たっしーが教える、中国株なら俺に聞け!!

田代尚機(たしろ・なおき)

TS・チャイナ・リサーチ代表。
1958年愛知県出身。大和総研勤務時代、北京に9年間駐在し、引受リサーチ、中国エコノミスト、中国株担当アナリストなどを担当。その後、内藤証券、リード・リサーチ・アンド・プロダクツ(株)を経て独立。個人投資家、機関投資家向けに中国株投資に関する助言・情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。現在、マネックス証券で「田代尚機の注目5銘柄」を掲載中。その他、SBIサーチナ、日経CNBC、ストックボイスなど、メディアへの出演・寄稿多数。

【著書】
・中国株二季報
・人民元投資入門
・中国株「黄金の10年」
・レッド・センセーション好機到来!

ホームページ

メルマガ

【週刊中国株投資戦略レポート】

相場の流れや注目銘柄など、実践で活用できる価値ある情報をご提供しております。

発行:GLOBAL LINK ADVISERS(有料)

詳細ページ

メルマガ

【中国株投資レッスン】

投資に関する知識はもちろん、中国香港の旬な話題も取り上げています。

発行:まぐまぐ!(無料)

詳細ページ

レポート

【マネックス証券中国レポート】

マネックス証券中国株取引欄にて、毎月中国レポートを配信。投資戦略や注目の5銘柄などを紹介しております。

発行:マネックス証券(無料)

詳細ページ

書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

中国株、中国南車、中国北車に注目!!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

中国株投資家のみなさん、こんにちは。

25日のメディア情報では、鉄道関連に関して、気になる記事がありました。

http://finance.sina.com.cn/stock/t/20140825/082820108663.shtml

中国鉄路建設投資公司は22日夜、2014年に入って初めての動車組(中国版新幹線)の入札を行うと発表しました。

今回は、292輛の列車の入札が行われ、総額は520億元に達する見込みです。また、その内訳は、時速350km型が175輛、時速250km型が57輛、特別仕様車が60輛で、入札の結果は9月中旬に発表されるそうです。

昨年の入札は8月、12月の2回に渡って行なわれ、合計473輛が発注されました。内訳は、時速350km型が248輛、時速250km型が169輛、特別仕様車が56輛でした。

ちなみに、この業界は、中国南車(01766)、中国北車(06199)の2社による寡占市場となっていますが、両社の間で微妙な差があるようです。中国南車は時速250km型の車輛が得意で、昨年は169輛すべてを製造しています。さらに、時速350km型については100輛の製造を受け持ちました。

一方、中国北車は時速350km型について148輛、寒冷地対応車輛56輛(時速250km型10輛、時速350km型46輛)について、全て受注しています。

中国北車の方が、技術力が高いということになりそうですが、ただし、受注総額については結果的に、どちらも400億元程度の金額に落ち着いたようです。

今年の全国鉄道固定資産投資計画は年初、6300億元の予算でスタートしたのですが、すぐさま7000億元、7200億元に引き上げられました。さらに、景気対策の一環として4月30日には8000億元に引き上げられています。

中央政府としては、経済発展の土台となるインフラ建設、中でも輸送拡大を通じて長期的に経済発展を支える働きのある鉄道建設を優先的に強化しようとしています。

これまでの実績ベースでの最高額は2010年の8426億元ですが、今後の政策次第で、もっと増える可能性があります。

鉄道建設投資の拡大でまず鉄道建設会社への需要が拡大するでしょうが、路線完成と共に、電車需要が後から増えてきます。今後、電車製造会社の業績は拡大基調が続くと予想されます。

ただし、そうなるためには、ひとつ条件があります。中央政府がいくら計画を高く設定しても、お金が集まらなければ実行出来ません。財政支出、鉄道債券、銀行借入に加え、資金ルートを拡大する必要があります。

その点については、今年に入り、鉄道投融資改革が進んでおり、鉄路建設発展基金、鉄路土地総合開発に関する重要な政策が発表されています。

2013年3月の全人代で国務院旧鉄道部の解体が決定されました。それに伴い新たに鉄路総公司やその全出資子会社で投資融資機関である中国鉄路建設投資公司が設立され、国家組織ではなく、企業の立場から、鉄道産業の発展を促すといった形に変わっています。

李克強首相は22日、鉄路総公司を訪問していますが、その際、「鉄路総公司は政治と企業の分離、投融資体制改革などを大胆に進めなければならない」と発言しています。

http://finance.sina.com.cn/china/20140825/202920113875.shtml

鉄道投資は景気対策として、短期的に投資が加速されるだけでなく、全面深化改革の一貫としても、長期的に投資が加速されることになるでしょう。

中でも、電車メーカーである中国南車(01766)、中国北車(06199)は中長期で注目できる有力銘柄です。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
動画セミナー無料配信中!
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示