酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 経済ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

ドル円相場が134.55まで上昇。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

115円台から一気に131円まで上昇し、その後126円台まで急落したドル・円相場が再び騰勢を強め、今朝の東京市場で高値134.55を示現した。

 

つい10日前の126円台は何だったんだろう?

 

 ドル円週足 96.jpg

 (年初からのドル・円相場・週足・ローソク足・チャート。)

ドル・円相場は米国10年債利回りの動きと強い相関関係が有り、115円台の頃は米国10年債利回りは1.7%であったがその後どんどん利回りが上昇して131円台を付けた時は3.2%まで上昇した。

その後利回りが2.7%まで下落した時にドル・円相場も追随し、その時に戻り安値の126円台を付けたが、昨晩のニューヨーク市場で再び3%台を付けてドル・円相場も凡そ20年ぶりとなる134円台となったのである。

 

その他通貨に対するクロス・ベースでも円安が進み、再び円売り一色となったがこの背景には金利差拡大がある。

日銀は頑なにゼロ金利政策を続け、黒田日銀政策は"更なる金融緩和も辞さない。"と世界の時流とは全く逆の政策を遂行し、FRB.は3月の0.25%、5月の0.5%の大幅利上げの後今月も0.5%、そして来月も更に0.5%の利上げを行うことが確実視されている。

 

英国、カナダ、オーストラリアに続いて欧州も利上げに踏み切ると思われ、益々各国との金利差は拡大傾向にある。

 

4月の我が国の貿易収支は6884億円の赤字で、円安と資源価格高騰により益々その赤字は拡大するものと思われる。

 

金利差拡大や国際収支などのファンダメンタルズ悪化を見ると、どうも円を買う気にはなれない。

 

 

レベルは分からないが、意外や意外の大円安になる可能性も捨て切れなくなってきた。

酒匂隆雄の「為替ランドスケープ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示