たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

13日のハンセン指数は0.05%安、様子見続く!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

13日(木)の香港ハンセン指数は安寄り後急落したのですが、売り一巡後は徐々に買い戻される展開となりました。

終値は0.05%安の27294.71ポイントでした。

20190613A.png

13日(木)の中国企業指数は0.21%安となりました。

20190613B.png

参考として、2018年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20190613C.png

この日はアリババの香港市場への重複上場が大きな注目材料となりました。

共同主幹事には中国国際金融とクレディ・スイスが選ばれており、資金調達額は最大200億米ドル(21700億円、1ドル=108.5円で計算)に達すると複数のメディアが報じています。

これは20107月に上場した農業銀行の220億ドルに次ぐ規模です。

一般に大型上場による市場への影響は、正反対の2つの考え方があります。

一つは需給悪化による株価下落懸念です。

大量の株式供給によって需給が大きく崩れるといった見方です。

多くの投資家は持っている株を売って、公募に参加する可能性があります。

そうすれば、売りが先行することで、株式市場には下げ圧力がかかることになります。

もう一つは外部からの資金流入により相場が活気づくといった期待です。

アリババは香港市場の投資家にとって人気の高い銘柄です。多くの投資家が預金など証券市場の外にある資金を使い、公募に応じることで、資金流入が発生します。

また、短期で売買する投資家が多数参入することで、上場直後のアリババは大商いとなるのは必至です。

そうすれば、資金が回転し、循環物色が起きて、株価が上昇するということになります。

今回、どちらの要素が大きいかは上場時の相場環境などにも大きく影響するでしょう。

しかし、米中貿易戦争が激化する中で、中国企業を応援しようと考える中国系投資家は少なくありません。

知名度が高く、中国を代表する民間企業であるだけに、相場上昇の起爆剤になる可能性があるとみています。

多くの投資家が注目する米中貿易戦争の行方についてですが、依然として不透明な状況が続いています。

6月末に開かれる予定のG20サミットに合わせ、トランプ大統領、習近平国家主席による首脳会談が開かれるかどうかが最大の焦点です。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示