川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

ドル/円、下余地を探る動き。押しは一旦買い場となる可能性。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が実体の小さい陽線引けとなりましたが、上昇余力の乏しいものであることから小反落に転じています。一方で112.00-10、111.20-30に下値抵抗があることから、111円割れを見ない限り、下値余地も拡がり難く、押しは行った買い場となる可能性も高いと見ています。買いは112.00-10で押し目買い。損切りは110.90で撤退。売りは様子見としています。

ユーロ/ドルは陰線引けとなり、この足が11/7に付けた1.1554を起点として下値を切り上げて来たトレンドラインを若干下抜けて終えており、日足の形状が悪化しています。1.1800-10の下値抵抗を守っていますが、下値リスクが点灯しているので、買いは様子見か1.1800以下で押し目買い。下値リスクが点灯する1.1740で撤退です。売りは様子見としています。或いは1.1910に損切りを置くなら1.1860-70で軽く戻り売り。

ユーロ/円は小幅続落。日足は132.80-90の下値抵抗を守って引けていますが、海外市場に入りこれを下抜け始めています。買いは131.90で一旦撤退としています。これが付いた場合はニュートラルな状態に変化、131.50割れで終えた場合は下値リスクが点灯します。売りは様子見です。

ポンド/ドルはタクリ足の陰線引けとなり、下値トライに失敗した形です。上値も切り下げていますが、短期トレンドの変化が認められないので売りは様子見としています。買いは1.3340で撤退です。これが付いた場合は短期トレンドが変化します。

ポンド/円は小幅続落。上下に振れる動きとなっており、天井圏にある可能性が高い状態です。150.50割れを見てニュートラルな状態に戻しているので、買いは様子見に転じます。売りも様子見か151.10-20で戻り売り。損切りは152.10で一旦撤退です。150円割れで終えた場合は一段の下落リスクが点灯します。

豪ドル/円は陽線で引けています。84円台の中期的な下値抵抗を下抜け切れずに下値を切り上げていますが、この陽線の上ヒゲが長く、上値トライに失敗した形となったこと、短期トレンドの変化が認められないので買いは様子見です。或いは84.40に損切りを置いて84円台で軽く試し買い。売りは85.40-50で戻り売り。損切りは86.20で撤退です。

昨日は楽しみにしていた「井雪」さんへ行ってきました。最初はフォアグラの茶わん蒸しから。内蔵系はやや苦手なのですが、極め細やかな卵に調和した味でとても美味しく頂くことができました。蟹は雌のセイコガニと雄の足の身を丁寧にほぐして一皿に盛り付けてあり、蟹酢もジュレにして乗っているのでとても食べやすく美味しかったです。無口にならずにお酒も進みます。ナスの田楽も一工夫ありました。一口大のナスの輪切りの上に味噌、その上に生うにが乗ったものと、フォアグラを乗せたものの2種類が出されました。熱々の田楽の上に生うに。ちょっとびっくりする相性の良さでした。フォアグラは想像通りの味。揚げ物(海老芋、タケノコ、蕗の薹など)、冬の定番の鏑蒸しは具沢山。その他あなごの湯葉巻、牛肉のすき焼き風など全部で十数種類のお料理を堪能して帰りました。終わったら11時過ぎ!なんと3時間近くかかりました。というわけで、今日のお昼はシチロカの「ちびおにセット」¥400で軽めに終了です。

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13030881/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示