たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

25日の上海総合指数は0.02%高、安寄り後戻す展開!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

25日(木)の上海総合指数は前日のNY市場が急落したことで、前日終値比2.4%安まで下げて寄り付きましたが、その後はまとまった売りは出ませんでした。

大引けにかけて戻し、終値は0.02%高の2603.8ポイントで引けています。

セクター別にみると、証券、銀行、保険、自動車、不動産、石炭、鉄鋼などが買われています。一方、公共事業、食品、ガス水道、飲料、国防軍事、半導体・部品、ホテル・レストラン、物流、空港・空運などが売られています。

ここ数日の動きでは、19日(金)、22日(月)と急騰後、利益確定売りに押されましたが、25日(木)には下げ止まっています。

20181025A.png

25日(木)の創業板指数は0.82%安となりました。

23日(火)以降、下げているのは上海総合指数と同じですが、25日(木)は安寄り後、戻し切れておらず、終値ベースでは5日移動平均線を割り込んでいます。

20181025B.png

25日(木)の上海50指数は0.31%上昇しています。

寄り付きは大きく売られたのですが、場中で大きく戻しており、終値では5日、25日、75日移動平均線を上回っています。

20181025C.png

22日(月)、証券セクターが急騰、取引のあった40銘柄全てでストップ高となりましたが、この日も証券セクターの上昇率は突出しています。

同花順による証券41社平均のセクター指数は5.63%高で、セクター別指数では断トツのトップです。

8銘柄がストップ高となっています。

銀行、保険を加えた金融三セクターには、はっきりとした上昇トレンドが出ています。

国家隊の買い支えが入っている可能性があります。控えめに見ても、株式市場が国家により支えられるだろうといった期待を持つ投資家は多いとは言えるでしょう。

1019日(金)午後に発表された、人民日報、新華社、中央テレビ局による劉鶴副首相へのインタビューや、その後、五月雨式に発表された、その内容の詳細に関する関連当局幹部の発言は、明らかに事前に綿密に話し合いが行われた結果です。

日本ではあまり報道されていませんが、民営上場会社の幹部を中心に、上場によって評価額の大きく上がった株式を担保として、資金を調達するということが、広く行われています。

加えて、たくさんのファンドが上場前後に、民営会社の株式を買います。

株価が大きく下がってしまうと、経営者、幹部や、ファンドは担保価値割れから、強制的に株式を処分しなければなりません。

ファンドは比較的長期保有目的での購入ではありますが、それでも損切水準が存在し、それを下回るような場合は売らざるを得ません。

一部にはロックアップがかかっている株式もあり、その場合、彼らは非常に面倒なことになります。

こうした問題が背後にあるため、中小型株は、少し上がると売りが出やすく、また、なかなか買いが入りません。

創業板指数、中小企業板指数の戻りが特に遅いのはそうした要因が大きいからです。

証券市場の安定のために、当局はこれ以上、株価を下げたくないわけですが、最大の問題は、株価は国家によって操作可能であるかどうかということです。

操作可能だと考えているので、上海総合指数は底打ちした可能性があるとみているのですが、国家隊、長期投資家の資金量は限られ、また、個人投資家の投資家心理を刺激しすぎると、簡単にバブル化してしまうので、過剰な政策、特に金融面での政策は慎重にならざるを得ません。

もうしばらく、厳しい攻防が続きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
いとうまい子さん直筆サイン入り新・まいまい米プレゼント
ビットコインクイーン名波はるか 2019年版・直筆サイン入り仮想通貨カレンダープレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示