川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

ユーロ、その他の通貨

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ユーロドルはECB理事会での政策変更無しは予想通りでしたが、ドラギ総裁が12月までは緩和政策を維持するとした一方で、追加緩和の可能性については緊急性がないとの否定的な見解を示したこと、欧州の景況感が上向き始めていることからテーパリングが近いとの憶測を呼び小反発して引けています。短期トレンドの変化が認められないので買いは様子見としていますが、1.0500-10近辺からの突っ込み売りにも注意する必要がありそうです。売りは1.0600-10で売って1.0660で撤退としています。短期トレンドは1.07台を回復しない限り変化しません。

ユーロ/円は実体のしっかりとした陽線引けとなり、この足が121.50-60の抵抗もしっかり上抜けて一段の上昇の可能性が点灯中です。昨年12月に付けた124.10を起点とするレジスタンスラインはまだ上抜けていないので123.50超えの越週か、123円台に日足の実体をしっかり乗せて来るまでは、下値リスクにも警戒が必要です。

ポンド/ドルは上値を切り下げる流れを変えておらず、戻り売り方針継続です。1.2350-60の抵抗をクリアしない限り、下値リスクがより高い状態。1.2030-50に週足ベースで見た下値抵抗が控えており、この近辺でも突っ込み売りにも注意した方が良さそう。

ポンド/円は小反発。トレンドの変化が認められませんが、値動きの収縮が強まっており、一方向へ抜け出す可能性に注意が必要でしょう。売りは140.60で撤退。これが付いた場合はニュートラルな状態に戻します。

豪ドル/円は下値抵抗を守って反発して終えていますが、トレンドがまだ弱いので買いは無理せず様子見か86.00-10まで引き付けて。85.80で浅めに撤退です。

昨日は久し振りにお客様たちと六本木のAbby RoadでParrotsのライブを聴きに行ってきました。ビートルズのコピーバンドです。彼らのコピー?素晴らしく、懐かしい時代に戻ったような感じになります。4回ステージがあり、最後は23時ですが、一つ前の3回を終えたところで帰途に就きました。家に辿り着いたらもう23時過ぎ。ちょっと寝不足ですがと~っても楽しい時間でした。

http://www.abbeyroad.ne.jp/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示