たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

9日の上海総合指数は0.54%上昇、自律反発続く!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

9日の上海総合指数は安寄り後、弱いながら反発、0.54%高となりました。

1229日をボトムに自律反発を続けています。

20170109A.png

需給面では、昨年12月は年末にかけて資金がひっ迫、上海総合指数は底這い状態が続きました。

年明け後の自律反発は、一旦資金が市場に戻ったこと、人民元安が進まなかったことで資金流出懸念がやや遠のいたことなどが要因だと考えています。

一方、創業板指数は4日に1.44%上昇、戻り歩調となりそうだったのですが、その後は下げてしまっています。9日も、0.17%下落しています。

細かい政策情報はあるのですが、国有企業改革や供給側改革が中心で、成長産業の発展・育成につながるようなものは目立ちません。依然として大型株中心の相場が続いています。

20170109B.png

127日(金)から22日(木)まで、春節休場となります。

大型連休を控え、流動性が不足する状態となりがちです。

今回の自律反発は長くは続かないのではないかとみています。

ただし、ファンダメンタルズはしっかりしています。

企業業績は好調です。

Wind社調べによると9日までに1319社が201612月期の業績予告を発表しているのですが、増益、黒字転換など業績好転企業が7割以上となっています。

株価のさえない創業板指数ですが、第4四半期は第3四半期よりも利益成長が加速しています。843社が201612月期の業績予告をしているのですが、このうち10社では利益が10倍超、193社が倍以上となっています。

セクターでは、農林牧魚、機械設備、非鉄金属、リクリエーションサービス関連などの利益が伸びている一方で、流通、食品、公共関連、通信などでは減益を予想する企業が比較的多いようです。

マクロ統計をみると、12月の官製・製造業PMIは昨年で2番目に高い水準を記録しており、財新・中国製造業PMI20131月以来の高い水準となっています。

企業業績、景気面は心配する必要がなさそうなので、ファンダメンタルズが下支えする形で、今後、押し目となったとしても、下げ幅は限られるとみています。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示