たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

23日の上海総合指数は1.07%上昇、高値引け!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

23日(月)の上海総合指数は安寄り後、終日資金が入り続けたことで上昇、高値引けとなっています。終値は1.07%高い2859.54ポイントを付けています。

先週末となる20日(金)、前場は軟調な値動きでしたが、午後に入り急に資金が入り、この日は2.05%上昇しています。

2営業日続けて、出来高を伴い株価が上昇していることから底打ちした可能性が高まっています。

20180723A.png

また、23日(月)の創業板指数は0.71%上昇ました。

25日移動平均線に支えられている感じです。

20180723B.png

また、23日(月)の上海50指数は1.32%上昇しました。

20日(金)前場の段階では、崩れかけていたのですが、そこから出来高を伴って急回復しています。

創業板の値動きと比べればよく分かるのですが、明らかに大型株がけん引する形で本土市場が回復していることがわかります。

20180723C.png

23日(月)の寄り付き前の段階では、大きな悪材料がありました。

 バイオ企業である長春長生生物科技(002680)では15日、狂犬病ワクチン生産に関する記録をねつ造したことが発覚しました。そのため、16日から20日までの間、連日ストップ安となりました。

22日(日)には、国家薬品監督管理局がこの件を公安機関に移送し、刑事事件として追及することになったと発表、同時に取引停止となりました。

さらに23日(月)の寄り付き前のニュースでは、李克強首相が同社に関してあらゆるワクチンの生産、販売、流通に関して徹底的に調査するよう指示したと伝えられたことで、寄り付き直後はほぼ全面安の展開となりました。

しかし、その後は前述のように、資金流入が続き、高値引けとなっています。

日本のマスコミでは、相変わらず、中国経済の先行きを懸念して本土株は売られているなどといった説明が見られますが、本土市場は需給要因や政策要因で動く市場で、ファンダメンタルズへの感度は高くありません。

これまで下げてきた要因として、一つには米中貿易紛争が挙げられます。トランプ大統領は中国に対して全輸入品に関税をかけることを検討するとしていますが、アメリカ国内でもこうした政策には反対意見があります。また、アメリカ企業や経済への影響が大きく、やろうにも限界があります。

また、足元で人民元安が進んでいることからわかるように、中国は人民元安誘導が可能です。

関税を10%かけても、人民元を10%下げられたのでは、何の効果もないばかりか、輸出企業が大きなダメージを受けてしまいます。

こうしてみると、この問題もそろそろ限界が見えており、株式市場は米中貿易紛争を織り込みつつあります。

もう一つの要因は金融レバレッジ縮小政策の緩和期待です。

中国銀行保険業監督管理委員会は20日大引け後、商業銀行理財業務監督管理弁法(意見徴収)を発表しました。中国人民銀行、中国証券監督管理委員会も続けて管理規定を発表しました。

多くの市場関係者は、「資産管理に関する新たな細則が発表されたことで、市場は理財商品の相対的な資金吸引力が高まり、市場流動性が刺激されるなどの効果が期待できる」とこの新規定に好意的です。

23日(月)の上昇で、上海総合指数は25日移動平均線をしっかりと超えており、5日移動平均線が低い位置でゴールデンクロスしており、テクニカル面からも、上海総合指数は底打ちへの期待がぐっと高まっています。

 

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示