たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

24日のハンセン指数は0.40%安、かろうじて底割れせず踏みとどまる!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

24日(月)の香港ハンセン指数はクリスマスイブのため、半日立ち合いでした。相場は安寄り後少し戻すといった展開となりました。

終値は0.40%安の25651.38ポイントで引けました。

この3日間、かろうじて底割れが回避されているといった状態です。

20181224A.png

24日(月)の中国企業指数は0.38%安となりました。

10月に記録した年初来安値近辺で下げ止まっています。

20181224B.png

参考として、今年に入ってからの主要4指数の値動きを示しておきます。この1週間のハンセン指数の動きは、NYダウ、TOPIXが崩れる中で、上海総合指数と同様、かろうじて下げ止まるといった状態が続いています。

20181224C.png

先週のNYダウ指数は6.9%安と大幅に下落しました。21日の終値は22445ドルで2017929日以来の安値を記録しています。

大幅下落の要因は1219日のFOMCの結果に投資家が失望したことだとみています。

利上げを発表、誘導レンジを2.252.50%に引き上げたのですが、そのことは市場予想通りでした。

しかし、FOMC委員の金利見通しを平均すると、2019年は2回程度でした。

前回と比べ1回減ってはいるのですが、市場コンセンサスである1回あるいはゼロと比べるとまだ多く、この差がサプライズとなりました。

さらに、パウエル議長は今後の資産圧縮ペースについて、予定通り月間500億ドルで変更しないと発言しました。

足元では、いまのところ、インフレは高まっていません。

企業業績については、減税効果、インフラ投資拡大政策の反動から、2019年にはピークアウトするのではないかといった見方が増えています。

また、米中貿易摩擦は収束への道筋が現段階では見えてきません。

32日までに米中協議がまとまらないようだと2000億ドル相当の中国からの輸入品に対する追加関税率を10%から25%に引き上げることになり、また残りの部分の2500億ドル以上についても、追加関税をかける可能性があります。

そうなれば、アメリカ経済を支えるグローバル企業に与える影響は小さくありません。

先行き不透明な中での今回のFRBの決定に対して、投資家は失望したということです。

ただし、欧米機関投資家が失望したのはFRBの政策に対してであり、アメリカ市場に悲観的となったのであって、香港市場に対しては、それほど影響はありませんでした。

また、貿易摩擦に関して、中国商務部は19日午後、米中の副部長クラスが話し合ったと発表しています。

20日(木)には、定例会議を通じて、アメリカの追加関税引き上げを32日まで延期したことに歓迎の意を表しています。

米中双方が問題解決に向けて努力していることが、米中貿易摩擦の緩和期待に繋がり、ハンセン指数、上海総合指数の下げは、相対的に緩やかであったとみています。

ハンセン指数も、上海総合指数も米中貿易摩擦が最大の下げ材料となっていますが、この問題を解決できるのは、それを仕掛けたトランプ大統領だけです。

2年後の大統領選再選を目指すトランプ大統領にとって、株価下落、景気減速は容認できないでしょう。

決断の早いトランプ大統領が、一転して、米中貿易摩擦の解消を指示する可能性は十分あるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示