川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

円安、株高の動き

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

日経平均株価は15連騰、ドル/円も113.00-10の下値抵抗まで届かずに反発に転じています。短期トレンドが強いのと、週足が113円台で終えたことで、上値余地がもう一段拡がり易くなっていますから、基本戦略はドルの押し目買い方針継続です。週足、月足の抵抗が115.00~115.50にあるので、これを一気に上抜けるのも難しいでしょう。日足の上値抵抗は113.80-90と114.60-70にあります。下値抵抗は113.00-10、112.70-80にあります。短期トレンドは112円割れで変化します。

ユーロ/ドルは弱気の流れに代わりありませんが、1.1730-40、1.1690-00に下値抵抗があります。戻り売り方針継続としますが、1.17台前半の売りは様子見としています。売りは1.1770-80で売って1.1830で一旦撤退するか、1.1850-60の戻り待ち。この場合の損切りは1.1910で撤退です。買いは様子見です。

ユーロ/円は陰線引けとなり下値トライの動きが先行しましたが、下値を攻めきれずに小反発に転じています。短期トレンドはニュートラルな状態ですが、134.50-60の抵抗をクリアした場合は上値余地がさらに広がり易くなります。逆に132.00±10銭の下値抵抗を下抜けて終えるか、131.50割れを見た場合は一段の下落に繋がり易くなります。買いは133.00以下で軽く買って132.80で撤退。売りは134.30-40の戻りを売って134.60で浅めに撤退です。

ポンド/ドルは小陽線で終え、上値余地を探る動きに繋げていますが、1.3250-60にやや強い抵抗があることや、上値を切り下げる流れに変化が認められないので、買いは様子見です。売りは1.3240-50で戻り売り。損切りは1.3310で撤退です。

ポンド/円は小反落。下値を切り上げていますが、150円台の抵抗をこなし切れておらず、152円台で終えない限り、下値リスクを残します。買いは148.80以下の押し目待ち。損切りは147.90で撤退です。売りは様子見です。

豪ドル/円は下値を切り上げる流れを維持していますが、89円超えの抵抗をクリアしきれておらず、下値リスクを残しています。買いは様子見か88.10-20で軽く拾って87.60で撤退。売りは様子見か89.20-30で売って89.60で一旦撤退です。

衆院選挙も自民圧勝に終わり、終わってみれば世論調査通りに。立憲民主党が短い期間の立ち上げにしては頑張ったと言えますが、小池党首率いる希望の党の失速でなんだか安倍独裁政権?を助けた形となってしまいましたね。今の自民党政権を否定する気はありませんが、暴走しそうになるのを止めてくれる野党不在はちょっと心配。小池都知事は、やっぱり都政より国政に興味があったんでしょうか。そんな印象を植え付けてしまいましたね..。株高は嬉しいけれど、高所恐怖症気味??月足の上値抵抗は22,500~22,600円にありますが、果たしてそんなに上げられるのでしょうか。9月の立ち上げから2か月とすれば11月5-6日まではなんとか持つか?!

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、新たな上昇トレンド入り。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は週末の日足が113.50超えで終えており、112~113円ゾーンでの狭いレンジ内から抜け出しています。今週はもう一段上値余地が拡がる可能性が高くなっており、基本戦略はドルの押し目買い方針継続です。114.50~115.50ゾーンの抵抗を抜けるにはまだ時間を要すると見られますが、短期トレンドが強い状態にあるので、113.00-10の押し目買い方針で。損切りは112.40で一旦撤退です。売りは様子見です。時間足の下値抵抗は113.50-60にあり、数時間単位ではこれがサポートとなりそうです。

ユーロ/ドル反落。上値を切り下げる流れに変化が認められないので買いは引き続き様子見としています。売りは1.1850-60の戻り待ち。損切りは1.1910で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。1.1740-50、1.1710-20に下値抵抗があります。

ユーロ/円は小陰線で終え、下値を切り上げていますが、134.30-40の抵抗を実体ベースで上抜けるか、134.50-60の抵抗をクリアするまでは下値リスクを残します。売りは様子見か134.60で撤退です。買いは様子見ですが、先週の値動きの中で132.00±10銭に強い下値抵抗が出来ており、132円割れで終えるか131.50割れを見ない限り、下値余地も広がり難い形です。

ポンド/ドルはタクリ足の陽線で切り返しており、下値トライに失敗した形ですが、1.3250-60にやや強い上値抵抗が出来ており、1.33台を回復しない限り、下値リスクに警戒が必要です。買いは様子見です。売りは1.3250-60で戻い売り。損切りは1.3310で撤退です。

ポンド/円は前日の陰線の値幅を切り返す陽線が出て、上値トライの動きが先行しています。150円台乗せを見て日足の形状がやや強気に変化していますが、ダマシとなる可能性にも注意が必要です。買いは149.30-40の押し目待ち。損切りは短期トレンドが変化する147.90で撤退です。売りは様子見です。

豪ドル/円は下値を切り上げる流れを維持していますが、個々の足が強いものではないので買いも慎重に。買いは1日様子見か88.20に損切リを置くなら88.60-70以下で軽く買い狙い。売りは様子見です。89.20-30にやや強い上値抵抗があります。

先週の金曜日、2か月振りに品川駅前ビルの地下にある「鳥てる」さんへ行ってきました。お任せの9本コース。お通しに始まってささみのわさび乗せ、つくね、レバー、はつ、砂肝、手羽先、もも、ウズラの串など。肉みそと野菜のスティックが箸休めに出ますが、このお味噌がニンニク風味なのですがめちゃめちゃ美味しくお酒が進みます。そしてお代わりしたくなるウズラの串焼き。卵の半熟感としょうゆだれで焼いた白身が絶妙です。これも毎回楽しみな1本。このお店、なかなか電話がつながらない、というより6:00~6:30pmに翌週の金曜日までの予約を受け付けるということなのですが、電話が繋がらないのと、すぐに予約がいっぱいになるので、予約困難なお店なのです。というわけで、行った時に次の予約を入れて帰ることにしています。ご主人ひとりでやっているので6:30pm以降は電話が繋がらなくて当たり前。ご主人はひたすらお肉と向き合って焼きに徹していらっしゃいます。鳥の処理はもちろん丁寧ですが、焼き加減、出す頃合いもばっちり。1本のボリュームが他のお店よりかなり大きめだと思います。最初のささみを食べるともうお腹がいっぱいになった気分に襲われますが、そのうちに次の1本が楽しみになり、最後までおなかに収まってしまうから不思議です。〆に親子丼を食べているグループがありました。満腹で食べれるかどうかわかりませんが、次回はこれにも挑戦したいと思います!!

https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13014051/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、強気を維持。上値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が陰線引けとなりましたが、下値を切り上げる流れには変化が認められません。ドル買いは1日様子見か111.40で一旦撤退です。売りは様子見です。113.20超えの越週で上値トライの動きが継続、111.70-80以下で終えた場合は下値リスクが点灯します。

ユーロ/ドルは続伸。下値を切り上げていますが、1.2092を直近高値とするレジスタンスラインを上抜けていないので、下値リスクにより警戒が必要です。買いは様子見です。売りは1.1860-70で戻り売り。損切りは1.1910で浅めに一旦撤退です。

ユーロ/円は下ヒゲがやや長く実体の小さい陽線引けとなり、下値トライに失敗して引けています。この反動で上値トライの動きが先行していますが、133.70-80に日足の上値抵抗が控えており、これを上抜け切れない可能性にも注意が必要でしょう。買いは様子見。売りは133.70-80で売って134.30で撤退です。

ポンド/ドルは続落。1.3100-10にの下値抵抗を守っていますが、日足の形状が悪化しているので買いは様子見か1.1080で一旦撤退です。売りも様子見です。1.3250-60に強い上値抵抗があります。

ポンド/円は高値圏から陰線が出ており、下値リスクが高い形です。下値抵抗を守っていますが147円割れを見たら短期トレンドの変化に要注意。

豪ドル/円は下値を切り上げる流れを維持していますが、強い上昇エネルギーも感じられないので買いは1日様子見です。売りは89.20-30で戻り売り。損切りは89.60浅めに撤退です。

昨日は甘酒横丁にある「マンツォビーノ」に行ってきました。二度目です。イルバンボリーノが残念ながら閉店になってしまったので(9月の台風でダクトが落ちてしまい工事に時間とお金がかかりすぎるようです。)イタリアンもあるこちらのお店に行きました。今回はランプ肉の塊をシェフにじっくり焼いていただく間に、サラダや、ピクルス風のナムル、カルビとランプを焼きながら赤ワインとともに。こちらのタレは、しょうゆベース、玉ねぎとレモンなどのさっぱりソース、そして白みそと青唐辛子を練ったものなどがあり、どれもお肉によく合います。私はどちらかというと内蔵系はあまり得意でないので、赤身肉を焼いていただいたのがとっても美味しかったです。甘いタレでないのも気に入りました。なので、焼肉屋さんのイメージだとちょっと違うかも。〆はカルボナーラとパスタの量を減らしていただいたアラビアータ風にしました。イタリアンも味わえる焼肉屋さんというのが結構気に入っています。匂いも付かず、お店のレイアウトも粋な感じです。お手軽なランチは色部位を楽しめるコースもあるので試してみてもいいかもしれませんね。

http://manzovino.freya.weblife.me/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、クロス/円、続伸。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が高値圏で引ける陽線となり、この足が10/6に付けた113.44を起点として上値を切り下げて来た短期レジスタンスラインから上抜けています。強い上値抵抗ポイントにあるので急伸にも繋がっていませんが、短期トレンドの変化が認められないので押し目買い方針継続としています。買いは112.80-90で軽く買って損切りは112.20で一旦撤退。売りは様子見です。上値抵抗は113.10-20、113.40-50に、下値抵抗は112.40-50にあります。112円割れで越週した場合は下値リスクが点灯、113.20超えで越週するか113.50超えに日足の実体を乗せた場合は上値余地がもう一段拡がり易くなります。

ユーロ/ドルは小反発。上値を切り下げる流れに変化が認められませんが、1.1740-50にやや強い下値抵抗ができており、これを割り込んで来ないと下値余地も広がり難い形です。買いは様子見です。反発余地が若干拡がる可能性が高くなっているので、売りは1日様子見か1.1860-70で戻り売り。損切りは1.1920で撤退です。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻しますが1.2050-60の抵抗を実体ベースで上抜けて来るまでは下値リスクを残します。

ユーロ/円は高値圏で引ける陽線引けとなり、133円台に実体を戻していますが、134.30-40の抵抗をしっかり上抜けて来ない限り、下値リスクにより警戒が必要です。買いは様子見か131.40に損切りを置くなら132.00-10で軽く押し目買い。売りは損切りが付いたので1日様子見か133.70-80で売り向かい。損切りは134.20か深い場合は134.50で撤退です。

ポンド/ドルは1.3150-60の抵抗に跳ね返されて陽線引けとなりましたが、日足が上値を切り下げる流れの中にあるので1.3250-60、1.3300-10の上値抵抗にぶつかる可能性にも注意が必要でしょう。買いは1.3170-80で押し目買い。損切りは1.3090で撤退としています。これが付いた場合は再び下値リスクが高くなります。売りは様子見です。

ポンド円、豪ドル円は短期は強気の流れを守っていますが。89円台、150円近辺の上値抵抗にぶつかる可能性にも注意が必要です。

NZは対ドルで0.72の壁にぶつかった反動で急落しており、NZ円もこれにつれる動きとなっています。NZ円も81円が壁となった可能性が高いので下値リスクにより警戒が必要です。

豪ドル円やNZ円に関しては『FX羅針盤』に週刊見通しがあります。こちらは今日遅くか、明日にはアップされていると思いますので参考になさってください。

さて、今日のお昼は久しぶりにCOCO壱番館のカレーをテイクアウトしました。風が冷たかったので待ち時間が少なそうな海の幸カレーにしました。¥732 カレーの味は変わっていませんでしたが、お米の味がいつもより甘みがない感じ。最近、田舎の新米を送ってもらって食べていたのでそのせいかもしれませんが..。ごはんもカレーも美味しかったのでちょっと不満が...。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、クロス円、小動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドルは総じて全面高の状態。ドル/円についてはもみ合いを抜け出しておらず、上下の抵抗を抜け切れていませんが、日足のボリンジャーバンドが収縮し始めているので一方向へそろそろ抜け出してもおかしくありません。短期トレンドはドル強気の流れを維持しています。売りは様子見。買いは111.80-90で押し目買い。損切りを浅くするなら111.40、深い場合は110.90で撤退です。これが付いた場合は一段の下落リスクに要注意。113円超えの越週で一段のドル上昇へ。112円割れで越週した場合は下値リスクを残します。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり上値を切り下げる流れを変えていません。個々の足が下げ余力の強いものではないので、小反発の可能性を残していますが、1.19台に値を戻さない限り、下値リスクがより高い状態です。買いは様子見です。売りは1.1800-10で戻り売り。損切りは浅い場合で1.1870、深い場合は短期トレンドをニュートラルな状態に戻す1.1910で撤退です。1.1860-70に強い上値抵抗が、1.1700-10に下値抵抗があります。

ユーロ/円は小反落。下げ余力の強いものではありませんが、日足の形状が悪化しており、一段の下落リスクに注意が必要です。買いは様子見。売りは132.20-30で売り向かい。損切りは133.10で一旦撤退です。これが付いた場合でも134円台に日足の実体を戻さない限り、下値リスクがより高い状態です。日足の上値抵抗は132.80-90に、週足の下値抵抗は130.00-10にあります。

ポンド/ドルは続落となりました。日足の形状が悪化しているので買いは様子見か1.3150-60で押し目買い。損切りは下値リスクが点灯する1.3090で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/円は陰線引けとなり、日足の形状が悪化していますが、短期トレンドの変化が認められないことから、売りは様子見とします。買いは147.50-60で軽く押し目買い。損切りは下値リスクが点灯する146.90で撤退です。

豪ドル/円は小動き。88.60-70と87.00-20の上下の抵抗を抜け切れていないので売り買いともに基本は様子見です。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示