たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

6日の上海総合指数、0.54%高、悪材料を吸収し上昇!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

6日の上海総合指数は、高寄り後、小型株を中心に買われました。終値は0.54%上昇し、3156.98ポイントで引けています。春節休場明けとなった3日(金)は0.60%安となったので、春節前の水準までは戻していません。

20170206A.png

この日は小型材料株が相場をけん引しました。小型材料株のウエートの大きい深セン総合指数は0.93%上昇、創業板指数は1.26%上昇しています。地合いは良くなってきました。

20170206B.png

心配されたのは、23日に中国人民銀行が行ったSLF Standing Lending Facility)金利引き上げの影響です。オーバーナイト物は35BP上昇し3.1%、7日物、1か月物はそれぞれ10BP上昇し、3.35%、3.7%となりました。

同日行われたリバースレポ取引金利についても、各取引いずれも10BP上昇しました。

SLF、リバースレポ取引金利が引き上げられたことについては、124日にMLF金利が引き上げられていたことから予想されたものの、オーバーナイト物が35BPも上昇したことについては大きなサプライズとなり、それが3日の株価下落につながりました。

週明けの6日、影響が長期化するのかどうか気になるところでしたが、市場は意外に冷静でした。

中央テレビ局はニュースを通じて、「今回の中央銀行の決定は、銀行などの金融機関の貨幣市場において行われたことで、直接、公衆や実体企業の預金貸出金利領域においてではない。今回の引き上げは、中央銀行が金融機関に提供する資金に対する金利であり、銀行による預金貸出金利の引き上げではない。だから、利上げには当たらない」などと発言しています。

こうした報道が一定の効果を上げたのだと考えています。

もっとも、現段階では目立った買い材料はありません。

むしろ、ロックアップ期間が明ける株式が多いこと、IPOが増えていることなど、需給面では心配な材料もあります。

3月の両会に向けて、国有企業改革、一帯一路戦略、PPPプロジェクトの進展などの政策材料待ちといった状況です。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示