たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

29日のハンセン指数は0.38%高、かろうじて下げ止まる!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

29日(月)のハンセン指数は高寄り後、一旦前営業日比マイナスとなるまで売られたのですが、その後は下げ渋り、終値では0.38%高、24812ポイントで引けています。

ここ1カ月ほどの動きをみると、926日に場中で高値28032ポイントを付けてから厳しい下げ相場となっています。

1022日(月)にリバウンドしたものの、その後は再び売りに押されており、26日(金)の場中で201759日以来となる安値24589ポイントを付けています。

29日(月)はかろうじて崩れなかったといった状況です。

20181029A.png

29日(月)の中国企業指数は0.46%安となりました。

926日に場中で高値11122ポイントを付けてから下げ相場となっています。1022日(月)にリバウンドしたものの、その後は再び売りに押されており、29日(月)の場中で201758日以来となる安値9924ポイントを付けています。

20181029B.png

20171月以降の主要株価指数の動きをみると、ハンセン指数は、米中貿易戦争が激化した6月中旬以降、上海総合指数と同様、下落トレンドとなっています。

10月に入ってからの急落についてはNYダウの動きに影響を受けています。

20181029C.png

先週のNYダウ指数は3.0%安、NASDAQ総合指数は3.8%安となりました。

NYダウは20093月を底値に長い上昇トレンドを形成してきたのですが、直近で崩れ始めています。

26日(金)の終値では、103日(水)の場中で記録した過去最高値から8.4%下落した水準の24688ドルに留まっています。

一方、NASDAQ総合指数では830日の最高値から11.9%下落しています。

一般に、長い上昇トレンドが出た後に10%下落した場合、下げトレンドに変わる可能性が高いと言われています。

アメリカ市場は9年半続いた大相場が崩れるかどうかの瀬戸際に立たされています。

ファンダメンタルズに関して言えば、これから企業業績がどんどん上方修正されていくような状況ではありません。財政赤字が累積し、国債利回りが上昇している中で、減税やインフラ投資拡大政策をこれ以上続けるのは困難です。

米中貿易戦争による農産物、エネルギーなど輸出産業へのショックや、輸入物価の上昇などに対する懸念が強まっています。

アップル、アマゾン、グーグル、フェイスブックなどのイノベーション企業が世界を変え続けるのだといった強気の見方に対しても、足元の7-9月期業績をみる限りでは、アマゾン、グーグル(アルファベット)では売上の伸びが予想に届いておらず、フェイスブックでは情報流出問題が発生しており、業績悪化が懸念されます。

香港市場において価格支配力を持つ欧米の機関投資家がリスク資産への警戒を強めていることが、ハンセン指数が下落する最大の要因となっています。

本土市場については、25日のこのブログでお伝えしたように、当局が株価市場対策を打ち出しているので、かろうじて米中貿易戦争といったネガティブ要因を中和して、下げ止まっています。

本土と香港市場は滬港通、深港通をつうじて相互取引が行われています。

香港、本土の両方で上場するH株は香港市場で主要な銘柄となっています。

そのため、ハンセン指数は本土の動きに影響される傾向があります。

アメリカ市場は来週行われる中間選挙を前にして、ボラタイルな動きになると予想され、今週の香港市場も波乱含みです。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
いとうまい子さん直筆サイン入り新・まいまい米プレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示