たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

25日の上海総合指数は0.87%安、様子見の展開!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

25日(火)の上海総合指数は安寄り後、前場は売りに押される展開となったのですが、後場に入ると切り返しています。

終値は0.87%安、2982.07ポイントで引けています。

セクター別では、金(ゴールド)関連、開発区関連、石油開発サービス、証券などが買われています。

一方、新材料、石油、通信サービス、自動車、製紙、鉄鋼、銀行などが売られています。

20190625A.png

25日(火)の創業板指数は1.06%安となりました。

20190625B.png

25日(火)の上海50指数は1.34%安となりました。

3指数の中では下げ率が最も大きくなっていますが、20日(木)に付けた大きな陽線の範囲内での値動きとなっており、上昇モーメントを維持しています。

20190625C.png

ワシントンポストは24日(月)、「米裁判所が中国の大手銀3行に対し、対北朝鮮制裁違反調査に絡む召喚状に従わなかったとして侮辱罪の判決を下したことを受け、3行が米金融システムから遮断される可能性が浮上した」と報じています(25日(火)、ロイターより)。

この3行とは中国交通銀行(601328)、中国招商銀行(600036)、上海浦東発展銀行(600000)を指すのですが、いずれも前場の段階で大きく値を崩したのですが、後場からはやや持ち直しており、大引けでは順に3.02%安、4.82%安、3.08%安となりました。

銀行セクターではこの3行が株価下落率ワースト3となっており、銀行セクター全体の下げを誘発したとはいえそうです。

ただ、この問題が3行の経営を脅かすことになったり、そのことで銀行システム全体に影響が出るとか、米中の経済貿易関係に決定的な悪影響をもたらすことになるかと言えば、その可能性は極めて低いとみています。

中国の金融システムには国際業務に関して強い規制があり、3行を含め国際業務のウエイトが先進国の銀行などと比べると小さいからです。

華為技術とは、収益構造の点で、決定的な違いがあります。

少なくとも、本土の投資家はそのように考えているからこそ、市場全体が崩れることはなかったと言えるでしょう。

ちなみに、下げの最も厳しかった招商銀行は25日、「中国の法律、関連する国連決議、制裁に一貫して従っており、いかなる制裁違反に関する調査も受けていない」と表明しています。

上海総合指数の日足チャートをみる限り、下髭のある陰線を付けており、終値は、長い陽線を付けた20日(木)の終値近辺に留まっています。

28日(金)、29日(土)に大阪で開かれるG20期間中に行われる見通しである米中首脳会談が週末に迫っていることから、様子見姿勢の投資家も多く、売買代金は20日(木)、21日(金)と比べると、少なくなっています。

投資家が注目しているのはあくまで米中貿易戦争の行方を握る米中首脳会議です。

合意への道筋が見えなくとも、決裂が回避され、3000億ドル相当の輸入品に関する追加関税措置の実施が先送りされるだけでも、市場は好感するとみています。

自国経済への影響の大きな3000億ドルの制裁措置の実施は難しく、足元を見ている中国がアメリカに強気に出すぎてしまうことが、決裂のリスクだと考えています。

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示