川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

ドル円は一段の下落リスクが点灯中。クロス/円、上値の重い展開に

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は108.00割れを見て新たな下落リスクが点灯中です。朝方は109円台での戻り売り方針としましたが、ここまで戻りきれずに108.00超えが上値抵抗として働く可能性が高くなっています。買いは様子見です。売りは1日様子を居るか攻めるなら108.00-10で戻り売り。損切りは109円超えに置く必要があります。週足の上値抵抗が109.70-80にあり、これを上抜けて終えない限り、下値リスクが軽減されません。またこれを上抜けた場合でも、短期トレンドは110.50超えに日足の実体を戻さない限り、変化しません。日足の上値抵抗は108.50-60、109.40-50に、下値抵抗は107.20-40にあります。

ユーロ/ドルは1.20台に実体を置く陽線引けとなり、短期トレンドをニュートラルな状態に戻しています。1.2100の壁を上抜けきれない可能性にも注意が必要ですが、上値トライの動きが期待できるので1.2020-30で軽く押し目買い。損切りは1.1930で撤退。或いは来週以降の1.1970-80の押し目待ちとします。この場合の損切りは1.1890で撤退です。売りは損切りが付いたので様子見に転じます。

ユーロ/円は小幅続伸。上ヒゲがやや長く上値トライに失敗した形となったことから、今日の上値トライにも限りがあると見られます。現状は129円台の下値抵抗も守っていますが、129円割れで終えた場合は下値リスクが点灯、128円割れで越週した場合は、一段の下落リスクに注意が必要となります。逆に131.50-60の抵抗を上抜けて終えれば一段の上昇へ。買いは様子見です。売りは131.00-10で戻り売り。損切りは131.60で撤退としています。

ポンド/ドルは1.3060-70の抵抗を上抜けて一段の上昇に繋がっていますが、1.32台乗せから1.33台前半に強い上値抵抗が散在しており、これを消化し切れない可能性にも注意が必要です。買いは1.3050-60の押し目をゆっくり待って1.3030で浅めに一旦撤退するか、1.3100-10で軽く買って1.3040で撤退です。売りは様子見です。

ポンド/円は強気の流れを維持していますが142円台半ば超えの抵抗を上抜けきれておらず、143円台に実体を乗せて来るまでは下値リスクにも注意が必要です。買いは140.90で撤退。売りは様子見です。

豪ドル/円は日足は強気の流れを維持していますが、86~88円のレンジ内での揉み合いとなっており、売り買いともに引き付けて。利食いも着実に。

今日のランチは新聞広告の割引券を利用して、皆でケンタッキーフライドチキンのセットメニューにしてみました。私は月見チキンフィレサンドとついスターポテトのセット¥¥620にしました。ケンタッキーのバーガーは初めて食べましたが、しつこくなくてチキンもさっくり美味しいです。ごまバンズにレタス、チキンフィレ、目玉焼きがはさんであり、マヨネーズベースのソースですが、さっぱりした味でもたれることもなくすっきり収まった感があります。ポテトもスクリューカットしたものを揚げているせいか、ふかふか感があってなかなかイケます。次回は和風チキンカツサンドをトライしてみようかなぁ..。

https://www.kfc.co.jp/menu/detail/?menu_id=543

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
日産証券主催の経済セミナー

ドル/円、クロス/円、小動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円はアメリカの債務上限引き上げが3カ月延長されたことを好感して109円台前半に戻して引けていますが、上値を切り下げる流れに変化が認められず、引き続き下値リスクがより高い状態に変わりありません。現状は108円台の下値抵抗も守っていますが、108円割れを見た場合は一段の下落に注意を要します。ドル買いは様子見か107.90に損切りを置くなら引き付けて軽く試し買い程度に。売りは109.50-60で戻り売り。損切りは110.60で撤退としています。日足の上値抵抗は109.50-60、109.80-90、110.50-60に、下値抵抗は108.70-80、108.00-10にあります。

ユーロ/ドルは値幅の小さい足で終え、下値を切り上げる一方で、上値抵抗も抜けきれておらず、下値リスクを残した状態です。買いは様子見。売りは1.3010で撤退としています。1.1800-10に下値抵抗が、1.1950-60に上値抵抗があります。

ユーロ/円は陽線で切り返しましたが上値を切り下げる流れには変化が認められません。129.30-40の下値抵抗も守っているので突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見。売りは130.50-60超えで売って131.60で撤退としています。128円割れの越週とならない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。

ポンド/ドルは続伸。短期トレンドは上値トライの流れにありますが、1.33台超えで越週しない限り、買いも慎重に。短期トレンドが強気の流れにありますが、買いは1.2980-90の押し目待ちとしています。損切りは1.2920で一旦撤退。売りは様子見です。

ポンド/円は陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げています。短期トレンドが強いものの、142円台半ばの上値抵抗をクリアし切れておらず買いも慎重に。買いは142.10-20で軽く押し目買い。損切りは140.90で撤退です。売りは様子見です。

豪ドル/円は日足は上値トライの可能性を維持。但し、揉み合いを抜け切れていないので買いは87.00-10で軽く買い狙い。損切りは86.40で撤退。売りは様子見です。

昨日は何年振りかで築地の「旬味亭 満」へ行ってきました。築地小学校のすぐそばです。全く変わらぬ佇まい。古いスタイルの割烹+居酒屋風の感じですが、妙に落ち着きます。オジサン達の憩いの場という感じですがお料理はかなりまとも。昨日はまず、イナダとさんまのお刺身をチョイス。盛り合わせも美しくお魚も美味しかったです。これにマグロのほほ肉の唐揚げ。(ふわふわでなかなか美味)、居酒屋の定番の栃尾の薄揚げ焼き、シーザーサラダ(ボリュームあり)、イカゲソの炒め物など。〆に明太子高菜チャーハンまで食べてしまいました。高菜が古漬け風で明太子との相性がとてもよかったです。お酒にも意外と合います。ハイボールから始まって、日本酒の「作」に切り替えて一人1.5合ほど。食べて飲んで一人5000円でおつりが来る感じです。デート向きではありませんが、近しい仲間やオジサン、オバサンのグループにはいいかも。但し、分煙にはなっていないようなので、近くにヘビースモーカーが居た場合はちょっときついかも。

https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13033241/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
日産証券主催の経済セミナー

10/14(土)日産証券主催の経済セミナー(会場)で若林が講師を務めます

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

10/14(土)に日産証券主催の会場セミナーがイイノホールで開催されます
「日産証券特別感謝DAY講演会2017・秋  『投資力を磨く』」
と題するセミナーにて若林が講師を務めます。
また、質問コーナーでは皆様から寄せられた質問に、若林・川合がお答えします。

トランプ政権の政策実行力への懸念や、地政学的リスクなどで金融市場も揺れ始めています。このセミナーでは、国際経済や株、為替などの金融相場のスペシャリストも登壇されますから皆さまの資産保全や投資戦略のヒントとなるお話も満載なのではないかと思います。どなたでもご参加いただけますので、是非ご参加ください。

詳細、お申込みは下のURLからご覧ください。

http://seminar.nissan-sec.com/list/20171014.html

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
日産証券主催の経済セミナー

ドル/円、下げ渋り。クロス/円。小じっかり。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は前日足から下寄りした位置に実体の小さい陰線が出ており、反発力の鈍い形となりましたが、109台の下値抵抗も守っており、109円割れの越週か108円割れを見ない限り、突っ込み売りにも注意する必要があります。買いは109.10-20で押し目買い。損切りは108.40で一旦撤退です。売りは様子見か110.50-60の戻り待ち。損切りは111.10超えで撤退としています。短期は上値トライの可能性を残した状態ですが、中期トレンドが弱いので飛びつき買いにも注意が必要でしょう。日足の上値抵抗は110.60-70に、下値抵抗は109.10-20にあります。

ユーロ/ドルは小陽線で続落を食い止めていますが反発余力の強いものではないことや、上値も切り下げており、短期的な戻り売りの流れを変えていません。1.1910-20での戻り売り方針継続としています。損切りは1.2010で撤退。買いは様子見か1.1800-10まで引き付けて。1.1780で浅めに撤退です。

ユーロ/円は前日足から下寄りした位置に寄せ線に近い形の足が出ています。上昇余力の強いものではありませんが、調整下げの範囲内に留まっており、上値トライの可能性に繋げているので売りは様子見です。買いは130.10-20以下で拾って129.40で一旦撤退です。128円割れで終えない限り、突っ込み売りにも注意が必要です。

ポンド/ドルは小反落。下値を切り上げていますが、1.30台を回復しない限りは下値リスクにも警戒が必要です。買いは様子見。売りは1.2970-780の戻り待ち。損切りは1.3010で浅めに撤退です。

ポンド/円は反落。下値を切り上げる流れを維持していますが142円台半ばの上値抵抗を抜け消えていないので、上値を追い切れない可能性にも注意が必要です。買いは141.10-20で押し目買い。損切りは140.40で撤退。売りは様子見です。

豪ドル/円は揉み合いの域を抜け切れていませんが、下値抵抗を守っているので87.00-10で押し目買い。損切りは86.40で一旦撤退。売りは様子見か87.70-80で戻りうり。損切りは88.20で一旦撤退です。

今日のランチは堀留町にあるとんかつ屋さん「衣浦(きぬうら)」でヒレカツ弁当のテイクアウト。お味噌汁が付いて¥900です。ライスに小梅、別のパックにはキャベツを敷き詰めた上にヒレカツが3枚、ソースと洋からしが付いてきます。久し振りにがっつりしたお弁当を食べてお腹の虫もすっかり納まりました。ヒレカツなのでさっぱり頂けました。でもお腹はまだ満腹状態です。お店でも頂けますが外の自販機で食券を購入して入るスタイルです。他にテイクアウトは海老フライや、ロースかつ、チキンカツ弁当もあります。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13038347/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
日産証券主催の経済セミナー

ドル/円、地政学的リスクで反落。押しは一旦買い場となる可能性。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は北朝鮮の核実験報道で、朝方のシドニー市場で一時109円台前半まで値を下げて東京市場では109円台後半で寄り付きました。NY市場が休場となるため上値を追い切れずにジリ安の展開となっていますが、日足、週足共に上値トライの可能性を残しており、押しは一旦買い場となる可能性が高いので、突っ込み売りに注意が必要でしょう。

今日のドル買いは109.20-30で押し目買いとしています。損切りは108.40で撤退です。売りは様子見か110.50接近場面があれば戻り売り。損切りは111.10で撤退です。109円割れの越週か、108円割れを見た場合は新たな下落リスクが生じます。日足の抵抗が110.60-80にありますが、実体ベースで上抜けて来れば一段の上昇に繋がり易くなります。

ユーロ/ドルは上ヒゲの長い陰線引けとなり、上値トライに失敗した形です。1.1800-10の下値抵抗も守っていますが、下値リスクがより高いので買いは慎重に。売りは1.1900-10で戻り売り。損切りは1.20超え。買いは様子見か引き付けて。1.1780で撤退です。

ユーロ/円は小幅続落。単体では下げ余力の強いものではないので突っ込み売りに注意が必要です。買いは130.10-20以下で押し目買い。損切りは129.40で一旦撤退です。128円割れで越週しない限り、急落にも繋がり難いでしょう。売りは様子見とします。

ポンド/ドルは陽線引けとなり、上値を切り下げる流れから若干上抜けかけていますが、上昇と力の強いものではないので、ダマシの可能性に注意が必要です。売りは様子見か1.3010で撤退。買いは様子見です。

ポンド/円は小陽線で終え、下値を切り上げる流れを守っていますが、142円台半ばの重要ポイントを上抜けきれていません。買いは141.10-20の押し目を待って軽く買い狙い。損切りは140.40で撤退です。売りは様子見とします。

豪ドル/円は続伸。日足は下値を切り上げる流れを維持していますが、88円超えに強い上値抵抗があることや86~88円の揉み合いとなる可能性があるので、買いは様子見か86円台を買って86円割れで撤退です。売りは様子見とします。

昨日は、久し振りに小田急ロマンスカーを利用して小涌園近くにある「岡田美術館」に行ってきました。前回見逃した喜多川歌麿の「深川の雪」、そして同時公開は初めての「吉原の花」も見ることが出来ました。入館料が割引券を使っても2600円とややお高いせいか、日曜日にも拘らずそれほど混んでおらずゆっくりと見ることが出来ました。レプリカですが、三部作とされる「品川の月」も並列されており、なかなか見ごたえがあります。

やはり吉原の花は、色町らしく華やかな色合い。引手茶屋の二階の様子と前を通る人々が描かれていますが、寛政の改革に入ってから描かれたものとされており、贅沢禁止令を風刺したものとも言われているそうです。深川の雪は、吉原の花からさらに10年ほど後に描かれているので、芸者さんの着物の色はかなり地味な感じ、でも半襟や裾よけは明るい色や柄で工夫しており、とてもおしゃれな感じです。こちらは辰巳芸者のセンスの良さが感じられるとても見ごたえのある作品。百聞は一見にしかず。是非ご覧になって頂きたい作品でした。また行きたいと思います。10月末頃までの公開です。

http://www.okada-museum.com/exhibition/archives/504

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
日産証券主催の経済セミナー

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示