たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

8日の上海総合指数は2.58%安、上値の重さから売られる!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

8日(月)の上海総合指数は安寄り後、売りに押される展開となりました。ただ、後場に入ると売りは止まり、狭いレンジでの揉み合いとなりました。

終値は2.58%安、2933.36ポイントで引けています。

セクター別では、養鶏、豚肉、トウモロコシ生産など一部の農業関連が買われました。一方、通信設備、通信、自動車、PC、非鉄金属、電気設備、新材料などが売られました。

20190708A.png

8日(月)の創業板指数は2.65%安となりました。

20190708B.png

8日(月)の上海50指数は2.17%安となりました。

3指数の中では最も低い下落率となっていますが、日足チャートでみても、3指数の中では相対的に強い動きとなっています。

20190708C.png

上海総合指数は71日(月)、週末に行われた米中首脳会談がポジティブサプライズとなったことから大きく上昇したのですがその後、上値を追う投資家は多くはありませんでした。

3000億ドル相当の中国からの輸入品に対する追加関税がかけられないことになったとはいえ、5月には、2000億ドル相当の中国からの輸入品に対する追加関税率が10%から25%に引き上げられています。

中国側も600億ドル相当の輸入品に対して61日より、510%の追加関税率を525%に引き上げています。

華為技術に対するアメリカ製品の禁輸が解かれることになったのですが、現状では一部が解かれたに過ぎません。

つまり、トランプ大統領は5月に対中制裁を強化したのですが、米中首脳会議を通じて、その強化された部分がすべて元に戻ったわけではないのです。

上海総合指数は先週、上値が重かったのですが、冷静に考えてみれば、当然と言えなくもありません。

先週末のNYダウ指数は0.2%ほど下げています。

非農業部門雇用者数の増加は224000人に達し、市場予想である16万人を上回りました。

雇用情勢の良さはアメリカ経済の堅調さを示しています。

これではFOMCは利下げを行う理由に窮してしまいます。

下げ幅は小さいのですが、その背後には市場に対して影響の大きい話が潜んでいました。

グローバル投資家のリスク許容度がやや小さくなったことで、A株市場から資金が流出することになりました。

滬港通、深港通を通した海外からの資金移動は333000万元の流出となり、流出額は523日以来の規模となりました。

8日における上海市場の売買代金は2056億元であり、深センとの合計では、4682億元に達しています。

海外投資家の資金流出規模と比べれば、非常に大きな額ではあります。

とはいえ、海外投資家の投資マインドに国内機関投資家のマインドは影響を受けやすいことを考え合わせれば、その影響は大きかったと言えそうです。

上値が重い以上、ちょっとした悪材料によって、市場は結構大きな調整を受けたといった感じもします。

投資家は足元の中国経済の動きに注目しています。

15日(月)には4-6月期の実質経済成長率が発表される予定で、エコノミストたちの予想をみると、1-3月期よりも12ポイント低い6.3%、6.2%あたりに集中しています。

景気減速が予想よりも大きければ、もちろんそれは売り材料となるのですが、それに対して政府がどのように対応するかが重要なポイントとなるでしょう。

直近の政策スタンスを予想する上で、幹部の発言は重要なヒントとなるのですが、李克強首相は72日(火)、大連で開催された2019年夏季ダボス会議開幕式で講演を行っています。

その内容をみると、アメリカに対しては改革開放を積極的に進めるとアピールする一方で、国内経済運営方針は、短期的な景気対策よりも、長期的な経済発展の質を高めることを重視しています。

これまでと同様、ある程度の景気減速を許容しても、バブルの発生、拡大を厳しく抑制しようとしているようにも読み取れます。

政府政策に対する過度の期待は禁物だと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示