たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

25日のハンセン指数は2.03%安、アジア市場全面安!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

25日(月)の香港ハンセン指数は大幅に安く寄り付いた後、少し戻しはしたのですが、戻りは弱く、結局、日足チャートは上髭のある寄り引き同時線となりました。

終値は2.03%安の28523.35ポイントで引けています。

20190325A.png

25日(月)の中国企業指数は2.48%安となりました。

香港ハンセン指数と同様、大きく売られています。

20190325B.png

参考として、2018年以降の主要4指数の値動きを示しておきます。

20190325C.png

この日のアジア市場は全滅でした。

上海総合指数は1.97%安、日経平均は3.01%安、シンガポールST指数は0.91%安、台湾加権指数は1.50%安、韓国総合指数は1.92%安、オーストラリア全普通株指数は1.11%安と総崩れとなりました。

アジア全域で株式市場から資金が流出しているような状態です。

先週末の欧米市場をみると、NYダウ指数が1.77%安、NASDAQ総合指数が2.50%安、イギリスFT100指数は2.01%安、ドイツDAX指数は1.61%安となりました。

IHSマークイットは22日、3月の製造業PMIを発表しました。

ユーロ圏では前月と比べ1.7ポイント低下、47.7となり、71カ月ぶりの低い水準となりました。

アメリカでも前月と比べ0.5ポイント低い52.5となり、21カ月ぶりの低水準となりました。

1920日のFOMCでは政策金利の据え置きが発表されました。

これは予想通りなのですが、メンバーの利上げ見通しについて、今年はゼロ、来年は1回となりました。

前回よりも利上げ見通し回数が減っていますが、これもある程度、市場は織り込んでいたとみられます。

さらに、量的縮小は5月からペースを落とし、9月には停止する方針となりました。この点が、サプライズとなりました。

その結果、22日(金)には、長期金利が大きく低下、短期金利の水準を下回る逆イールドとなりました。

世界的に景気減速懸念が高まっていて、それが株式市場にとって大きなリスクとなっています。

もっとも、22日(金)のNASDAQ総合指数は下げが厳しいですが、NASDAQ市場全体の出来高は前日よりもわずかですが減少しています。

売りが殺到したわけではありません。

現状ではそれほど心配することはなさそうですが、ただ、25日も大きく下げてしまうと状況は異なります。

ここからまだ下げるようだと、景気減速に対する投資家の懸念は根強く、さらなる金融緩和など、政策対応を催促する下げが続く可能性があります。

香港についても、しばらく調整が続く可能性が高まるだろうと考えています。

25日(月)のアメリカ市場の結果が重要です。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示