たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

28日の上海総合指数は0.85%高、小型材料株がけん引!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

28日(月)の上海総合指数は高寄り後、小型材料株を中心に商いが活発となり、上昇しました。

終値は0.85%高の2980.05ポイントで引けています。

この日の終値は、200日、75日、25日、5日移動平均線をいずれも上回っています。

テクニカルには上昇が期待できそうな感じとなってきました。

セクター別ではデジタル通貨、ブロックチェーン、ソフトウエア関連などの材料株が大きく買われています。

そのほか、通信、半導体・部品、物流、新材料、証券、国防軍事なども買われています。

一方、銀行、養殖業などが軟調な値動きとなりました。

20191028A.png

28日(月)の創業板指数は1.74%高となりました。

20191028B.png

28日(月)の上海50指数は0.48%高となりました。

3指数の中では、上昇率がもっとも低くなっています。

20191028C.png

この日、市場が最も注目したのはブロックチェーン関連です。

中央政治局は24日(木)午後、ブロックチェーン技術発展の現状とその趨勢をテーマとした勉強会を開催しました。

この情報は直ぐには発表されず、この日の寄り付き前に市場関係者が知るところとなりました。

習近平国家主席は、「ブロックチェーン技術の集積、応用は、新たな技術革新や産業変革の中で重要な作用を及ぼす。我々はブロックチェーンをコア技術として自主創新の重要な突破口とする。はっきりと集中的に攻める方向を定め、投入の程度を大きくし、鍵となるコア技術の獲得に注力し、ブロックチェーン技術と産業の創新発展推進を加速する」などと強調しています。

同花順ではブロックチェーン関連として173銘柄をピックアップしていますが、この内、118銘柄がストップ高となっています。

国家主導で新たな産業を開拓し、発展させていこうとする姿勢は米中貿易戦争が激化する中でも全く変わりません。

アメリカは華為技術、曙光信息産業(603019)、科大訊飛(002230)、浙江大華技術(002236)、杭州海康威視数字技術(002415)といった通信、AIなど、グローバルでも科学技術開発の最前線を走るような企業について、安全保障や外交上の利益に反する活動を行っている団体を列挙する「エンティティー・リスト(EL)」に指定していますが、それに対して中国は国家が科学技術開発を支援するといった体制を強化し、対抗しています。

こうした戦略が米中貿易戦争の新たな火種にならなければよいのですが、本土投資家は手放しで喜んでいるといった状況です。

また、28日(月)から31日(木)までの期間、4中全会が行われる予定ですが、この点に関して相場への影響を指摘する本土マスコミは少ないようです。

当局は、不確かな情報で投資家に買いを推奨するようなことを厳しく禁じています。

内容が共産党による重要会議であるだけに、その扱いは慎重にならざるを得ません。

だから、マスコミは4中全会と株価との関係に触れたがらないのだと思います。

実体としては、この4中全会を通じて、買い材料になるような政策情報が出てくるだろうと期待して買いに入る投資家は多いとみています。

それがこの日の相場にも表れていて、大型株よりも小型材料株が大きく買われる相場に繋がっています。

政策情報の発表とともに、ハイテク株を中心にひと相場ありそうな気配です。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
若林栄四「市場からのメッセージ 2019/12」を特別価格にてご招待 トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示