たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

23日の上海総合指数は0.98%安、米中貿易協議の難航が悪材料!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

23日(月)の上海総合指数は僅かに安寄りした後、売りに押される展開となりました。大引けにかけて少し戻しましたが、終値は0.98%安の2977.08ポイントで引けています。

半導体・部品、電子部品、自動車部品などが買われた一方、新材料、農産物加工、名所旧跡・旅行、環境エンジニアリング、物流などが売られました。

20190923A.png

23日(月)の創業板指数は1.22%安となりました。

20190923B.png

23日(月)の上海50指数は1.10%安となりました。

20190923C.png

先週16日(月)のブログで、本土市場は国慶節前には安定した相場になるのではないかと書きました。

しかし、17日(火)の本土市場はやや下げがきつくなりました。

この点については、同日に期限到来したMLFについて、期待された金利の低下がなかったこと、ロールオーバーされた分が期日の到来した分よりも少なかったことなどから、金融緩和期待がそがれたことが要因とみられます。

しかし、その後は、戻り歩調となりました。

23日(月)にはFTSEの国際指数におけるA株組み入れ比率が拡大されました。

また、同日、S&Pの国際指数に新たにA株が組み入れられました。

これらの国際指数をベンチマークとするETFやパッシブ運用を行うファンドなどにおけるA株需要が、先週後半の段階で高まったことが週後半の上昇要因の一つとみられます。

また、20日(金)、先月から新しい仕組みで運用されることになったLPR(Loan Prime Rate)ですが、期間5年は4.85%で据え置きでしたが、期間1年は0.05ポイント引き下げられて4.2%となりました。

これは、最優遇貸出レートに当たるもので、銀行に対する貸出金利の標準となる金利です。

僅かですが、中国人民銀行は利下げを行ったということで、これもA株市場にとっては好材料となりました。

こうした要因で20日(金)の上海総合指数は3連騰となったのですが、23日(月)は、本土に関しては特別な材料は見当たらず、そのことが利益確定売りを呼びました。

23日(月)には国際指数への組み入れが始まったので、それによる需要増がなくなったことは悪材料と言えるかもしれません。

19日(木)から20日(金)にかけてワシントンで行われた米中貿易協議については、厳しい議論の応酬となったようです。トランプ大統領は中国の農作物の輸入拡大について、満足しておらず、そうしたことが背景で、中国代表団による農家への視察が直前で中止となっています。

これまでと同様、トランプ劇場に振り回されている感があり、上海総合指数は4営業日ぶりの下落となりました。

ただ、トランプ大統領がこの先できることは限られています。

米中貿易戦争がアメリカ経済に与える影響は大きくなっており、これ以上、制裁関税の引き上げといった形での対中強硬策は難しくなっています。

10月1日(火)から7日(月)は国慶節休場となります。

70周年の軍事パレードを控え、経済、社会の安定が求められる中、本土機関投資家からのまとまった売りは出にくいところです。

海外要因で海外機関投資家が売りに回ったとしても、特殊要因から、下値は限られると予想しています。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示