酒匂隆雄が語る「畢生の遊楽三昧」

酒匂隆雄(さこう・たかお)

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で為替ディーラーとして外国為替業務に従事。
その後1992年に、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行。
さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長と歴任。
現在は、酒匂・エフエックス・アドバイザリーの代表、日本フォレックスクラブの名誉会員。

ブログランキング

  • にほんブログ村 為替ブログへ
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレスタッフブログ
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
トレトレLINE@公式アカウント登録

妥当な判決。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

2019年の4月に池袋で重大事故を起こし、母子2人がお亡くなりになり、9人が重軽傷を負った所謂"池袋・暴走事故"を引き起こしたじーさんに禁錮5年の実刑が言い渡された。

 このじーさん、最初の事情聴取の時は"アクセルとブレーキを踏み間違えたかも知れない。"と自供しながら、裁判では一貫して自分の非を認めずにあくまでも"車に何らかの異常が生じた。"と主張した。

恐らく弁護士の入れ知恵であろうが、ことも有ろうに"おかしいなと思って下を見るとアクセルが床まで下がっていた。"と取って付けた様な嘘をついて、流石に殆ど全国民の反感を買った。

 車を運転する人は分かるが、ああ言う状況で屈んでアクセルなんか見る余裕などは無い。

 亡くなられた3歳の莉子ちゃんがお父さんの誕生日に自分で書いた絵を渡してお父さんが大喜びをしているのを拝見して涙が出た。

ご本人も、お母さんも、そして残されたお父さんもさぞかし無念であったろう。

 裁判長は"年齢に拘わらず、運転者に求められる基本的な注意事務を怠った過失は重大だ。"と糾弾し、裁判で自分の過失を頑なに否定したじーさんの姿勢を"事故に真摯に向き合っていない。"と批判した。

多くの一般国民の総意を反映したコメントだと思う。

 自分がトヨタに勤めていたら、"経年劣化による車の不具合だ。"と主張したじーさんを名誉棄損で訴えるであろう。

 まあ、このじーさん、旧通産省工業技術院のお偉いさんで"上級国民"と呼ばれ、事故直後に逮捕を免れたくらいだから、トヨタは遠慮したか?

 

 さあ、このじーさん、最高裁に上告するか?

 

それとも素直に判決に従って余生を監獄で暮らすか?

 

 無残に殺されたお二人の事を考えると、監獄で生かしておくのも抵抗が有ると思うのは、筆者だけであろうか?

 それほどいけしゃーしゃーと自分の過失を認めようとしなかった(未だ上告していないので過去形。)このじーさんが憎い!

第8回「酒匂x川口のゴールデンアワー」~珍問・難問なんでもござれ、楽しい質問に回答します~

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示