たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

3日のハンセン指数は0.26%高、値固め続く!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

3日(木)の香港ハンセン指数は安寄り後、商い閑散の中、弱い動きが続いたのですが、後場の後半になって、まとまった買いが入ると前日比プラスに戻し、そのままプラスを保ったまま引けました。

終値は0.26%高の26110.31ポイントでした。

20191003A.png

3日(木)の中国企業指数は0.37%高となりました。

20191003B.png

参考として、2019年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20191003C.png

この日の香港ハンセン指数の動きをみると、現地時間3時半から4時にかけて、1ポイントほど上昇しています。

ただ、1日の出来高は最近では少ない方ですし、その時点での瞬間的な出来高も大したことはありません。

何か大きな材料があったら資金流入が続くのでしょうが、そうではなく、その後は少し下げています。

下値が堅そうなので買いに入ったファンドがあった程度の話ではないかと思います。

もっともここ数日、4指数の比較からいえば、NYダウ指数が直近2日間で838ドルも下げているのに対して、香港ハンセン指数は僅かに50香港ドル(10月3日現在、1香港ドル=0.128米ドル)ほどしか下げていません。

香港ハンセン指数は9月26日(木)に下げ止まると、その後4営業日、下値の堅い値動きが続いています。

先週のブログでも書きましたが、アメリカの株価が下落すれば、トランプ大統領は米中貿易協議で強く出るわけにはいきません。

景気減速懸念が強まっており、これ以上、米中貿易戦争を激化させて景気の下押し圧力を強めることはできません。

アメリカ経済は他国と比べ、消費のウエイトが高い構造にあります。

消費は依然として堅調なので、景気減速についてそれほど心配する必要はないのではないかといった意見もあります。

しかし、消費は所得による影響が強いのですが、消費の動きは漸進的であり、全体の景気の動きから見ると遅行する性質があります。

そうしたことから足元の非製造業PMIのデータが安定しているからと言って安心することはできません。

株式市場に大きな下落圧力がかかる中で、トランプ政権は金融緩和をしっかり進め、米中貿易戦争を緩和させるような政策を打ち出さざるを得ないでしょう。

また、アメリカが資本市場から中国企業を締め出すようなことをすれば、アメリカ企業は中国市場を失うことになるでしょう。

トランプ大統領は金融業界を敵に回すような政策についても一旦引っ込めざるを得ないでしょう。

中国では、10月1日(火)から7日(月)にかけて国慶節休場となり、政府の経済運営活動は基本的に停止した状態となっていて、今週は、本土からの新しい材料は期待薄です。

一方で、70周年記念の軍事パレードなどの式典は無事終了しました。

今のところ、香港デモは解消されているわけではありませんが、とりあえず、国慶節イベントは通過しており、市場ではひとまず安心感が広がっています。

依然として、トランプ大統領の"ひとり相撲"といった状況が続いていますが、足元では香港市場に不利な状況が少しずつ緩和されているといった感じです。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示