たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ブログランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

19日のハンセン指数は0.30%安、クリスマス休暇を控え出来高減少!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

19日(木)の香港ハンセン指数は僅かに高く寄り付いたのですが、いわゆる寄り付き天井となりました。

ただし、安値は前場の段階で記録しており、前日終値比で0.75%安まで売られたのですが持ち直し、後場からは緩やかに戻しています。

終値は0.30%安の27800.49ポイントで引けています。

20191219A.png

19日(木)の中国企業指数は0.35%安となりました。

20191219B.png

参考として、2019年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20191219C.png

12月に入ってからの香港ハンセン指数は上海総合指数とよく似た動きをしています。

上昇幅自体は違いますが、方向感ではNYダウ指数も同じ動きと言ってよいでしょう。

19日(木)の香港ハンセン指数採用銘柄の売買代金は792億6000万香港ドルで、前営業日と比べ、151億6000万香港ドル減少しています。

13日(金)の1171億1000万香港ドルをピークに減少しています。

11月の相場低迷期には600億香港ドル台を記録しているので、その時ほどではないのですが、それでも減少幅は大きく、相場の活性は落ちています。

香港のクリスマス休暇は25日(水)、26日(木)の二日間ですが、24日(火)は半日立ち合いとなります。

31日(火)は大晦日のため半日立ち合いで、1月1日(水)は正月休暇となります。

香港市場は機関投資家中心の市場であることから、こうした大型休暇が近づくと、どうしても市場の活性は落ちてしまいます。

米中貿易協議に関して第一段階の合意がなされたことで、資金が流入したわけですが、それにより景気の持ち直しの兆候が出てくるなど、具体的な効果が見えてくると、もう少しまとまった資金も入ってくるのでしょう。

本土要因では、16日(月)のブログで示したように、中央経済工作会議が行われ、今年の政策のアウトラインが見えてきました。

安定を重視するといった基調はこれまでと変わりませんが、それでも、これから両会が開催される3月上旬に向けて、政策期待が高まることでしょう。

2020年は5Gサービスが本格化することで、関連セクターの業績は拡大するはずです。

その波及効果もあり、本土では中小型材料株が人気化しています。

こうした熱気は今後、香港株にも伝わると見ています。

ただ、休日の影響で、香港市場はしばらく、落ち着いた動きとなりそうです。

機関投資家が本格的に買ってくる正月明け、あるいは旧正月明けまでの期間は、個人投資家にとっては、利益確定売りの出たハイテク株などをじっくり買えるチャンスだと思います。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示