たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

中国人民銀行、金利を高めに誘導へ!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

本土市場について、春節明け後は上昇トレンドが出るのではないかと予想していたが、やや期待外れの結果となった。

1週間ぶりの取引となった、2月3日の上海総合指数はわずかに高寄りしたものの買いは膨らまず、前場は売りに押される展開となった。

後場に入ると若干持ち直したものの、出来高は膨らまず、終値は0.60%安となった。

春節直前は5連騰となったが、この日で連騰は途切れた。

休場中に発表された国家統計局、中国物流購買聯合会による1月の製造業PMIは51.3で、12月と比べ0.1ポイント悪化したものの、市場コンセンサスを0.1ポイント上回った。

細目指数をみると、在庫に加え、新規輸出受注、生産経営活動予想などが改善している。

「春節を控え、生産、受注に影響が出たこと(季節調整済みとしているが、春節効果は取り切れていない)、主要原材料購入価格や出荷価格がこれまで大きく上昇してきたが、春節を前に一旦下落したことなどが要因である」

と国家統計局は説明している。

tashiro_20170209_01.png

気になったのは、規模別の状況である。大型企業は0.5ポイント下がったものの52.7と高水準にあり、中型企業は1.2ポイント上昇し50.8に達している。

一方、小型企業は0.8ポイント下がり、46.4と50を大きく割り込んでいる。

財新による1月の中国製造業PMIは51.0で前月と比べ0.9ポイント悪化、市場コンセンサスを0.8ポイント下回っている。

中小型企業のカバレッジが相対的に高い財新の結果が悪いのは、決して官製PMIの結果と矛盾はしない。

供給側改革が進展、PPPプロジェクトが加速、大企業を中心に景気は回復基調にある。

戦略的振興産業への政策がうまくいっておらず、成果が出てないのが気になるが、それが1月の結果にも表れている。

結局、景気に関しては、加速している印象はないが、安定成長を示す結果となっており、市場は大きな反応を示さなかったと考えている。

問題は金融政策の変化である。

1月28日の財経資訊によれば、中国人民銀行は先日貸出の伸びが高すぎることから、商業銀行に対して第1四半期の新規貸出を厳しくコントロールすると発表した。

第1四半期の不動産向け新規貸出純増額について、2016年第4四半期よりも総量、伸び率共に低く抑えるといった政策目標がある。

また、貸出増加速度が速い銀行は、MPA(マクロプルーデンス評価システム)による差別化された貸出引当金、預金に対する保険費率などの罰則規定にかかる可能性があるなどと伝えている。

さらに、中国人民銀行は2月3日、SLF( Standing Lending Facility)金利を引き上げた。

オーバーナイト物は35BP引き上げ3.1%、7日物、1か月物はそれぞれ10BP引き上げ、3.35%、3.7%とした。また、同日行われたリバースレポ取引金利についても、各取引いずれも10BP引き上げた。

SLFとは、中国人民銀行が特定の金融機関に対して、流動性を供給するための仕組みである。SLFを供給するということは、量的に流動性を高めることになり、これは金融を緩和することに等しい。

しかし、昨年までは、SLF、MLF(Medium-term Lending Facility)の量を増やすことだけが行われてきたが、

今年に入り、1月24日にはMLF金利が引き上げられており、今回、SLF金利も引き上げられたことで、価格による操作も加わったと言えよう。

これらの政策変更をまとめると、中国人民銀行は貸出増加スピードを押さえ、金利を高めに誘導しようとしている。

市場では、今年は景気に対して刺激的な政策が打ち出されるといった期待があった。

しかし、金融政策を見る限り、どちらかといえば、景気の無駄な成長やリスクの発生・拡大を抑えるといった点に政策の重点があるようだ。

つまり、現在の成長率が適正水準であるともいえる。今年は経済も株式市場も"安定"がキーワードとなりそうだ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

『メルマガ:週刊中国株投資戦略レポート』
相場の流れや注目銘柄など、 実戦で活用できる情報をお求めの方にオススメ!
発行:GLOBAL LINK ADVISERS (有料) 
詳細はこちら

『書籍:中国株二季報2017年春号』
中国株投資には必読の一冊。
中国・香港上場企業の最新情報がまとめられた、 最強のデータブック!
詳細はこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示