たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

18日のハンセン指数は0.46%安、上値の重い展開!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

18日(木)の香港ハンセン指数は安寄り後、終日狭いレンジでの値動きとなりました。

終値は0.46%安の28461.660ポイントで引けました。

20190718A.png

18日(木)の中国企業指数は0.58%安となりました。

日足は200日移動平均線を割り込みつつあります。

20190718B.png

参考として、2019年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20190718C.png

NYダウ指数は16日(火)、場中ベースで過去最高値を記録したのですが、17日(水)は0.42%ほど下げています。

今月中に利下げがあるとの見通しから7月に入ってからの株価は大きく上げているのですが、4-6月期の決算発表を控え業績悪化懸念が意識されつつあります。

それに加え、米中貿易戦争の長期化懸念が強まっています。

そのことが、この日のハンセン指数の下げにも繋がったとみられます。

トランプ大統領は16日(火)、「アメリカは、中国との貿易協議を妥結するにはまだ長い道のりが必要である。もし必要ならば、アメリカは3250億ドルの中国からの輸入品に追加関税を課すだろう」と述べています。

これに対して中国商務部は17日(水)、定例の記者会見を開き、「アメリカが妥結までにまだ時間がかかるとみているのであれば、中国はそのように対応しましょう。もし、アメリカが新たに追加関税措置を課すのであれば、間違いなく双方の協議に支障をきたし、その結果、協議の妥結には更に長い道のりが必要となるでしょう」と答えています。

中国側は一歩も引かない構えであり、また、妥結を急ぐつもりもないと明言しています。

日本のメディアは中国経済の減速が貿易戦争の結果であり、早急に対策が必要との見方が強いようですが、中国メディアではそうした見方は少数派です。

経済規模が大きくなっていること、経済構造変化が起きており、構造的に成長率が低くなっていることから、現在の景気減速を適正な水準とみています。

当局は、景気を下支えし、減速をゆっくりとさせる政策は打ち出すでしょうが、バブルを作り出しても景気刺激策を打ち出すような考えは全くないでしょう。

李克強首相は17日(水)、国務院常務会議を召集し、インターネット・プラットフォーム経済の健全な発展を支援する措置を決定しました。

これは新規産業の発展を促進するための長期発展戦略の一環です。

15日(月)に発表された4-6月期、6月の経済統計を受けての政策は景気刺激策ではありません。

アメリカ市場と中国本土、香港市場との勢いの違いは両国の経済政策の違いにあると考えています。

米中貿易戦争が長期化しそうな分だけ、香港市場は上値の重い展開となりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示