川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

ドル/円、クロス/円、強気の流れ。押し目買い方針で。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日は午後から外出の予定です。朝のコメントの一部を掲載しておきますので参考になさってください。基本トレンドは円全面安です。欧州通貨が対米ドルでは下値抵抗を守っているので、ドル全面高とはなっていません。ドル/円、クロス/円が強きの流れ継続です。

ドル/円は2手連続陽線引けとなり、下値を急角度で切り上げています。トレンドが変化して日が浅いので浅い押し目を拾って流れについて行く方針で。

但し、11日に付けた110.80から昨日の112.60まで40ポイントの押し目がないまま既に180ポイントの上昇を見ており、ドル/円の短時間での一相場である180~220銭のターゲット内に入ってきました。このまま続伸に繋げた場合は113.10-20の抵抗を上抜け切れない可能性も高いと見られます。

 短期トレンドは110.50割れでニュートラルな状態に戻しますが、110円割れで終えない限り、大きく変化しません。

日足の上値抵抗は112.60-70、113.10-20、113.80-90に、下値抵抗は112.00-10、111.50-60にあります。

ユーロ/ドルは寄せ線に近い形の足となり寄り付き水準に戻して引けています。短期トレンドの変化が認められませんが上値を切り下げており、反発力が鈍い状態にあるので、買いは様子見か1.1600-10で押し目買い。損切りは短期トレンドをニュートラルな状態に戻す1.1540で撤退です。1.1500割れで終えた場合は下値リスクが高くなります。売りは様子見か、1.1780-90の戻りがあれば売り向かい。損切りは1.1820で浅めに撤退です。1.1850-60の抵抗をクリアした場合は一段の上昇に繋がり易くなります。

ユーロ/円は続伸。個々の足が強いものではありませんが、130円超えから新たな上昇トレンドに入っており、下値余地も限られ易い状態です。短期トレンドは129円割れで終えない限り、強気を維持します。今日の買いは130.70-80で押し目買い。損切りは129.80で一旦撤退です。売りは様子見です。強い下値抵抗は130.00-10、129.30-40にあります。

毎日暑いですね。体調に気を付けてください。良い週末をお過ごしください。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、新たな上昇トレンド入り。クロス/円、強気を維持。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が陽線引けとなり、この足が110~111円での狭い揉み合いから頭一つ抜け出してきました。短期トレンドは新たな上昇トレンドに入った可能性が高くなっています。週足の抵抗が111.60-70にあることから、週末の終値ベースでこれがサポートとなるか112円台で終えるかで一段の上昇か、或いは"ダマシ"となるかに注目しています。日足の形状が強いので買いは111.50-60での押し目買いとしています。損切りは110.40で撤退です。売りは111.60の損切りが付いたので様子見に転じています。短期トレンドは110円割れで変化します。可能性が低いと見ていますが111.00以下で終えた場合は昨日の陽線がダマシであった可能性が点灯します。

ユーロ/ドルは前日のタクリ足の陰線を打ち消して続落となりました。短期トレンドの変化が認められないので押し目買い方針継続としていますが、日足が若干下押す可能性があるので、買いは1日様子見か1.1610-20で押し目買い。損切りは短期トレンドをニュートラルな状態に戻す1.1540で撤退です。売りは様子見です。1.1650-60、1.1600-10に下値抵抗が、1.1740-50、1.1770-80に上値抵抗があります。

ユーロ/円は前日の小陰線を包んで陽線引けとなり、下値を切り上げる流れを維持しています。130円超えから新たな上昇トレンドに入っており、売りは様子見とします。買いは130.00-10以下の押し目待ち損切りは128.90で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/ドルは小反落。下げ余力の強いものではないことや1.3200-10の下値抵抗を実体ベースで守っており、短期トレンドの変化が認められません。買いは1日様子見か1.3200以下で買って1.3140で撤退です。短期トレンドの変化が認められないので売りは様子見です。

ポンド/円は7手連続陽線引けとなり、下値を切り上げる流れを維持しています。149~150円ゾーンの上値抵抗にも注意して押し目買い方針継続。買いは147.50-60の押し目待ち。損切りは146.40で撤退です。売りは様子見か150.20に損切りを置くなら148.90-00で軽く試し売り程度に。

豪ドル/円は83円超えの抵抗を上抜けられずに押し戻されていますが、82.00-10の下値抵抗に跳ねかえされていることや、日足の形状が安定しているので、再度83円超えの抵抗をトライする動きが強まっています。中期トレンドが弱いので買いは82.50以下の押し目待ちとします。損切りは82円割れ。売りは様子見か82.90-00を軽く売って、83.30で浅めに撤退です。

昨日のドル/円のチャートは一方向へ抜け出す可能性が高い形となっていましたが、トレンドに逆らって111.00-10を売って大失敗。短期トレンドが強きの状態でありましたが、トレンド変化の可能性もあったため、売り向かって111.60で損切りが付いてしまいました。気を取り直してドルの買い場探しに切り替えます。111円台の足元の弱さを残しているので来週中には一旦押す場面もありそう。クロス円も強い状態にあるので、円の独歩安の流れとなっています。相場にまだ勢いがあるのでドル/円、クロス/円は一両日は値ごろ感からの売りは控えた方がいいでしょう。

今日のお昼はシチロカのちびおにセット¥400とおかず1品追加で合計¥630也。今日のおにぎりは梅と煮あなご。小さいけどパワーのあるおにぎりでした。おかずはひじきの煮もの、トマトとキノコのお浸し風でした。相変わらず手抜きの無い美味しいおにぎりとおかずです。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13173136/

西日本の豪雨で亡くなられた方が200人を超えたとか..。被災された方々も復旧もままならず、暑い中で大変なご苦労をされていることと思います。特に老齢の方が多い地域はなおさらです。世界的な気候の変化はかなり前からですが、国の防災対策が追い付いていない状況は、大きな犠牲が出てからいつも明らかになります。国を守るためのミサイル購入に巨額のお金を費やす前に国内の防災対策や河川の反乱対策を早急にやって頂きたいものです..。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、クロス/円、短期トレンドは強気を維持。上値抵抗にも注意

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が111.00-10の上値抵抗を実体ベースで上抜け切れておらず、今日もこれを上抜け切れずに終えた場合は、一旦下押す可能性が高くなります。短期トレンドは"ドルやや強気"の流れにありますが、110.00-10の日足の抵抗を守り切れずに終えた場合は、下値リスクが点灯します。さらに値動きの中で109江慣れを見たら短期トレンドが変化して一段の下落に繋がり易くなります。ドル買いは110.40-50の押し目待ちとしています。損切りは109.40。ドル売りは111.00-10で売って111.60で一旦撤退です。

ユーロ/ドルはタクリ足の陰線引けとなり、下値トライに失敗した形です。下値を切り上げる流れを守っているので押し目買い方針継続としています。買いは1.1590で撤退。売りは様子見です。短期トレンドは1.1550割れでニュートラルな状態に戻しますが、1.1500-10の抵抗を下抜けて終えない限り、急落にも繋がり難いでしょう。

ユーロ/円は前日足から上寄りした位置に寄せ線に近い形の足が出ています。130円台に乗せており、強い状態を維持していますが、直近の日足が上昇余力の強いものではないので、買いは129.60-70の押し目待ちです。損切りは128.40で撤退。売りは昨日損切りが付いているので1日様子見としています。強い上値抵抗は130.90-00にあります。

ポンド/ドルは小陽線で続落を食い止めています。単体では上昇余力に欠けるものであること、1.3350-60、1.3390-00に強い上値抵抗が控えており、これにぶつかる可能性にも注意が必要でしょう。買いは1.3200-10の押し目待ち、損切りは1.3140で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/円は小幅続伸。下値を切り上げる流れを維持しており、押し目買い方針継続としますが、150円超えで越月するまでは下値リスクにも警戒が必要です。買いは146.50以下の押し目待ち。損切りは1.45.40で撤退。売りは様子見です。

豪ドル/円は反落、83円台乗せに失敗しています。下値を切り上げる流れを守っているので82.00-10での押し目買い方針継続としています。損切りは81.40で撤退です。売りは82.80-90で戻り売り。損切りは83.20で浅めに撤退です。

今日のランチはケンタッキーの「サンドセット」+コールスローサラダ(S)=¥810でした。初めて食べたケンタのコールスローは基本に忠実な味。飽きが来ない感じのさっぱり系でなかなか美味しかったです。Sサイズでちょうどいい感じ。熱々のカーネルポテトとチキンフィレサンドとお好みの飲み物がセットです。今日は暑いのでコーラにしました。なかなか美味しかったです。今日は同じことを考える人が多いのか珍しく行列が出来ていました。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13202177/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、クロス/円、上値余地を探る動き。上値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は陽線で切り返して上値余地を探る動きに繋げています。個々の足が強いものではないものの、110.40-50、110.00-10にやや強い下値抵抗が出来ており、110円割れで終えない限り下値余地も拡がり難い状態です。一方上値は111.00-10に日足の抵抗がありますが、これを上抜けて終えた場合は111.40-50、111.80-90にある一段と強い抵抗をトライする動きが強まり易くなります。但し、111.60-70に週足の上値抵抗があり、続伸した場合でも週足の終値はこの下に入り込む可能性があります。買いは110.40-50で押し目買い。損切りは109.40で撤退としています。損切りが付かない場合でも110.00割れで終えた場合は、下値リスクがやや高くなるので、買いは一旦撤退して様子を見た方がいいでしょう。ドル売りは111円台を売って111.60で一旦撤退です。短期トレンドは109.00割れで変化します。

ユーロ/ドルは寄せ線に近い形の足となりましたが、上ヒゲがやや長く1.1810-20の抵抗に届かずに押し戻されています。下値を切り上げる流れを維持しており、短期トレンドの変化が認められないので押し目買い方針継続としていますが、もう一段押す可能性が高いので、買いは日様子見です。或いは1.1580に損切りを置くなら1.1650-60以下で軽く押し目買い。売りは様子見か1.1800-10で戻り売り。損切りは1.1870で撤退です。短期トレンドは1.1550割れでニュートラルな状態に戻します。

ユーロ/円は小幅続伸。直近の日足が130.00-10の抵抗を実体ベースで上抜けており、新たな上昇トレンド入りの可能性が点灯していますが、"ダマシ"となる可能性を残しており、130円台の買いは様子見です。買いは1日様子見か129.00-10の押し目待ち。損切りは128.40で撤退です。売りは130.60の損切りが付いたので様子見です。

ポンド/ドルは実体が小さく上下にヒゲのある陰線引けとなりました。相次ぐ政府高官辞任にメイ首相の急伸力が弱まるとの見方が強まったためですが、ほとんどの与党議員がメイ首相を支持との報が伝わり買い戻されています。短期トレンドの変化が認められませんが、1.3360-70の強い上値抵抗にぶつかっており、反発余地が限られる可能性にも注意が必要です。トレンドの変化が認められないので火は1.3200-10で押し目買い。損切りは下値リスクが点灯する1.3140で撤退です。売りは様子見とします。

ポンド/円は十文字の寄せ線に近い形の足で終え、寄り付き水準に押し戻されていますが、下値を切り上げる流れを維持しているので押し目買いとします。買いは146.20-30の押し目待ち。損切りは145.40で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。売りは様子見です。

豪ドル/円は82円台に実体を置く陽線となり、揉み合いを上抜けた形となりました。日足は上値トライの動きが先行していますが、週足、月足ともに不安定な状態にあり、84.50超えで越週しない限り、下値リスクへの警戒も必要です。買いは8.20-30の押し目待ちとしています。損切りは81.80で浅めに撤退。売りは様子見か82.90-00を売って83.20で浅めに一旦撤退です。

今日のランチは、朝に食べ損なった、セブンイレブンのサンドイッチで取り敢えず急場しのぎ。というのも、エレベーターが故障してしまい、修理中だからなのです。オフィスは9階にあります。1Fに繋がる外階段が螺旋階段になっており、降りる時は足元から地面が垣間見えます。高所がやや苦手の私は上るのはまだいいのですが、降りるのが怖くて辛いのです。現在3:30pm。今日は夕食までお預けとなりそうな予感。普段の食事で十二分に栄養を蓄えているので、体調的には全く問題なしなのですが....。帰宅が階段で降りることになったらと思うといや~な予感。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、小動き。押しは一旦買い場となる可能性。クロス/円、強気。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が小陰線となりましたが、下げ余力の強いものではないので、大幅続落にも繋がり難い形です。短期トレンドが"ドルやや強気"の状態にあるので、押しは一旦買い場となる可能性も高いと見ていますが、一方で111.00-10に日足の上値抵抗があり、これを上抜けるほどの上昇エネルギーも感じられません。買いは110.00-10で買って108.90で撤退としていますが、日足の下値抵抗が109.80-90にあるので、これ以下で終わった場合は損切りが付かない場合でも一旦撤退して様子を見た方がいいでしょう。ドル売りは110.90-00で戻り売り。損切りは111.60で一旦撤退です。これが付いた場合でも111.70-80に週足の上値抵抗があり、これにぶつかる可能性にも注意が必要です。短期トレンドは109円割れで変化します。

ユーロ/ドルは続伸。1.1750-60の抵抗をクリアして短期トレンドをニュートラルな状態に戻していますが、1.1810-20、1.1850-60に強い上値抵抗が控えており、これをしっかり上抜けて来るまでは下値リスクにも警戒が必要です。短期トレンドは1.1500割れで再び変化します。1.17台の買いは様子見としています。下値抵抗は1.1710-20に軽い抵抗が、1.1660-70にやや強い抵抗があります。

ユーロ/円は小幅続伸。5/29に付けた124.62を起点として下値を切り上げる流れにありますが、上値も130.00-10の週足の上値抵抗を上抜け切れずに終えており、下値リスクを残した状態です。買いは無理せず128.60-70の押し目を待つか129.50-60の押し目を軽く拾って129.00で浅めに一旦撤退です。短期トレンドは127.50割れで終えない限り、変化しません。売りは様子見か130円超えを売って130.60で撤退です。

ポンド/ドルは陽線で切り返しており、この足が1.3244に位置する21日移動平均線を実体ベースで上抜けて、下値リスクが軽減された形となっています。1.3360-70にもう一段強い上値抵抗がありますが、1.34台乗せで越週出来れば、下値リスクが後退します。買いは1.3250-60以下で軽く拾って1.3190で一旦撤退です。短期トレンドは1.3100割れで変化します。売りは様子見です。

ポンド/円は続伸。下値を切り上げる流れを維持しており、売りは様子見としています。買い146.50-60で軽く押し目買い。損切りは145.90で一旦撤退です。短期トレンドは145円割れで変化します。

豪ドル/円は82円台に実体を置く陽線引けとなり、日足の形状がやや安定し始めていますが、中期トレンドがまだ弱いので買いは利食いをこまめに入れる方針で。買いは81.80以下で軽く買って、81.00で一旦撤退です。売りは様子見か83.10に損切りを置くなら82.60-70超えでの売り場探しで。

欧州通貨高/ドル安の動きが強まる中で円は、ドル高/円安トレンドに変化が生じておらず、結果的にクロス円が上昇傾向を強めています。ドル全面安か円全面安になるのか微妙なところですが、ドル/円の値動きが収縮し始めており、その方向性を決めるのはドル/円の動きとなりそうです。どちらに動きだしてもいいように、ドル円は売り買いともに慎重に。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示