たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

12日の上海総合指数は2.47%下落、小型材料株が急落!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

20161212A.png

12日の上海総合指数はわずかに高寄りした後、一方的に売りに押される展開となりました。上海総合指数は2.47%安でしたが、深セン総合指数は4.86%安、創業板指数は5.50%安で、小型材料株が大きく売られました。

20161212B.png

トランプ次期大統領がFox Newsの取材を受けて、「一つの中国」といった束縛にとらわれ続ける必要があるかどうかについて疑問を呈したようです。日本のマスコミ報道だけをみていると、米中関係の緊張が影響しているように思われるかもしれません。

本土でも、報道はされていますが、株式市場で材料視されているといった見方は皆無です。

米中関係の悪化懸念は必ずと言っていいほど軍事関連の急騰に繋がりますが、取引のあった軍事関連142銘柄の内、上昇銘柄は8銘柄ありましたが、11銘柄がストップ安となっています。全く意識されていないとみてよいでしょう。

下落要因について、本土の市場関係者たちの見方をまとめてみると、大よそ次の4点に集約されます。

1)        保険資金による買収行為を指摘されている生命保険会社について業務の一時停止が命じられており、これが保険業界全体への監督管理の強化につながり、保険会社からの売りが出そうなこと、

2)        11月の物価が上昇したことで、中国はインフレ時期に突入したとみられ今後、流動資金がひっ迫するといった懸念が出てきたこと、

20161212C.png

3)        12月は昨年12月に相次いだ第三者割当増資によるロックアップ期間解除による需給悪化が懸念されること、

4)        アメリカでは1213日、14日の2日間にわたり、FOMCが開催され、利上げが行われる可能性が高いようだが、ドル高人民元安が進み資金流出が懸念されること

中でも深刻なのは1)です。本土市場は1月に大きく崩れ、その後は少しずつ下落分を取り戻すといった相場となりましたが、その過程で保険会社の買いが果たした役割は大きかったとみています。

中国市場で最も必要とされる長期投資家が順調に育っていたと思われていたのですが、実際は一部で法令違反があったというのでは投資家心理が悪化するのも無理はありません。

創業板指数の崩れ方が気になります。今週の本土市場は試練の一週間となりそうです。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
3mBTCプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示