たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

22日の上海総合指数は1.70%安、利益確定売りに押される!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

香港市場は19日(金)、キリスト受難節、22日(月)、イースターマンデーのため、休場となりました。

22日(月)の上海総合指数は僅かに高寄り後、終日利益確定売りに押される展開となりました。

終値は1.70%安の3215.04ポイントで引けています。

セクター別にみると、採掘サービス、農産品加工、園区開発、養殖などの中小型材料株が買われています。

一方、石炭、銀行、空港空運、不動産開発、白物家電、建材、国防軍事など、大型株が売られています。

20190422A.png

22日(月)の創業板指数は1.07%安となりました。

下げてはいますが、ここ1週間は下値の堅い値動きとなっています。

20190422B.png

22日(月)の上海50指数は2.36%安となりました。

場中ベースではこの日の寄り付き直後に、201827日以来の高値を記録したのですが、そこから買い上がるほど相場は強くありません。

一旦、利益確定売りに押される展開となりました。

20190422C.png

上海総合指数は場中ベースでは8日(月)に2018322日以来の高値となる3288.45ポイントを記録しています。

22日(金)の高値は寄り付き直後に記録した3279.49ポイントですから、8日(月)の高値に紙一重といったところです。

高値更新は難しそうなので、上値の重さから一旦売られたといったところです。

この日は直接、市場への影響があったというわけではありませんが、日本がらみの話が投資家の関心を集めました。

日本、中国の金融当局は22日、上海において、初の資本市場フォーラムを開催しました。

日本側は金融庁の遠藤俊英長官、中国側は中国証券監督管理委員会(CSRC)の易会満主席が出席するなど、両国の金融監督管理当局トップが一堂に会する機会となりました。

今回のフォーラムに合わせ、日本取引所グループ、上海証券取引所は、ETFの相互上場について正式に合意しました。

CSRCの方星海副主席は、「日本は長期資金が多いが、中国のように期待収益が比較的高い資本市場への投資が必要である。一方、中国の資本市場は長期資金の導入が求められる。中国は貯蓄が多く、日本のように収益の比較的安定した市場に資金の一部を振り分けて、国産分散投資を図る必要がある。このように、両国の証券市場は協力し合う余地が非常に大きい」などと説明しています。

今後、さらに深く、広範囲に提携が進むと期待されます。

東京市場は欧米機関投資家の売買動向に大きな影響を受ける市場で、彼らのリスク許容度、アセットアロケーションの変化によって、株価の方向性が左右されるといった構造になっています。

一方、本土市場は欧米機関投資家の売買ウエイトは小さく、本土投資家の投資行動の影響が強い市場です。

相互にETFが上場することで、日本市場において欧米機関投資家からの影響が薄められることが期待されます。

現在も、日中足においては上海総合指数とTOPIXとの間には、連動性がある程度見られるものの、今後はそうした傾向が更に高まると考えられます。

今回のフォーラムがきっかけとなり、日本投資家による本土株式投資が活発になるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示