たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

本土市場、国慶節で1週間休場

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

本土市場、共産党全国代表大会後に期待!!
9月の本土市場は結局、期待外れに終わった。

上海総合指数の月足は▲0.35%安、安値と高値の差は1.77%に過ぎず、まるで1日の値動きのようだ。週足ベースでは4週下落となったが、小さな十字線がごくわずかに下方にシフトする感じである。

20171005_tashiro.shanghai.png

上海総合指数は、昨年11月末、今年4月上旬、8月上旬と3回に渡り、3300ポイントではじき返されてきた。8月25日(金)、28日(月)の2日間、急騰したことで3300ポイントの上値抵抗線を一気に突き抜けることができた。

9月は上昇トレンド発生への期待が高まったものの、そうした地合いの中でのやや不自然な狭いレンジでの調整となった。

セクター間の動きをみると、新エネルギー自動車への政府支援策発表で自動車、北朝鮮情勢の悪化で国防軍事、需要拡大で半導体・部品、5Gへの投資期待から通信設備がそれぞれ買われるなど、好材料のあったセクターには資金が流入した。

一方、7、8月に大きく買われた鉄鋼、石炭セクターに調整が入った。また、電力、港湾・海運、空港・空運など業績面でやや不安のあるセクターも売られた。
しかし、もっとも気になったのは、銀行、証券、保険の下落である。特に銀行は、国家隊が株価を買い支えるときに動きが活発となるセクターである。国家隊が売り、相場を抑えた可能性がある。

9月は需給面で、資金のひっ迫しやすい時期である。四半期末のため、企業の決済資金需要が高まる。また、各行に中国人民銀行による検査が入るため、銀行はレバレッジを拡大しにくくなる。こうした要因により、流動性の不足で株価が下がりやすくなる。
また、この時期、ファンド、理財商品などの解約、期限到来が多い。国慶節休場を前に換金売りの増える時期である。いずれの要因も決定的な売り材料ではないが、相場の上値を重くした要因になったかもしれない。

9月の値動きが小さかった要因について、当局の内部会議から垣間見ることができるような気がする。
中国証券監督管理委員会(証監会)は25日、テレビ電話による全体会議を開催、証監会がかかわる中国共産党第19回全国代表大会に関するプロジェクトについて、
再度、動員、計画を確認すると同時に、国慶節、中秋節期間における清廉教育を行うよう再度、リマインドし、強調した。
証監会は政治や、大局を考慮するといった角度から市場の安定を維持するための各措置をしっかりと打ち出し、全力で、資本市場の安定を確保するよう要求した。(26日、上海証券報)

国家に近い筋が株式を買ったり売ったりするだけではなく、先物市場への監督管理の強化、相場安定を目的とした売り買いが効いた可能性もある。

残念ながら、データで説明できないことばかりなので、スペキュレーションに過ぎないが、そうでも考えない限り、このボラティリティの低さは説明がつかない。

今後の動向について、10月11日に七中全会、10月18日には5年に一度、共産党指導部の人事を決める共産党全国代表大会が開催される。市場の安定操作(?)はしばらく続きそうである。

ファンダメンタルズの面では、8月の月次統計はことごとく市場予想を下回ったものの、9月の製造業PMIは市場予想を大きく上振れしている。

国家統計局、中国物流購買聯合会は9月30日、9月の製造業PMIは52.4であったと発表した。8月と比べ0.7ポイント高く、本土の市場コンセンサスを0.8ポイント上回った。2ヵ月連続で上昇、2012年5月以来の高水準となった。

20171005_tashiro.PMI.png

国家統計局サービス業調査センターの趙慶河シニアエコノミストは、
9月の要点として、「需給がともに改善していること、内外需が改善していること、産業構造の変化が起きていること、国慶節、中秋節を控え、消費関連セクターの景況感がよいこと」などを挙げている。

産業構造の変化については自動車、専用設備、電気機械、計算機・通信・電子製品・メーターなど、新エネルギー関連産業のPMIが高い。消費関連では、食品、飲料、ファッションアパレルなどのPMIが高い。

9月の非製造業PMI指数は55.4で、前月と比べ、2.0ポイント上昇している。これは2014年5月以来の高水準である。

製造業、非製造業ともに見通しは良い。

こうした状況で当局が市場安定化操作をしているとすれば、10月18日の共産党大会後、それが解除されることによって、上昇しやすくなるのではないか?

10月の相場は前半よりも、後半の方が期待できそうだ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

『メルマガ:週刊中国株投資戦略レポート』
相場の流れや注目銘柄など、 実戦で活用できる情報をお求めの方にオススメ!
発行:GLOBAL LINK ADVISERS (有料) 
詳細はこちら

『書籍:中国株二季報2017年夏秋号』
中国株投資には必読の一冊。
中国・香港上場企業の最新情報がまとめられた、 最強のデータブック!
詳細はこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<11月11日(土)赤坂アークヒルズクラブで特別セミナー開催!>

アークヒルズ特別セミナー
300円相当ビットコインプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示