たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

27日の上海総合指数は0.76%安、押し目形成!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

27日の上海総合指数は安寄り後、前場はかろうじて持ち合いが続いたのですが、後場に入ると下値が崩れ、大引けでは0.76%安となりました。

直近の場中ベースでの高値は23日の3264.08ポイントです。

結局、昨年1129日に付けた高値3301.21ポイントを抜けずに押し目形成となっています。

20170227A.png

一方、創業板指数については27日、0.60%安で引けています。この日は下げていますが、少し前からの動きを見ると、221日(火)に上昇したことで、戻り歩調なのかなといった感じです。

200日、75日移動平均線は、まだ高いところにあり、上昇トレンド入りとなるまでには少し時間がかかりそうです。

20170227B.png

今週末には年に1度のビッグイベントが控えています。3日(金)には全人代、5日(日)には全国政治協商会議が開幕します。

両会期間中は全国から人民の代表者が集まり、政治、経済を中心に国のあり方を議論することになります。

報道面では多くの政策情報が散見されるようになります。相場の手掛かり材料は出やすい環境といえるでしょう。

また、重要な会議を控え、よほどの理由がない限り、大口の売りを出す機関投資家は少ないと思います。

そう考えると、今週は比較的底堅い動きになるのかと予想しています。

27日の下落について、あえて悪材料を探すとすれば、証券監督管理の強化です。

国務院は26日、「資本市場改革の安定的発展の推進などに関する状況発表会」を開催しました。

中国証券監督管理委員会の劉士余主席をはじめ、3名の副主席が"資本市場改革の安定的発展をさらに一歩進めるための各方面からの措置"について発表しています。

ある業界関係者は、「市場化、法治化、国際化が資本市場改革発展の方向性を決め、監督管理強化が資本市場の安定的発展の"防火壁"を作り上げる。機関投資家に対する投資銀行業務の監督管理強化、新三板改革、地方区域の株式権益市場の規範化など多項目に渡る措置が今後立て続けに行われるだろう」などと分析しています。

相変わらず、当局は"投機による株価の過熱を許さない"といった姿勢を示しています。

目新しい話ではありません。

3月中旬に全人代が閉幕するまでは、大きな下げはないとみています。

 

 

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示