たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

11日のハンセン指数は1.78%高、香港政府の不動産政策を好感!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

11日(水)の香港ハンセン指数は僅かに高寄り後、資金が流入、高値引けとなりました。

終値は1.78%高の27159.06ポイントを付けています。

ここ3営業日ほど、高値圏での横ばいが続いていましたが、この日は大きく上昇しています。

20190911A.png

11日(水)の中国企業指数は1.55%高となりました。

20190911B.png

参考として、2019年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20190911C.png

11日(水)の香港ハンセン指数の値動きを細かくみると、僅かに高寄り後横ばい圏での動きが続いたのですが、12時過ぎから約30分の間に1%強上昇しています。

その後は、高値圏での横ばいとなっているので、お昼に何か材料が出て株価が動いたことがわかります。

香港メディアによると、この時間帯に、香港政府は農地を回収し、公共住宅を建てる計画があるといった話が市場で流れたようです。

この日は、不動産、銀行株の上昇率が高いので、やはりこの話が材料視されたということで間違いないでしょう。

4日(水)午後、香港政府が「逃亡犯条例」の撤回を表明したとの報道をきっかけに、この日の香港ハンセン指数は3.90%上昇しています。

その後、戻り売りが出ることなく、高値圏で推移したのですが、現地メディアによれば、デモは鎮静化しているようで、そのことが投資家に安心感を与えていると言えそうです。

中国の景気は相変わらず減速懸念が強まっています。

10日(火)に発表された8月の卸売物価指数は▲0.8%下落しています。

前月と比べて▲0.5ポイント低くなっていて、3か月連続して下落が続いています。

川上製品での価格下落は今後の生産停滞を示唆しています。

ただ、危機感を持った中国国務院は預金準備率の引き下げを発表しており、9月16日(月)以降、数か月の間に9000億元程度の資金が供給される見込みです。

前回のブログで紹介した通り、当局は構造改革中心の政策から、足元の景気にも十分配慮するといった政策スタンスに方針を変更したことで、投資家の景気見通しが改善、本土、香港ともに株式市場に資金が流入するといった状況になっています。

香港ハンセン指数のチャートをテクニカルにみると、200日移動平均線のある27650ポイントあたりまで、あるいは28000ポイントの節目あたりまでは、比較的少ない資金量で到達できそうです。

政策期待や米中貿易摩擦の緩和期待などから今週は、上がり易い状態が続きそうです。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示