たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

13日の上海総合指数0.63%高、4日続騰!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

13日の上海総合指数は高寄り後、銀行などの大型株に加え、小型材料株にも積極的な買いが入り上昇、後場に入ると高値圏での売り買い交錯となったものの、大引けでは0.63%高と4日続伸となりました。終値は3216.84ポイントで、昨年129日以来の水準で引けています。

20170213A.png

この日の上海市場の売買代金は2362億元で、先週末と比べれば96億元ほど減っていますが、水準自体は昨年の国慶節明けから12月上旬にかけて上昇相場を形成したときの平均並みとなっています。この上昇相場では、銀行、証券などの金融株に資金が流入しています。

テクニカルにみれば、12月上旬以降の下げ相場も、少し変則ですが、ダブルボトムを形成しており、短期の移動平均線に対しては密集地帯から抜け出しています。

トランプ大統領は10日、習近平国家主席と電話会談を行い「一つの中国」の原則を堅持すると表明するなど、国際情勢の面でも安心感が広がっています。地合いは良いといえるでしょう。

20170213B.png

一方、創業板指数については13日、0.47%上昇していますが、依然として1月中旬以降の急落分も取り戻せていません。

移動平均線を見ると、200日、75日は随分と高いところにあり、ようやく25日を抜けつつあるといったところです。

1月中旬以降の戻り相場は、大型株中心といった状況に変わりはありません。

春節明け直後にはSLF金利が引き上げられるなど、金融政策変更といったサプライズがありました。

しかし、先週に入ると金融政策の中立化はゆっくりとした速度であり、利上げサイクル入りを意識する見方は後退しました。

景気に関しては1月の製造業PMIを見る限り好調です。

不動産バブル、株式バブルの発生や、理財商品、保険商品、国債投機などを防ぐための金融業界全体に向けたレバレッジ縮小を積極的に進めているのだといった認識が高まっています。

もともと、3月上旬開催の両会を控え、インフラ投資の拡大、混合所有制改革の進展、一帯一路戦略の加速などへの期待は高まっています。

これから3月上旬にかけて、上海総合指数は20161129日の高値である3301.21ポイントを目指す動きになるとみています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

『メルマガ:週刊中国株投資戦略レポート』
相場の流れや注目銘柄など、 実戦で活用できる情報をお求めの方にオススメ!
発行:GLOBAL LINK ADVISERS (有料) 
詳細はこちら

『書籍:中国株二季報2017年春号』
中国株投資には必読の一冊。
中国・香港上場企業の最新情報がまとめられた、 最強のデータブック!
詳細はこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示