酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

109.28を超えるか?

  • はてなブックマーク

ニューヨーク市場の終値ベースで3週間も108円台を保っていたドル・円相場が遂に昨日109.16でクローズした。

これは米中通商協議の成り行きに対して楽観論が広がり、リスク・オン(投資家がリスクを取りに行くこと。)となって、株が買われ債券が売られて(利回りが上昇。)円が売られた(ドルが買われた。)からである。

ダウ工業株30種平均は二日連続で史上最高値を更新し、2万7千ドルにあと少しと迫った。

注目された東京市場の本日の動きだが日経平均株価はニューヨーク市場のトレンドを追わず、100円上昇したところで利食いの売りが出て結局昨日比凡そ52円高で終わってドル・円も108.18の高値を付けた後じり安となり、午後4時現在で再び109円台の大台割れの108.95前後で推移している。

 

終値で109円を超えたことで106円~109円のレンジが上に切れたかどうかが注目されるが、先日の"為替ランドスケープ"でも述べた様に見回すとリスク・オフになる要因が一杯である。http://www.trade-trade.jp/sakoh-landscape/

その意味では先週付けた戻り高値の109.28を上切るかどうかが注目される。

切らなければ相変わらず106円~109円のレンジが続き、109.28を上切る様であればレンジが107円~110円にシフトすることも有ろうか?

個人的には現在の高値近辺でドルを買う気は些かも無い。

 

  • はてなブックマーク
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

昨日の続き。

  • はてなブックマーク

昨日、ニューヨーク時間に予定されていたペンス米副大統領の対中演説で一年前の様な強硬な内容であれば米中関係悪化が更に進み、リスク オフとなって円高のリスクが有ると指摘したが、その内容は香港情勢に懸念を示したものの、比較的穏やかもので何の波乱も起きなかった。
1日の値動きは高値108.75,安値108.50の値幅25銭に留まり拍子抜けで終わった。
振り返ってみると今週に入っての高値は108.75,安値は108.25で値幅は50銭。
此れでは手の出し様が無い。

只、焦りは禁物。
果報は寝て待つこととしよう。

  • はてなブックマーク
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

ペンス演説。

  • はてなブックマーク

今週のドル・円相場は火曜日の即位礼正伝の儀の休日を挟んで大きな動意は見られず、108円台のミドルを中心に割合静かに推移している。

個人的には暫くは106円~109円のレンジのイメージを抱いており、現状のレベルは"売ってもいいかな?"と思うレベルなのだが、ドルが下がるかも知れない要因の一つを挙げておこう。

一般の人には余り馴染みが無いと思うが、今晩ペンス米国副大統領が対中国に関する演説を行う事が予定されおり、演説は中国の習近平体制による新疆ウイグル自治区での人権抑圧や香港情勢などで習体制を批判する内容になるとみられ、貿易や安全保障に加え、人権・民主化問題でも中国に全面的圧力を加えていく立場を鮮明に打ち出すと見られている。

ペンス副大統領の演説は当初、6月に予定されていたが、同月末にトランプ大統領と中国の習近平国家主席との首脳会談を控え、米中の貿易交渉が一つの山場を迎えていたため、交渉進展を優先させる思惑から延期された経緯がある。

ペンス副大統領は丁度1年前の昨年10月にも政策研究機関"ハドソン研究所"で、米政権による中国との"全面対決"を宣言する演説を行っており、今度の演説はその"第2弾"に位置づけられる。

ペンス副大統領は、最近では香港情勢に関し、"中国が米国と貿易問題で合意したいのであれば、1984年の中英共同宣言に基づく香港の自治権を尊重すべきだ。"と指摘し、中国が抗議デモを武力鎮圧すれば"米中合意は困難となる。"と警告した。

最近の米中関係は通商面での歩み寄りなどに見られる様に改善の兆しが見られるが、ペンス演説の中身によっては貿易を巡る現在の米中間の緊張緩和は終わる可能性もある。

もしそうなれば再びリスク・オフとなって円高が進む可能性は高い。

但し、これはあくまでも起こるであろう事実(演説)に対しての、筆者の事実結果に対する憶測に過ぎない。

あくまでも売買はご自分の責任の下でおやり下さい。

  • はてなブックマーク
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

ドル高&円安。

  • はてなブックマーク

先週の為替市場でドル高&円安が進み、一時約2ヶ月半ぶりの円安水準である108.62を付けた。

この背景には先週米中通商交渉が閣僚レベルで暫定合意し、明日から予定されていた追加関税が先送りされたことと、今月末に期限が来る英国のEU.離脱=Brexit.に関して"合意無き離脱"の懸念が後退したことによるリスク・オン(投資家がリスクを取って新規投資に意欲を見せる傾向になる。)の動きが有る。

先々週は米国の経済データの内容が悪く、景気後退懸念が進んでリスク・オフ(投資家がリスクを嫌って新規投資を控え、既存投資の引き上げを図る。)の動きとなって高値108.46から安値106.49迄急落したのと真逆の動きとなった。

ニュースのヘッドラインに右往左往させられる状況が続くが、先週初めて書いた"ドル・円ランドスケープ"

http://www.trade-trade.jp/sakoh-landscape/

でも述べた様に、暫くは106円~109円のレンジと思っており、高値では買わずに売り、安値では売らずに買うと言うレンジ取引に徹したい。

 

  • はてなブックマーク
酒匂隆雄の「為替ランドスケープ
アメジスト香港オリジナル2020年版卓上カレンダープレゼント!
500円相当ビットコインプレゼント
アンケートに答えて500円相当のビットコインをゲット!
「これから始めるHSBC香港口座超入門書」2018年8月版
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレLINE@公式アカウント登録
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示