たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

10日の上海総合指数は0.52%安、戻り売り、利益確定売りに押される!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

10日(月)の上海総合指数はわずかに安寄り後、終日売りに押される展開となりました。

7日(金)の段階では、終値は3286.62ポイントを記録、終値ベースでは昨年1129日を上回り、昨年16日以来の水準となりました。ブレイクアウトが進行中だったのですが、10日(月)は戻り売り、利益確定売りに押され、0.52%安となりました。

下げはしましたが、地合いはそれほど悪くはありません。上海市場の売買代金は先週末と比べると127億元増加し、2794億元となりました。

紙印刷、自動車・部品、通信、非鉄金属、建設エンジニアリング、農林牧魚、機械などが売られたのですが、雄安新区関連、海上シルクロード、保障性住宅、不動産、中央系企業など、政策関連銘柄が上昇しています。

回転が効いているので健全な調整と言えるでしょう。

20170410A.png

一方、10日(月)の創業板指数は1.73%下落、上海総合指数より下げ幅が大きくなっています。

3月末に崩れたものの、先週は戻り歩調となったのですが、75日、25日移動平均線が上値抵抗線として作用しました。10日(月)の下落は上値の重さが意識される後味の悪いものとなりました。

20170410B.png

先週の上海総合指数は41日に発表された河北雄安新区建設計画を好感、急上昇しました。

雄安新区は河北省雄県、容城県、安新県やその周辺地域から成り、北京、天津、保定に隣接する区域です。ここに、深セン経済特区、上海浦東新区に次ぐ全国的な意義を持つ新区を設立しようというのですから、投資家の関心は否が応でも高まります。

習近平国家主席は現地時間6日、7日、アメリカフロリダ州パームビーチにおいて、トランプ大統領との初会談を行いました。

会談において、習近平国家主席は、「米中は既にお互い最大の貿易相手国になっており、中国側はアメリカが一帯一路のフレームワークの中で提携することを歓迎する」と強調しました。

両国首脳は、「米中は双方において重要領域であり、お互いが関心のある国際問題、地域問題に関して広範で深い意見交換を行った」と新華社は伝えています。

また、7日の米中首脳会談が行われる前に、米中の経済、国防部門の責任者である最高幹部は、米中全面経済対話メカニズム、米中外交安全対話メカニズムの設立を決定しています。

両国による経済、軍事的な関係強化は投資家にとって好材料と言えるでしょう。

中国人民銀行は10日、11営業日連続で公開市場操作を見送り、資金供給を行っていませんが、金利は上昇していません。短期金融市場では資金ひっ迫は起きていません。

中央規律検査委員会は9日、「中国保険監督管理委員会の項俊波主席を重大な規律違反の疑いで取り調べている」と発表しましたが、市場は特段反応しませんでした。

そのほか、シリアへの空爆、北朝鮮情勢の緊迫化などに対しても、市場関係者の反応は鈍く、本土市場への影響は見られません。

もちろん、汚職撲滅にしても、金融引き締めにしても、地政学的リスクの高まりにしても、今後、さらに極端に深刻化すれば、話は別です。しかし、そうではない限り、当局による長期発展戦略を評価する買いによって、今後相場は押し上げられるだろうとみています。

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示