たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

31日の上海総合指数は0.35%高、大型株がけん引!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

31日(木)の上海総合指数は高寄り後、買い優勢の展開となったのですが、後場に入ると利益確定売りに押され下落、大引け前に少し戻したことで、終値は0.35%高の2584.57ポイントで引けています。

セクター別では、銀行が買われました。

一方、小売、メディア、ガス・水道、非鉄金属、環境エンジニアリングなどが売られました。

75日移動平均線に沿って下がっているといった状態が続いています。

20190131A.png

31日(木)の創業板指数は0.23%安となりました。

こちらは4日続落です。

14日に記録した年初来安値に近づいています。

20190131B.png

31日(木)の上海50指数は1.78%高となりました。

こちらは創業板指数とは対照的な値動きとなっています。

14日を底値に力強いリバウンドが続いており、200日移動平均線まであとわずかです。

20190131C.png

先週のこのブログで触れた科創板創設に関してですが、23日(水)に方案、意見が承認されたのに続き、30日(水)にはより詳細な規則に関する意見徴収が発表されました。

これによって、早ければ第1四半期の内にシステム上の準備は完了、関連規則が正式に発布されれば、すぐに企業の申請が始まるといったスケジュールが見えてきました。

資本市場の充実は中国経済の強化に繋がります。

現在、足元では米中貿易協議が行われている最中ですが、そこで問題となっているのはハイテク産業の発展に関する国家の関与についてです。

資本市場を充実させることで、ハイテク産業を発展させるという戦略は国際的に受け入れられる形です。

そうした点を理解する機関投資家、特に海外機関投資家が買いを入れているから、大型株の代表指数である上海50指数に強い上昇トレンドが出ているのだと考えています。

逆に、科創板は創業板と競合することになり、創業板指数は年初来安値を試す動きとなっています。

ちなみに、130日(水)の信用取引買い残は7270億元で、12日の7498億元と比べ、228億元減少しています。

国内投資家のリスクテイク姿勢は依然として弱まる一方です。

一方、滬港通、深港通を通して海外からA株市場に流れ込む資金(北向き資金)をみると130日(水)現在、この1か月で合計520億元流入しています。

日本のマスコミは中国経済の下落リスクを声高に伝えていますが、外国人投資家はA株買いを進めています。

そうした資金が大型株中心に流れ込み、本土市場を下支えしていると言えるでしょう。

経済については、今朝寄り付き前の段階で、国家統計局、中国物流購買聯合会が1月の製造業PMIを発表しました。

結果は49.5で先月よりは0.1ポイント改善、市場予想を0.2ポイント上回りました。

新規受注は縮小傾向が続いているのですが、新規輸出受注については縮小傾向が少し改善されています。

在庫をみると、製品在庫では縮小傾向が続いていますが、原材料在庫では縮小傾向が改善されています。

こうしたちょっとした変化はあったのですが、本土市場では、まったくと言っていいほど材料視されませんでした。

そうした内容に関する説明記事は見当たりません。

本土投資家たちは、足元の景気動向には関心が低いと言えるでしょう。

1月は自動車、家電消費に関する促進政策を打ち出す方針が示されています。

政府は景気を下支えする姿勢を強めています。

足元の景気の悪化についてはあまり神経質になる必要はないでしょう。

来週から1週間に渡り、春節休暇が始まります。

明日は大型連休前の最後の取引となります。

投資家は連休中に悪材料が出て連休明けから株価が大きく下がるのを恐れて現金の形で連休を過ごすのか、それとも好材料が出て上がってしまうリスクを感じ、株の形で連休を過ごすのか。

米中協議の状況も伝わることになるでしょう。

21日(金)の取引では、足元の投資家心理がはっきりと現れそうです。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示