酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

報復合戦が始まるか?

  • はてなブックマーク

お屠蘇気分が冷めやらぬ1月3日、とんでもないニュースが飛び込んできた。

アメリカ軍のドローンによる攻撃でイランの革命防衛隊コッズ部隊司令官のソレイマニと、イラクの親イランシーア派民兵組織であるカタイブ・ヒズボラの指導者であり、イラクのシーア派民兵の連合体である人民動員隊(PMU)の副司令官であるムハンディスが殺害された。

ソレイマニはイランでは最高指導者のハメネイ師に次ぐナンバーツーと目されている重要人物で、イラン国民の怒りは凄まじい。
また自国民を殺されたイラクの反発も大きい。

ハメネイ師は3日間の喪に服した後、ソレイマニ司令官の復讐を行うと宣言しており、それに対抗するためアメリカも中東へ米軍3500人の増派を決めた。
またトランプ大統領はイランが報復で米国人や米国の施設などを攻撃した場合に"イラン関連の52カ所を標的にとても迅速かつ激しく攻撃する。"とツイッターに書き込み、"米国は2兆ドル(約216兆円)を軍の装備に支出し、世界最大だ。"とも警告した。
報復が報復を呼ぶ負の連鎖が起きることが懸念される。

何故トランプ大統領は突然この行動に出たのであろうか?
それは"イラン関連の52カ所を標的"の52に意味がある。
52とは1979年に起きた在イランアメリカ大使館人質事件の人質の人数であり、イランを毛嫌いするアメリカ人には象徴的な数字である。
この人質事件は解決までに14ヶ月を要し、時のカーター大統領に対する弱腰が批判されて"強いアメリカ"を掲げた時期大統領となるレーガンに選挙戦で敗北することとなった。

弾劾問題で追及されているトランプ大統領としては、再選の為の人気を維持する為にもここら辺でイランを叩いておくことは極めて重要だったのではなかろうか?

イランは、恐らく圧倒的な軍事力を誇る米国と全面戦争を試みる様な馬鹿な事は起こさないであろうが、アメリカの軍事基地や大使館などを狙った局地的な攻撃を行うであうことは想像に難くない。

正月早々とんでもない地政学的リスクが勃発したと言っても良かろう。

地政学的リスク増大は円高に繋がる。
突然のニュースのヘッドラインによる思わぬ円高には注意したい。

  • はてなブックマーク
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

英雄か、犯罪人か?

  • はてなブックマーク

 

関東地方では凄く穏やかであったお正月もそろそろ終わり。
どのテレビ番組を見てもお笑いか旅番組ばかりでちっとも面白くないが(あの芸能人格付け番組を除いて)、一番話題になったのはなんと言っても大晦日のカルロス ゴーン元ニッサン会長の日本からの逃亡劇であろうか?

どうやら出入国管理が甘かったらしい関空から、大きな音楽楽器の箱に入ってプライベート ジェットで逃亡したらしいが、とんでもない話だ。

偉そうに"私は今レバノンに居る。これは正義からではなく、日本の不正と政治的迫害から逃れたのである。"と嘯いたが、要するに4月から始まる裁判で勝てないと判断してトンズラしたのである。

大きな誹りを受けながらも大胆なコストカットを行なって瀕死の状態であったニッサンを蘇らせた手腕には尊敬を抱いていたのだが、その後明らかになった事から判断するに実は敏腕な経営者ではなく、私利私欲に目が眩んだ只の強欲じじーである。

"私は無実だ。裁判でそれを証明する。"と言って無罪請負人と呼ばれる弘中惇一郎弁護士を雇い、成り行きが注目されたが箱に入って人を欺いて、法律を犯して逃亡するとは甚だ情けない奴だ。

彼の行動を"リスクを取って勇気有る行動を取った英雄だ。"などと美化する連中が居るが、冗談じゃない、只の逃亡者で出入国管理法を破った犯罪者以外の何者でもない。

インターポールからも国際手配され、此れからは日本とは犯人引き渡し条約の無いレバノンから一歩も出ることは無いであろう。

"だから保釈なんかさせるんじゃなかったのに。"と言う意見があるが、確かにあれは海外からの圧力に負けて我が国の法の運用を緩めた感は有る。(と思う。)
まあ弘中弁護士の作戦が上手く行った事も事実であろうが。

ところで弘中弁護士は修道中学・高校の筆者の2年先輩で、高校時代からその優秀さは学校中に鳴り響いていた。
成績も飛び抜けて優秀だったと聞いた。

まあ何れにせよ"普通の日本人"として、保釈の折りに作業員の格好をしたり、楽器の箱に紛れて密出国なんぞしやがり、15億円の保釈金を平気で棒に振って"私は無実です。"などといけしゃーしゃーと語るのを見て"忌々しい!"と思うのは筆者だけであろうか

正月早々腹立たしいったらありゃあしない!!!!!

  • はてなブックマーク
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

優れ物。

  • はてなブックマーク

昨日から古いワインについて触れているが、これらの古いワインはコルクが劣化していることが有り、抜栓するのに苦労することがある。
皆さんお馴染みのコルクの真ん中からくるくると回して抜く方法だとコルクがもろいとすぽっと栓抜きが抜けてしまってにっちもさっちも行かなくなることが有る。
此処に優れ物が有る。

それがこれ。二つの栓抜きが一つになっている。

suguremono_20200103.jpg

これが皆さんに馴染み深いくるくる回してコルクに刺していくやつ。

naka_20200103.jpg

そしてこれがコルクと瓶の隙間に刺していくやつ。

soto_20200103.jpg

大したワインではないが1996年物を開けようとすると苦労することが有る。

wine_20200103.jpg

先ずこいつを真ん中から刺す。

sashita_01_20200103.jpg

次にこいつをコルクと瓶の隙間に刺していく。

sashita_02_20200103.jpg

そしてねじりながら引き抜くとこの様に綺麗に抜ける。

last_20200103.jpg

 

未だかつて失敗したことは無い。

優れ物としてお勧めします。


さて正月も三日目。
そろそろ世の中動いていますよ。
ドル・円相場は丁度1年前のフラッシュ・クラッシュの様な事は起きず、午前10時現在108.45前後で取引されているが昨日のニューヨーク市場では安値108.22まで下げた。

株価は上げているのに長期金利は下げている。
今年も一筋縄では行かないぞ!

  • はてなブックマーク
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

ラフィットかラトゥールか?

  • はてなブックマーク

因みに左が1998のラフィット ロートシルトで右が1981のラトゥール。
D3E430CD-E29C-4A9F-86C2-D0CD2E6BF274.jpeg?20200123
間違えようが無いラベルだと思うのだがなあ...

  • はてなブックマーク
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

静かなお正月。

  • はてなブックマーク

 

今年のお正月、天気も穏やかで結構ですね。

子供達が居なくなってジジババの二人だけになったお正月は静かなものである。
シャンパンを開けてお節料理にちょっとだけ手を付け(お節料理は好きではない。)、後は浦霞のしぼりたてを飲みながらグダグダしていると眠くなる。

カウチに寝転がってうとうとしたり、むっくり起き上がって浦霞を飲んだりと気ままに過ごす。
そうこうしている内に毎年恒例の"芸能人格付けチェック"が始まる。
この番組は実に面白い。
有名な芸能人に音楽を聴かせて高い楽器を使っているのはどっちかとか、高級な松坂牛と安いスーパーで買った牛肉、そして豚肉を食べさせてどれが松坂牛かを当てさせたりする、あの番組である。
あんなの簡単だろうと思うが、難しいんですね。

1番好きなのは1本100万円のワインと1本5千円のワインを比べさせる奴だ。
今年は1959年のシャトー ムートン ルートシルトと1979年のテーブル ワインの飲み比べであったが、今まで外したことのない有名なミュージシャンが大分苦労していた。
100万円のロートシルトが美味いのは当然だがそれに遜色ない香りと味を出した五千円のワインに凄く興味がある。

何とか教えてくれないかなあ

  • はてなブックマーク
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示