川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

ドル/円、一時107円割れ。クロス/円上値の重い展開続く。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が108円割れで引ける陰線となり、新たな下落リスクが点灯中です。107.20-30の抵抗をすり抜けて一時106.84近辺まで急落しましたが、現在は107円台に値を戻しています。新たなドルの下落リスクが生じており、108.00超えでの戻り売り狙いで。吹き値があった場合の上値余地を108.50近辺まで見て置く必要があります。損切りは109.10で一旦撤退です。短期トレンドは109円台に値を戻せばニュートラルな状態に変化しますが、週足の上値抵抗が110.60-70にあり、これを上抜けて越週しない限り、下値リスクは軽減されません。今日の買いは様子見としています。

ユーロ/ドルは陽線引けとなり、直近の日足が短期的なレジスタンスラインを若干上抜けて終えていますが、週足が上値を切り下げる流れから上抜けておらず、ダマシとなる可能性が高い状態です。買いは様子見です。売りは若干上値余地が拡がる可能性が生じているので、1日様子を見るか1.2410で一旦撤退としています。

ユーロ/円は反落。タクリ足の陰線となり、下値トライにも失敗していますが、上値を切り下げる流れに変化が認められないので133.30-40での戻り売りとしています。損切りは134.60で撤退です。買いは様子見です。

ポンド/ドルは小幅続伸。上値を切り下げる流れからは抜け出していないので1.3920-30で戻り売り。上値余地を1.3930近辺まで見て置く必要があります。損切りはニュートラルな状態に戻す1.4010で撤退です。買いは様子見です。1.3850-60に軽い抵抗が、1.3800-10にやや強い下値抵抗があります。

ポンド/円は反落。149.00近辺の下値抵抗を実体ベースで守って引けていますが、トレンドが弱いので買いは様子見です。売りも1日様子見です。短期トレンドは151円台を回復しない限り、変化しません。

豪ドル/円は反。84.00-20に強い下値抵抗がありますが、トレンドが弱いので買いは様子見です。売りは85.40-50の戻り待ちとしています。

昨日の夜は浜町の「神港」さんに立ち寄って暖かいお惣菜とついでに熱燗も1本。ほぼオジサン状態。突出しに、いつものおつまみの盛り合わせの一皿(これだけでお酒1本終わってしまう位ちょこちょこと多種類のおつまみが乗ってきます)の他に、大きなカブの薄切りを酢漬けにしたものも出されました。ちょとピリッと赤唐辛子の辛さが来ます。株は甘くて美味しいです。富山のかぶら寿司に使うのと同じ位の大きさです。さて、オーダーしたのは、ぎんなんと里芋のから揚げ、フライの盛り合わせ、昨日はカキフライ、マグロ、それにもう1品付いてました。衣が細かくてカラッと揚がっていてとっても美味しいです!!。それにブリ大根。大根に味が浸みていますが、濃い味付けではなくブリとの相性も抜群。自分で作るとこれだけで終わってしまいますが、色々なものを少しずつ頂けるのは有り難いですね。これで¥3600でした。満足度が高いお料理です。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13138339/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、クロス/円、上値の重い展開

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は朝方上寄りのスタートとなった日経平均株価が反落、結局先週末の終値を割り込む陰線引けとなったことを受けて、リスク回避的な円買い動意がやや強まっています。108.00割れで終えた場合は新たな下落リスクに注意が必要です。短期トレンドは110円台を回復できれば下値リスクが軽減されますが110.50-60の抵抗をクリアしない限り、大きく変化しません。買いは様子見か108.10-20で軽く買って107.80で浅めに撤退。売りは108.70-80の戻りを軽く売って109.10で浅めに撤退するか、109.50-60の戻り待ちです。この場合の損切りは浅い場合で110.20、深い場合は短期トレンドが変化する110.60で撤退です。

ユーロ/ドルは小陽線で終えていますが、強い上昇エネルギーが感じられず、また、上値を切り下げる流れにも変化が認められません。1.2450超えに値を戻さない限り、基本は戻り売り戦略で。買いは様子見。売りは1.2410で一旦撤退です。上値抵抗は1.2340-50、下値抵抗は1.2200-20にあります。

ユーロ/円は小幅続伸。単体では上昇余力の強いものではないことや、134円割れを見て短期トレンドが変化しており、下値リスクがより高い状態です。買いは様子見。売りは133.90-00で戻り売り。損切りはニュートラルな状態に戻す134.60で撤退です。

ポンド/ドルは小反発。トレンドが弱いので買いは様子見です。短期トレンドは1.40台を回復しない限り、変化しません。

ポンド/円は寄せ線に近い形の足で終え、寄り付き水準に戻して引けていますが、上値を切り下げる流れに変化が認められないので買いは様子見としています。売りは150.60-70を売って151.10で一旦撤退。これが付いた場合は一旦底打ちした可能性が点灯します。

豪ドル/円は85.00-10の抵抗を守って引けていますが、日足、週足ともに形状が弱いので買いは様子見です。売りは85.60-70で戻り売り。損切りは86円超えで一旦撤退です。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、クロス/円、小反発。上値抵抗に注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が陰線ヒゲとなりましたが、下げ余力の強いものではないので、下値を攻めきれない可能性があります。トレンドが弱い状態には変わりなく、108.50割れで終えた場合や108.20-30の抵抗を下抜けた場合は一段の下落リスクが生じます。逆に110.50-60の抵抗をクリアした場合は短期トレンドが変化してドルの上値余地がさらに拡がり易くなります。売りは109.90-00で戻り売り。損切りは110.60。買いは様子見か引き付けて。108.40で撤退です。日足の下値抵抗は108.90-00と108.20-30にあります。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、直近の足が下値を切り上げる流れに変化を生じさせています。中期トレンドが強きの流れを維持しており、急落には繋がり難いと見ていますが、1.2200-10の下値抵抗をトライする動きが強まると見ています。売りは1.2290-00を軽く売って、1.2370で一旦撤退です。買いは様子見に転じます。

ユーロ/円は大陰線が出ており、下値リスクの高いものです。終値ベースで134.00-10の下値抵抗を守っていますが、日足の形状が悪化しているので買いは様子見です。売りは134.80-90で戻り売り。損切りは136.10で撤退です。

ポンド/ドルは陰線引けとなりトレンドの弱さは変わらずです。売りは1.3930-40の戻り待ち。損切りは1.4010で撤退です。短期トレンドは1.4050超えに値を戻さない限り、変化しません。買いは様子見です。

ポンド/円は前日足から上寄りのスタートとなりましたが、上値を追い切れずに陰線引けとなりました。151.20-30の下値抵抗にも跳ね返されていますが、下値リスクがより高いので買いは様子見です。売りは152.50-60で売って153.60で撤退としています。

豪ドル/円は引き続き下値リスクがより高いので買いは様子見です。84.60~85.00ゾーンに強い下値抵抗があります。売りは85.90-00で売って86.60で一旦撤退です。

さて、今日のランチは最近はまっている佳華の中華弁当。今日は黒チャーハン(中華醤油のことらしいです)となぜかカレー、麻婆ナスがセット。それに焼売と搾菜は変わらずです。カレーはハッカクの香りがしますが、味は普通の優しい家庭のカレーの味です。具材は人参、鶏肉(柔らかく美味しい)、ジャガイモ、玉ねぎが入っています。チャーハンとケンカせずなかなかイケてます。¥500はかなりお得感有りです。ランチもやっています。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13049298/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、上下の抵抗を抜け切れない状態。110.50超えで変化。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル円は直近の日足がタクリ足の陽線引けとなり。下値トライに失敗した形ですが、週足の抵抗が110.50-60にあり、これを上抜けて越週しない限り、下値リスクにより警戒が必要です。日足の上値抵抗が110.20-30にあり、これを上抜けて終えれば下値リスっくが軽減されます。110.50-60の抵抗をクリア出来れば短期トレンドが変化して上値余地がもう一段拡がり易くなります。逆に108.50割れで終えた場合や、108.20-30の抵抗を下抜けた場合は一段の下落リスクに要注意。買いは様子見か109.10-20以下で軽く買って108.40で撤退。売りは110.60で撤退です。

ユーロ/ドルは寄せ線に近い形の足で終えていますが、下ヒゲがより長く1.2300-10の下値抵抗を守った状態です。上値も切り下げているので攻め難いところですが、トレンドの変化が認められないので、1.2290に損切りを置き1.2350-60以下で押し目買いとしています。損切りが付いた場合は短期トレンドの変化に要注意。

ユーロ/円はタクリ足の陽線が出て続落を食い止めています。前日の大陰線の影響で上値抵抗を抜け切れない可能性により警戒が必要ですが134.00-10の抵抗を守っているうちは突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見か134円台前半まで引き付けて、133.40で撤退です。これが付いた場合は一段の下落リスクに要注意。売りは136円台乗せで売り向かい。損切りは137.10で撤退です。

ポンド/ドルは寄せ線に近い形の足となりましたが、下ヒゲがより長く下値トライに失敗した形です。一方で上値を切り下げる流れにも変化が認められず、1.4050超えに日足の実体を戻すまでは戻り売り方針継続とします。買いは様子見です。売りは1.4060で撤退です。

ポンド/円はタクリ足の陽線で続落を食い止めていますが。上値を切り下げる流れに変化が認められないので、買いは様子見です。売りは153円台での売り場探し。154.20で撤退です。151.20-30にやや強い下値抵抗があります。

豪ドル/円は下値リスクが高い状態にあるので買いは様子見か85円割れに損切りを置くなら85.50以下で軽く試し買い。売りは87.10で撤退です。

クロス/円が全般的に弱い状態にあるので、円高の動きに注意する必要があります。

さて、今日はケンタッキーのチキンバーガーとポテト、ドリンクセットにしてみました。¥590です。カーネルポテトが時々無性に食べたくなります。今日はチキンフィレバーガー。結構さっぱりでたまには美味しいですね。ちょっとジャンクにペプシコーラにしてみました。

https://www.kfc.co.jp/menu/detail/?menu_id=41

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、下値抵抗を守った状態。突っ込み売りに注意。戻り売りの流れは変わらず。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が安値引けの陰線となり、下値リスクが高い形で終えています。108.50-60の抵抗には一旦跳ね返さ絵ており、このレベルを守り切って反発に転ずる可能性を残しているのでドル売りも109.60-70超えまで引き付けて。損切りは短期トレンドが変化する110.60に置く必要があります。買いは、朝方の戦略は108.50-60で買って108円割れで撤退としていますが、既にこのポイントは日中に付いているので、新たな買いは様子見か、108円台を軽く買って108.20で撤退です。

ユーロ/ドルは続落。日足はやや上値の重い感が出てきていますが、短期トレンドの変化は認められません。買いは1日様子を見るか1.2300-10で買って1.2280で浅めに撤退としています。これが付いた場合は調整局面入りへ。売りは様子見か1.2460-70の戻りを軽く売って1.2530で撤退です。下値抵抗は1.2350-60、1.2300-10にあります。

ユーロ/円は安値引けの大陰線が出ており、下値リスクの高いものですが、134.00-10の下値抵抗を守っているので売りも慎重に。134円割れで終えた場合は下値リスクが高くなります。売りは135.10-20で戻り売り。損切りは136.10で一旦撤退。

ポンド/ドルは1.4000割れで終えており、短期トレンドに変化が生じています。買いは様子見に転じます。売りは1.4100接近場面の戻り待ち。短期トレンドは1.4150超えでニュートラルな状態に戻します。

ポンド/円は154円割れを見て短期トレンドをニュートラルな状態に戻しています。150円割れで終えない限り、売りも慎重に。買いは様子見です。売りも153円超えの戻り待ち。ニュートラルな状態に戻す154円超えで撤退です。

豪ドル/円は87円割れからトレンドに変化が生じています。買いは様子見。売りは86.60超えの戻り待ちです。短期トレンドは87円台を回復しない限り変化しません。84円台に月足の抵抗がありますが、これも守り切れない場合は一段の下落リスクに要注意。

アメリカの株価の急落に連動して世界の株式市場に激震が走っています。日経225は21,200~400円に強い抵抗がありますから、21,000割れのオーバーシュートがあったとしても押しは一旦買い場となりそうです。但し、24,000円台では目先天井を見た可能性が高く、反転、上昇の流れに転じても22,900~23,700円ゾーンは中期的な壁となりそうです。

NYダウも先物では24,000割れを見ましたが、調整下げに留まるなら23,500を大きく割り込まないでしょう。ナスダックも6900台は強いサポートがあります。SP500は2580~2600がサポートです。

さて、3月16日にワカバヤシエフエックス主催の特別講演会があります。当日は若林の講演の他、慶応大学教授の竹森俊平先生に、今話題のビットコインバブルについてお話頂く予定です。有料の講演会ですがなかなか興味深いお話となりそうですので、是非ご参加いただけたらと思います。

詳細は以下のURLからご覧ください。

https://www.wakafxinfo.com/seminar/348

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示