たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

10日の上海総合指数は0.51%高、中小型株に資金が集中!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

10日(月)の上海総合指数は安寄り後、中小型株を中心に積極的な買いが入り、上昇しました。

終値は0.51%高の2890.49ポイントで引けました。

セクター別では農業サービス、建材、自動車・部品、非鉄金属、小売、石油開発、白物家電などが買われました。一方、医薬・バイオ関連が売られました。

20200210A.png

10日(月)の創業板指数は1.31%高となりました。

20200210B.png

10日(月)の上海50指数は0.06%安となりました。

20200210C.png

この1週間の3指数の動きを比較してみると、とても大きな違いがあることがわかります。

大型株の動きを代表する上海50指数の戻りは弱く、200日移動平均線にも届きません。

一方、中小型株の動きを代表する創業板指数は既に6日(木)の段階で昨年来高値を更新、10日(月)は5日続伸、終値ベースでは2016年12月9日以来の高値を付けています。

要因ははっきりしています。

流動性供給による資金が株式市場に流入、短期のリスクマネーがハイリスクハイリターンの創業板銘柄に集中、急騰しているということです。

中国人民銀行は3日(月)、4日(火)、公開市場操作を通じ、1兆7000億元の資金を供給しました。

先週もお伝えしたように、リバースレポ取引の金利が引き下げられています。

インターバンク市場金利の動きをみると、2月3日(月)の取引再開以降、オーバーナイトから1年に至るまで、低下傾向がはっきりと見て取れます。

中国人民銀行、財政部、銀行保険業監督管理委員会、証券監督管理委員会、外貨管理局は連名で1月31日(金)、"新型コロナウイルス感染肺炎による疾病状況を金融面から予防しコントロールするためのサポートをさらに一歩強化することに関する通知"を発表しました。

これを各機関が忠実に実行した結果、株式市場に資金が流入し、国務院の狙い通り、市場を安定させることに成功しています。

共産党は、今回の新型ウイルス肺炎の蔓延に関して、幾つかの失敗をしています。

現地の医師(眼科の李文亮医師)が昨年末の段階で、微信の朋友圏を通じ、ウイルス肺炎の発生を指摘していたのに、それを"虚偽の情報を流した"として武漢市公安局は1月3日、ほかの7人の医師とともに、訓戒処分にしています。

さらに、李文亮医師が診察を通じて感染したにもかかわらず、"人から人への感染は起きていない"と発表したことで、防げただろう医療関係者への感染を許してしまいました。

ちなみに、李文亮医師は7日、亡くなっています。

武漢市では、春節直前の1月23日になるまで、交通封鎖をしなかったために、大量の感染者を拡散させてしまいました。

若い人を中心に、こうした政府の対応の拙さに強い不満が沸き起こっています。

こうしたことが背景にあるだけに、共産党、国務院は新型ウイルス肺炎の拡大阻止に全力で取り組んでいます。

一方で、経済への影響を考えれば生産停止を続けるのも限界です。

国務院は8日(土)、「疫病情勢を科学的に防ぎ、コントロールし、企業の生産開始を秩序立てて上手くやるための業務を切実に強化することに関する通知」を発表しました。

居住区の出入りを厳しく制限するなど、群衆の隔離を強化し、感染拡大を防ぎ、検査能力の強化、企業内で感染予防を徹底させるといった対策をしっかり行った上で、交通網を通常状態に戻し、従業員の職場復帰を促すことを決めました。

これは、新型ウイルス肺炎の患者数が増加し続ける中での決断です。

仕方がないのでしょうが、今後も、蔓延は収まらず、それが景気の足を引っ張り続ける可能性があります。

もっとも、足元の株価の動きをみてわかる通り、金融当局は金融市場の安定のために流動性の供給を続けています。

不安定な状態となることもあるでしょうが、下がったとしてもすぐに戻ってしまう可能性が高いと思われ、ここは投機としてのチャンスが訪れているとみています。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
川口一晃の仮想通貨テクニカル分析 WFXA特別講演会を特別価格にてご招待

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示