川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

ドル/円、クロス/円、急騰

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は日銀の追加金融政策発表を受けて急騰しています。110.10-20の抵抗を上抜けたことにより、再び“ドル強気”の流れに戻しています。ドル売りは様子見。今日については週末、月末足を作る動きから、押しが限られるとみますが、既に108.80から270ポイント上げており、一相場を超えています。吹き値が続いたとしても112.30が一旦壁。ドル買いは111円割れまで待って見てもいいでしょう。

ユーロ/ドルは続落していますが、タクリ足で終えており、1.2500割れを見ない限り、突っ込み売りにも注意したほうがいいでしょう。売りは朝方の1.2610-20を売れなかった場合は様子見です。朝方の売りの損切りは1.2660で浅めに撤退としています。買いは様子見です。

ユーロ/円は137.00-10の下値抵抗に跳ね返されて陽線が出ていますが、午後のドル円の急騰で139.50超えを見ています。トレンドがニュートラルな状態に戻しており、新たな売りは様子見とします。買いも様子見です。

ポンド/ドルは寄せ線で終えており寄り付きレベルまで戻した形です。上値を切り下げていますが、1.5950割れを見ない限り、ニュートラルな状態を維持。買いは1.5970-80で買って、1.5940で浅めに撤退です。売りは様子見です。

ポンド/円は陽線引けとなり、下値を切り上げる流れを維持しています。178.00-20ゾーンには本来強い抵抗があるので、このレベルは一旦売り場となる可能性も。買いは様子見です、。売りも勢いがあるので様子見か179円超えで撤退。

豪ドル/円も急騰。98円台に乗せていますが、中期的な上値抵抗ゾーンにあるので買いは落ちついてからでいいでしょう。短期トレンドは95円割れを見ない限り変化しませんが、下値抵抗は96円台まで特に強い抵抗はありません。

今日の量的緩和拡大はサプライズ。市場では予想外であっただけに為替相場も株式市場も急騰しています。さすが黒田さん、アナウンスメント効果が最大に出る時を狙ったか。金融政策面でやれることは全てやる意志を表明したともいえますから、後は財政面で政府がやるべきことをやれ(消費増税)という意思表示なのかも。今日は110.20超えから買いに回りましたが、111円超えで一旦撤退。来週また買い直します。クロス円はややオーバーシュートの感がありますが、さてどうでしょうか?今日は週足、月足が決定されますから来週また分析してレポートします。

では良い週末を! 今日は和食屋さんで食事会です。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円は続伸。上値抵抗にぶつかる可能性も??

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は上方向へ放れた形で陽線が出ており、今日については下値余地も限られる展開が予想されますが、108.90~109.40ゾーンにある強い上値抵抗ポイントにあること、月足が不安定差を残していることから、週足、月足が確定するまでは反落の可能性にも十分気を付けて。買いは108.20-30までの押し目待ち。浅い損切りは107.40。日足の終値ベースで108円台を維持できなかった場合は下値リスクが高くなります。短期トレンドは107円割れを見ない限りドル強気の流れを維持します。今日のドル売りは109円台を売って、109.70で浅めに撤退するか、深い場合は110.20で撤退。

ユーロ/ドルは反落。週初からの上げ幅を全て失っており、日足の形状が悪化しています。一方で、月足の下値抵抗ポイントにあるので1.5900割れを見ない限り、突っ込み売りにも注意したほうがいいでしょう。買いは様子見。或いは1.5900割れに損切りを置くなら引き付けて試し買いも可。売りは1.2700超えの戻り待ち。1.2810で撤退です。

ユーロ/円は小反落。短期トレンドは強気を維持していますが、138円の壁にもぶつかっていることや、中期トレンドが弱いので買いは136.50-60までの押し目待ちとします。損切りは138円割れ。売りは137.80-90で売って、損切りを浅くするか、目先天井を確認するまで様子見です。

ポンド/ドルは反落。1.6160の上値抵抗にもぶつかっており、下値リスクが高い形です。買いは様子見です。或いは、1.5960台を軽く試し買い、損切りは1.5900割れ。売りは1.6120-30の戻り待ち、1.6210で撤退。

ポンド/円は小反落。下値を切り上げる流れを維持していますが、強い上値抵抗ポイントにあるので買いは様子見か173.00-10まで引き付けて。損切りは72.40で十分でしょう。売りは174.40-50で売り狙い。175.10で浅めに撤退です。

豪ドル/円は下値を切り上げる流れを維持していますが、96円の壁にもぶつかっていることや、強い上値抵抗ゾーンにあるので、新たな買いは様子見とします。売りは95.90-00で再度売り向かい、96.30で浅めに撤退です。

昨日は取引先の方たちを私がお勧めした八重洲の泰興楼の「餃子と担担麺」にお連れしました。焼き餃子と春巻き、担担麺をまず注文。他にもやし炒めときくらげと玉子炒めも。餃子には断然ビール!ということで断酒も忘れてグラスビールで乾杯とあいなりました。結果、餃子とすりゴマたっぷりで唐辛子の辛さが後からやって来る担担麺はとても好評価。お店に到着したのが6時ちょい過ぎ、日本橋界隈のサラリーマンが到着するにはまだ早い時間です。3階まで140席あることと、「餃子の店」のイメージでいましたから、予約不要と思ったら何と、丸テーブルの一角のみが空いている他は全て予約で一杯でした。危うくセーフ!

今まで予約などしたことがなかったのですが、最近は人気店となっているらしく、すぐに満席状態に。次回からは予約していきます。土曜日は5時から営業しています。時々無性にここの餃子が食べたくなります。皮がもっちり、大振りでにんにくは入っていません。周りは程よく焦げ目がついてパリパリ感あり。それでも皮のもっちり感は残っています。野菜もたっぷりでお肉とのバランスがちょうどいい感じです。昔々、銀行に勤めていた頃、残業帰りに、よくここの餃子と担担麺を同僚と食べて帰ったことを思い出します。まず餃子のタレを作って置いて、餃子を先に食べ終わったろころで、この餃子を食べ終えた残りのつけだれ(酢+醤油+ラー油)を担担麺に掛けて食べると、ちょっとしたコクが加わり、さらに美味しくなったっけなぁ..。昨日は所作がちょっとよろしくなさそうなので、この残りのたれをかけるのは遠慮しましたが...。というわけでこちらからお誘いしておきながら、結果的にご馳走になってしまいました。申し訳ない。次回は私がご馳走します。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13000496/

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円は108円台でこう着。一方向へ動き易い状態に。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円はFOMCの結果待ちに膠着状態となっていますが、日足が一方向へ抜け易い状態にあるので、油断は禁物。短期トレンドが強気を維持しているので、108.00-05で軽く買って損切りを浅くするのも手。今日の日足の終値が107.50台を維持できない場合は、下値リスクがやや高くなります。売りは109.00-10の吹き値待ち、109.70超えで一旦撤退。短期トレンドは106円割れを見ない限り、大きく変化しません。

ユーロ/ドルは小幅続伸。下値を切り上げていますが、トレンドの変化は確認出来ない状態です。売りは1.2800-10で戻り売り、損切りは1.2860で十分。買いは様子見です。

ユーロ/円は137円台に実体を乗せる陽線が出ており、短期トレンドは強い状態にあります。一方で、中期トレンドは弱いままであることから、137円台の買いは様子見です。売りも様子見か、139.50超えに損切りを置くなら137.80超えは売り場となると見ています。

ポンド/ドルは小陽線で終えており、上値余地を探る動きが継続中です。個々の足が強いものではないので、買いは様子見です。売りも様子見か1.6140-50で売り向かい。損切りは1.6210。

ポンド/円は下値を切り上がる流れを維持しています。短期トレンドは強気の流れですが、月足の形状が改善しておらず、下値リスクを残していることから買いは様子見とします。売利も様子見か174円台を売って175.20で撤退です。

豪ドル/円は実体のしっかりとした陽線引けとなり、短期トレンドは強い状態を維持。一方で85.50~85.80ゾーンには本来強い上値抵抗があることや、93円台の足元の不安定さを残していることから、買いは様子見とします。売りは95.80超えで売り向かい、96.20で撤退です。

昨日はストックボイスの10週年記念パーティーにお邪魔して来ました。会場(ロイヤルパークホテル)には東証や株式相場に縁の深い方々が数多くいらっしゃいましたが、為替、関連の関係者はやはりやや少な目。そんな中でも久しぶりにお目にかかる方々とは旧交を温める機会があり皆さん相変わらず活躍されている様子で嬉しい限りでした。相場の世界はいくつになっても現役ということでしょうか。会場ではローストビーフとお寿司を頂き、締めはフルーツ。ご馳走さまでした。また週末にストボコメントをお送りします。

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

FOMCの結果待ちで小動き

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が陰線で終えていますが、下げエネルギーの強いものではないことや、105.23を直近の安値として下値を切り上げる流れを守っていることから、下値余地もまだ限られる展開が予想されます。一方で、目先は108.20-30にやや強い抵抗が出来ており、これを上抜けて来ないと上昇余地も拡がり難く、上値抵抗にぶつかる可能性に注意が必要です。日足の下値抵抗が107.40-50ありますが、これを守り切れずに終えた場合は下値リスクがやや高くなります。短期トレンドは106円割れを見ない限り変化しません。ドル買いは107.50-60で押し目買い、損切りは107円割れ。売りは様子見です。108.10-20までの戻りは難しくないと見ています。

ユーロドルは小幅続伸。短期トレンドが弱いものの、1.26台の足元も固まりつつあるので売りも慎重に。1.2710-20で売って損切りを浅くするか、今週一杯では1.2810-20の吹き値売り、損切りは1.2850超え。この場合は一旦底打ちの可能性が高くなります。買いは様子見です。

ユーロ/円は小反落。短期トレンドが上値トライの可能性を示していますが、中期トレンドが弱いので、買いは無理せず136.00-10以下の押し目待ち、135円割れで撤退。売りは様子見か137.80-90の吹き値があれば売り狙い。138.60で一旦撤退。

ポンド/ドルは下値をゆっくりと切り上げていますが、個々の足が強いものではないので、反落にも注意する必要があります。買いは1.6050-60で押し目買い。1.5950割れで撤退。売りは1.6140-50で軽く売り向かい、1.6210で撤退です。

ポンド/円は短期トレンドが強いものの、月足が安定していないので、買いは172円台の押し目待ちとします。損切りは172円割れ。売りは様子見。

豪ドル/円は小反落。95.10-20、95.50~95.80ゾーンの上値抵抗をこなし切れない可能性も高く、買いは様子見です。売りは95円台で売り場探し、96円超えで撤退。

先週の土曜日の夜は友人達と久しぶりに浜町の「イルバンボリーノ」へ。定番の地蛤のスープ仕立ては外せません。大ぶりの蛤とお野菜の相性は抜群でこのスープにパンを浸して食べても美味しいです。天然ブリのカツレツをサラダ仕立てにしたものも、ブリをカツレツにしたことで、緑の葉類との相性が良くなって却ってさっぱりと頂けます。これにミートソースの手打ちパスタ、いつものマルゲリータのピザ、その他、前菜のサンマと茄子のミルフィーユも美味しかったです!5人だったので結構種類もいろいろ頂けました。最後にデザートのアフォガードもしっかりお腹に収まり、皆満足の笑顔で帰りました~♪

http://ilbambolino.s1.bindsite.jp/index.html

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル円小動き。クロス円は小じっかりの展開。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は、前日の陽線が107.50‐60の抵抗を上抜けて短期トレンドに変化、一段高に繋がりましたが、週足、月足の形状が安定していないので、108.90~109.40ゾーンに散在する強い上値抵抗にぶつか可能性にも注意が必要です。買いは107.50‐60以下の押し目待ち、下値余地を107.20-30まで見て置く必要があります。損切りは106.80。売りは様子見か109.00‐10の吹き値があれば売り向かい。109.70で撤退です。

ユーロ/ドルは小反発。短期トレンドは弱い状態ですが1.2600-10の下値抵抗を守っており、突っ込み売りにも注意が必要です。買いは様子見。売りは1.2710-20で戻り売り。損切りを浅くするなら1.2750超えで一旦撤退。但し、1.2810-20で再度売り狙い。買いは様子見です。

ユーロ/円は2手前の大陰線が141.29を直近の高値として上値を切りさげる流れから上抜けており、短期的には一段の上昇に繋がる可能性が生じています。一方で、中期トレンドは戻り売りを支持しているので、飛びつき買いせず、強い下値抵抗のある136.00-10の押し目待ちとします。損切りは135円割れ。売りは様子見か、137.80-90で売り狙い。損切りは138.50超え。

ポンド/ドルは反発。1.6000近辺の下値抵抗を守っている一方で、短期トレンドの変化も認められないので、1.61100-20で売り狙い。16210で撤退です。買いは様子見とします。

ポンド/円は続伸。短期トレンドは上値トライの流れを変えていませんが、下値も172円台まで特に強い抵抗がないことや、月足の形状が安定していないので買いはゆっくり。損切りは172円割れ。売りは174.40-50で売り向かい、175.10で撤退です。

豪ドル/円は続伸。95.00-20の上値抵抗を上抜けて終えていますが、中期的な上値抵抗ポイントにあるので、買いは様子見か94.60台で押し目買い、94円割れで撤退。売りは95.40-50で売り狙い。損切りは96.20で撤退です。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
3mBTCプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示