川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

ドル/円は上値抵抗を抜けられず。クロス円は堅調。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が上昇余力の強いものではないので91.20-30の抵抗にぶつかる可能性に注意が必要です。但し、売りも様子見です。買いは90.10-20以下の押し目待ち、89円割れで撤退です。下値抵抗が90.70-80に軽い抵抗が90.50にやや強い抵抗がありますが、これを切れた場合は90.00-20近辺まで下値余地が拡がり易くなります。日足ベースで見た強い下値抵抗は89.50-60にあります。上値抵抗は91.20-30、91.40-50、91.80-90。

ユーロ/ドルは強気を維持。1.3510-20の押し目買い方針で。1.3350割れで買いは撤退。売りは様子見です。

ユーロ/円は強気を維持。123.10-20以下の押し目買い方針継続。122円割れを見た場合は一段の下値リスクに注意が必要となります。121.50割れを見たら120.00前後まで続落の可能性が高くなります。上値抵抗は123.70-80、124.20。

ポンド/ドルは1.5810-20の抵抗にぶつかっていますが、週初の1.56台で底打ちの可能性も生じており、売りは様子見とします。或いは引き付けて、1.5910超えで撤退です。買いはトレンド転換が認められないので様子見か、1.5760-70で軽く試し買い程度に。1.5700割れで撤退。

ポンド/円は144.20の抵抗にぶつかっていますが、短期トレンドは“ニュートラル”な状態に戻しており、売り買い共に1日様子見です。

豪ドル/円は、強気を維持していますが、豪ドル/ドルが一方向へ動き易い状態にあるので、反落にも注意。買いの損切りは94円割れで十分。売りは様子見です。

ポンド/円のショートは144.20と144.30のS/Lが一つ付いて消滅。もう一つは143.50で一旦撤退しました。アヤ取りのつもりでもなかなか取れませんね。円安のトレンドの強さが身にしみます。

さて、年初から何かとせわしなくて新年会もできませんでしたが、漸く今日、お隣の投資日報社さんと一緒に浅草寺さんにご挨拶してから人形町に戻って新年会です。お肉をがっつり頂いてパワーアップしてきます。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13136887/

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、押し目買い変わらず。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は上値トライの流れを変えていませんが、91.00-10の抵抗にぶつかっているので90円台後半のドル買いは様子見か損切りを浅めに。91.10-20をしっかり上抜けて来ればもう一段上昇余地が拡がり易くなります。押し目を待つなら90.10-20以下まで待つつもりで。但し、89円割れで買いは撤退です。

ユーロ/ドルは強気を維持。押し目買い方針で。1.3450-60に下値抵抗あります。上値抵抗は1.3560-70にやや強い抵抗があります。1.3260-70を切れない限り、トレンドは強気を維持します。

ユーロ円は強気を維持。浅い下値抵抗まで届かずに反発に転じていますが、122.70-80の抵抗をクリアしきれておらず、買いは暫し様子見。下値抵抗は122.00-10まで特に強い抵抗はありません。123.10-20の抵抗もクリアした場合は一段の上昇へ。

ポンド/ドルは前日の陰線の値幅をほぼ切り返す陽線が出ています。中期的な下値抵抗に跳ね返されているので、短期トレンドの反転に注意が必要です。買いは様子見ですが、売りも様子見でいいでしょう。或いは1.2910で撤退です。

ポンド円は142円割れから143円台へ切り返しましたが、レンジ内の上限にある可能性が高く、143円台の売り場探しとします。但し、144.20超えで撤退です。

豪ドル/円は94.80-95.00の上値抵抗を抜けており、上昇余地がもう一段拡がる可能性があります。但し、豪ドル/ドルが今、来週中にも一方向へ離れ易くなっているので、下方向へも注意が必要です。豪ドル円の買いの損切りは94円割れで十分でしょう。

昨日は142円台のポンド円を売ってそのまま残っている状態。144.20-30で一旦撤退することになりそう。基本のトレンドが強いのでアヤとりはやはり難しいですねぇ。

さて、今日のお昼は久し振りに浜町に近い「みやび」で天婦羅定食を頂きました。女性には最後にアイスクリームが付いてきます。エビ2本、イカ、茄子、さつまいも、蒟蒻、アナゴ、これに小白飯、味噌汁+お新香、最後に小さいお茶碗にかき揚丼。これで¥1,260はお値打ちです。ところが!2/1(金)から、な.な.なんと¥1,470に値上げに!当分足が遠のきそう。明日までの料金です。お近くの方は安いうちにどうぞ。ちなみに、11:30am開店で、カウンター席10席と3人掛けのテーブル席が1席、一度に13名しか入れません。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13018148/

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、押し目買い方針変わらず。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は東京市場で昨日のNY市場終値から大きく下寄りのスタートとなりましたが、これをほぼ安値として上値トライの動きが強まっています。現状は91.00-10の上値抵抗にもぶつかっていますが、91.10-20の抵抗をしっかり超えて来れば、一段の上昇へ。下値攻めに失敗した反動がより強い状態にあるので、売りは様子見です。買いは90.10-20以下の押し目をゆっくり待つか、現レベルを買って90.60割れで一旦撤退。89円割れを見ない限り、トレンドは強い状態を維持します。

ユーロ/ドルは強気を維持。1.3380~1.3420ゾーンの押し目待ち。売りは様子見です。短期トレンドは1.3250割れを見ない限り、強気を維持しますが逆にこれを切れた場合は1.30~1.31へ。1.3560-70に強い上値抵抗があります。

ユーロ/円は、前日足から下寄りのスタートとなりましたが122.40-50の上値抵抗にもぶつかっているので、買いは121.10-20以下の押し目待ちとします。買いは120.50割れで撤退です。売りは様子見。

ポンド/ドルは弱気の流れが継続中ですが、1.5700±20ポイントの下値抵抗ゾーンにあるので、売りは慎重に。1.5750-60に軽い抵抗が、1.5800-10に強い抵抗があります。基本は戻り売り。

ポンド/円は、朝方142円割れを見ており、141.00~140.50ゾーンまでの下落余地が生じています。短時間では戻り売り方針で。現状はまだ140~143円台で上下の抵抗にぶつかる可能性も高いので、139円割れを見ない限りは突っ込み売りにも注意が必要です。

豪ドル/円は強気を維持しています。朝方の下値トライでも94.00-20の抵抗を守って反発に転じましたが、直近の日足が高値圏でのタクリ足となっているので、94.80-95.00の上値抵抗にぶつかって反落に転ずる可能性にも注意が必要でしょう。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

若林栄四が今朝のTV東京「モーサテ」に出演した映像です。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

若林 栄四が今朝のモーニングサテライトにNYから出演しました。下のURLからご覧いただけます。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/expert/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル円、クロス円、反転。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は89.00-10の上値抵抗をあっさりすり抜けて上値追いの流れに戻しています。トレンドの強さを思い知らされた格好となりましが、一方で一昨日の88.10から90.60まで40Pリバースなしに続伸しており、ドル円の一相場の値幅を超えています。このまま続伸した場合の上値余地にも限界があるとみられますから、90円台の買いは様子とし、89.60-70の押し目待ちとします。売りは様子見です。

ポンド/ドルは1.5800-10の抵抗を実体ベースでも下抜けており、下値リスクの高い状態に変わりありません。1.5810-20の戻り売り方針で。1.60台回復を見ない限り、短期トレンドの変化は認められません。

ポンド/円は、142円台回復を見ており、短期トレンドは再びポンド強気に戻しています。但し、143.00-143.40ゾーンに強い抵抗が控えておりこれのぶつかる可能性も高いので、買いは様子見か142.00-10の押し目待ちとします。141円割れで買いは撤退です。この場合は再び140円割れをトライする動きに入る可能性が高くなります。売りは様子見です。

豪ドル/円は93.00-10の下値抵抗に跳ね返されて再び上値追いの流れに戻し提案すが、94.80-95.00の抵抗の厚さに変わりがないので、新たな買いは様子見とします下値抵抗は94.10-20まで特に強い抵抗はありません。豪ドル/ドルが一方向へ動き易いので豪ドル円も気をつけて。

昨日は朝方にドル円の買いとポンド円の売りを利食ったところまでは好調だったのですが、引き付けて売ったつもりの141円台のポンド売りと119円台のユーロ売りはあえなく撃沈。起きてみたら損切りがついていました。89円超えのドル売りも軽めだったのでこちらは浅い傷で済みました。長期トレンドの強さに短期トレンドが屈した形です。この円安トレンドは本当に強いです。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示