは4月中にも流行縮小のメドが立ち始めれば、株価の戻りはより鮮明になると見ています。

テクニカルにみれば、ハンセン指数には底打ち感が強まっています。

下値は堅いとみています。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
川口一晃の仮想通貨テクニカル分析

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示