たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

31日のハンセン指数は0.90%高、横ばい圏の値動きが続く!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

31日(木)の香港ハンセン指数は高寄り後、前場は買い優勢の展開となりましたが、後場に入ると上値の重い展開となり、終値は0.90%高の26906.72ポイントで引けました。

20191031A.png

31日(木)の中国企業指数は0.52%高となりました。

20191031B.png

参考として、2019年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20191031C.png

香港ハンセン指数は、10月10日(木)をボトムに上昇に転じたものの17日(木)以降、横ばい圏での動きが続いています。

上昇に転じた理由は、10日(木)、11日(金)の2日間に渡って行われた米中貿易協議において、農業、為替など、一部の協議において合意が形成されたことが材料視されたからですが、首脳によるサインは持ち越されています。

アメリカも、中国も、それぞれ国内要因を考えると、早く合意に漕ぎつけたいところでしょうが、妥協はできません。

中国による農産物購入が合意に至るための大きな焦点となっているのですが、この点について、米中で意見の食い違いが出ています。

11月16、17日にチリで開かれる予定であったAPEC会議を利用して、両国首脳が会談、前回の協議で一部合意した内容について、正式にサインするといった筋書きが用意されていました。

しかし、チリのピニェラ大統領は30日(水)、国内問題から、会議の開催を断念すると発表したことで、合意に至る道筋が見えなくなってしまいました。

憶測ではいろいろな話があるようですが、現段階ではどうなるのかわかりません。

そうした不透明さが株価の上昇を阻んでいます。

一方、グローバルの需給面では改善が進んでいます。

FRBは30日(水)、3会合連続となる利下げを行うと発表しました。

事前の予想通りであり、相変わらずトランプ大統領は利下げの程度が足りないと不満をぶちまけてはいますが、市場は好意的な反応を示しています。

ただ、パウエル議長は、あくまでも予防的な金融緩和としています。

「金融政策は程よい位置にある」と述べていて、今後も利下げが続くかどうかわかりません。

この点でも見通しがはっきりしなくなっています。

本土要因では、28日(月)~31日(木)に四中全会が開かれ、本土大引け後に内容に関する公報が発表されました。

31日(木)20時過ぎの段階では、本土のマスコミは大きな反応を示していません。

残念ながら、公報だけをみても、特徴的な部分を見出せません。

本土の有識者、市場関係者がこれをどのように受け取るかがすべてです。

香港市場への影響は本土市場を通じて伝播するので、1日(金)の寄り付き前の本土マスコミの情報、寄り付きの上海総合指数に注目です。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
若林栄四「市場からのメッセージ 2019/12」を特別価格にてご招待 トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示