たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

9日の上海総合指数は0.76%上昇、預金準備率引き下げを好感!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

9日の上海総合指数は寄り付き直後、前営業日比1.83%高まで買われたものの、高値を追って買ってくる投資家は多くありませんでした。その後は徐々に後退、大引けでは0.76%高の3374.38ポイントに留まりました。

ただし、9月は上値が重く抜くことができなかった3400ポイントを超えて寄り付いています。場中高値は3410.17ポイントです。

20171009A.png

9日の創業板指数は1.22%高となりました。寄付きから大きく買われた後、上げ下げがあり、日足は寄り引き同時線となっています。

上海総合指数は9月の高値を超えて寄り付いていますが、創業板は9月の持ち合い水準の中での値動きとなっています。

20171009B.png

本土市場は2日(月)から6日(金)まで、1週間の国慶節休場となりました。9日(月)寄付きは、休場期間中の材料を一気に織り込む形となりました。

香港ハンセン指数は1週間で3.28%、H株指数は5.03%上昇しています。セクターで見ると、銀行、不動産、通信設備、自動車などが買われています。

金融では、930日(土)に特定金融機関向け預金準備率引き下げが発表されました。

不動産では、引き締め政策の強化といった不安材料があるのですが、大手不動産の業績見通しは変わらず好調で、株価が割安なことが意識されました。

通信設備に関しては、5Gの開発速度が加速しそうなことがわかり、そのことが材料視されました。

また、自動車については、本土自動車メーカーにとっては有利となる新エネルギー自動車の製造を義務付ける新規定が発表されたことが材料視されました。

結局こうした好材料を織り込むことで寄付きから大きく買われたのですが、高値を買ってくるような高揚感はありません。

1018日(水)に実施される共産党全国代表大会に向けて、経済、金融の安定が求められます。

9日(月)の動きなどを見ていると、株価の下落よりも上昇が警戒される局面であったと言えるかもしれません。

18日(水)を過ぎるまでは、投資家は動きにくい状況が続きそうです。

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

<11月11日(土)赤坂アークヒルズクラブで特別セミナー開催!>

アークヒルズ特別セミナー
300円相当ビットコインプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示