川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

ドル/円、クロス/円、反発余地が限られる展開

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は76.00±10銭の短期ターゲット内に到達。但し、トレンドが弱い状態にあるので、戻り余地も限られる展開が予想されます。日足の上値抵抗は76.50-60に下値抵抗は75.80-76.00にあります。

ユーロ/ドルは短期は強気を維持していますが、1.3180-1.3200の上値抵抗にぶつかった可能性があります。買いは様子見か1.30台まで引きつけて。1.30割れで撤退です。売りは様子見か1.3180超えで軽く試し売り。但し、損切りも浅めに。下値抵抗は1.3130-40に軽い抵抗が1.3080-90にやや強い抵抗がありますが、これを切れた場合は1.3000-10近辺まで下落余地が拡がり易くなります。1.2980割れも見た場合は短期トレンドに変化が生じます。

ユーロ/円は100.00±10銭の下値抵抗を守って引けていますが、日足の形状が悪化しており、102円台で目先天井を見た可能性が高くなっています。100.50-60超えも戻り売り狙いで。102.00-20の抵抗をクリアしない限り、下値リスクが高い状態です。

ポンド/ドルは小陰線で一呼吸置きましたが、トレンドは強い状態を維持しています。一方で1.5750±30ポイントが強い上値抵抗ゾーンとして働いており、上値トライに失敗する可能性も高いので1.57台の買いは様子見とします。下値抵抗は1.5700-10に軽い抵抗が、1.5660-70にやや強い抵抗がありますが、これを切れた場合は続落に要注意。

ポンド/円は120円台を回復していますが、122円超えの上値抵抗にぶつかった反動がより強く、もう一段下押しの可能性が高いと見られます。ポンド買いは118.80以下の押し目待ちとします。短期は120.20-40での戻り売り方針で。短期トレンドは122円台を回復しない限り、ポンドやや弱気の流れが変化しません。

豪ドル/円は。82円台で戻り天井を見た可能性が生じており、新たな買いは様子見です。81.50-60に強い上値抵抗が控えています。下値抵抗は80.50-60に軽い抵抗が、80.00-20にやや強い抵抗があります。79円割れを見ない限り、押しは一旦買い場となります。

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円は身動き取れず。でもドルの戻り売り。ユーロは上値の重い展開

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は、直近の日足が77円台を維持出来ずに終えており、先週つけた78.28が戻り天井であった可能性が生じています。週足も強い上値抵抗であった78.00-20にぶつかった形で陰線引けとなっており、上値トライの失敗の反動から、今週はドルの下値トライの動きが強まる傾向にあります。

日足ベースでは76.50-60の抵抗を守っており、小反発の可能性に繋げていますが、77.20-30にやや強い上値抵抗が出来ており、これが壁となる可能性が高くなっています。また、76.50割れも見た場合は下値余地が更に拡がり易くなります。ドル買いは様子見か76.50割れで止め。ドル売りは77.20超えでの戻り売り方針継続です。

ユーロ/ドルは短期トレンドが強い状態を示しているので、1.3150以下の突っ込み売りにも注意した方がいいでしょう。短期トレンドは1.30割れを見ない限り、変化しません。ユーロ売りポジションがまだ残っている状態にあるので、目先の売りは慎重に。

ユーロ/円は100.50-60の下値抵抗に跳ね返されて寄せ線で終えています。短期トレンドがまだ強い状態を維持しているので、ユーロ売りは慎重に。ユーロ買いは100円台で軽く買い狙い、但し、100円割れで撤退です。この場合は97-98円まで下落余地が拡がり易くなります。

ポンド/ドルは8手連続陽線引けとなり、非常に強い状態を維持しています。但し。1.5750±30ポイントには中期的に見ても強い上値抵抗が散在しており、簡単には上抜ないところです。短期トレンドは強い状態を示していますが、1.5600近辺までは特に強い下値抵抗もないので、買いは様子見です。1.5500-1.5480の抵抗を切りない限り短期トレンドは強い状態を維持します。

ポンド/円は先週の122円台で目先天井を見た可能性が生じています。現状は120.00-20の抵抗を守っていますが、121円個得の抵抗が厚くなる可能性が高く、戻りは売り狙い。買いは様子見です。

豪ドル/円は、82.50超えの中期上値抵抗にぶつかった可能性が生じています。買いは様子見です。80.00±10銭に強い下値抵抗が控えていますが、これを切れた場合は目先天井を見た可能性が高くなります。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円は下値抵抗ポイントに下落。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は78円台が戻り天井であった可能性が高くなりましたが、現在のレベルは週初の寄り付き(76.99)に近いポイントなので、短時間では突っ込み売りにも注意した方が良さそうです。但し、戻り売りの流れに変わりありません。日足のサポート77.20-30を切れているので、買いも様子見。78.30-40に上値抵抗が出来始めています。76.50-30の抵抗も切れた場合は続落に要注意。

ユーロ/ドルは、1.3160-70の上値抵抗を一旦クリアしており、短期トレンドは強い状態を維持しています。売りは1日様子見です。1.3120-40にやや強い抵抗があります。直近の足が寄せ線となりそろそろトレンドが変化し易くなっているので、買いも様子見です。或いは1.3000-10以下があれば軽く買い狙い、1.2940-50で買いは撤退です。

ユーロ/円は102.20-40に週足べーすで見た強い抵抗があり、昨日の上値トライでもこれにぶつかっています。買いは様子見です。或いは100.50-60の下値抵抗で買い、100円割れで撤退。短期トレンドが強い状態を維持しているので売りももう1日様子見か損切りを浅めに。

ポンド/ドルは1.5750-80に中期的な上値抵抗があります。但し、トレンドが強いので売りは引きつけて、損切りも浅めに。買いも押し目待ちです。1.5600-10に軽い抵抗があります。短期トレンドは1.57割れを見ない限り変化しません。

ポンド/円は121.60-80の上値抵抗を実体ベースで上抜けられずに終えており、上昇一服となっています。120.00-20近辺の足元の強さを確認する動きが強まると見られ、買いは様子見とします。

豪ドル/円は82.50超えの中期的な上値抵抗にぶつかった可能性があります。新たな買いは様子見です。上値抵抗は82.10-20にあります。下値抵抗は81.50-60にやや強い下値抵抗があります。80.80割れを見たらトレンドの変化に要注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円は78円超えの抵抗にぶつかる。ユーロは短期は強気。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は日本が31年振りに貿易赤字国となったことから円売りの動きが強まりましたが、結果的には78.00-20の抵抗を実体ベースでクリアしきれずに上値ライに失敗した形で終えています。これで78円超えが壁となる可能性が高くなりましたが、現状はクロス/円でも円安の流れが継続していることから、ドル/円も77.00-10の抵抗を下抜けるほどの下げにも繋がり難い状態です。日足の下値抵抗は77.30-40、上値抵抗が78.00-10にあり、上下の抵抗を大きく超えるには無理があるでしょう。

短期トレンドは78.50-60の抵抗を週足の実体ベースで上抜けるか、値動きの中で79.10-20の抵抗をクリアしない限り、ドルの下落リスクにより注意を要します。

ユーロ/ドルはと1.29台の下値抵抗を攻めきれずに高値圏で陽線引けしており、短期トレンドは引き続き強い状態を維持しています。下値トライには失敗していますが、中期トレンドが強いわけではないので、買いは押し目を待って買い、新値では利食いを着実に。1.3120-40は一旦売り場となる可能性大。損切りポイントは1.3160-70で十分。ターゲットは1.3000-20近辺。短期トレンドは1.29割れを見ない限り“ユーロ強気”を維持します。ユーロ買いはこのレベルでは様子見です。

ユーロ/円は短期トレンドが強い状態にあるので、押し目買い方針で。売りは様子見です。下値抵抗は101.20-30に軽い抵抗が、100.50-60にやや強い抵抗があります。102.50~103.50ゾーンが中期抵抗となります。

ポンド/ドルも8手連続陽線引けとなり、強い状態を維持しています。売りは様子見ですが、現レベル出の買いも様子見です。浅い下値抵抗は1.5600-10にあります。このラリーで1.5720-1.5760の抵抗をクリア出来るかどうか微妙なところ。

ポンド/円は下値を急角度で切り上げていますが121.60-80の強い上値抵抗ゾーンにあるので新たな買いは様子見です。120.40-50までの押しは無理がないと見ています。

豪ドル/円は中期的な上値抵抗である82.50-60に到達しており、新たな買いは様子見です。売りも基本は様子見か82.00以下での浅い利食いを着実に。

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円は上方向へ離れましたがトレンド変化には至らず。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は77.60-70の抵抗を上抜けてもう一段上昇の可能性に繋げていますが、まだトレンドの変化は確認できません。78.50-60を上抜けて越週すればトレンド変化の可能性、79.10-20の抵抗をクリア出来れば、漸く中期的な底うち確認の可能性が高くなります。現状はまだ78.00-20の抵抗もクリアできていないので、ドル買いは様子見です。ドル売りは78.50-60で一旦撤退。下値抵抗は77.30-40に軽い抵抗が、77.00-10にやや強い抵抗があります。

ユーロ/ドルは強さを維持。昨日の下値トライでも1.2960の抵抗に跳ね返されています。但し、1.3040-80の抵抗も厚いのでこれを上抜けるにもちょっと力不足。買いは1.2900-10までの押し目待ち、1.2840-50で撤退です。ユーロ売りは様子見か、1.3100超えに損切りを置いて吹き値売り狙い。

ユーロ/円は、101.50の短期ターゲットを達成しているので売り買い共に1日様子見です。100.50-60にやや強い抵抗があります。上値抵抗は101.50-80ゾーンに強い抵抗があります。

ポンド/ドルは強い状態を維持していますが、既に7手連続陽線引けとなり、やや伸びきっている状態にあるのと、1.56台の上値抵抗が厚いので新たな買いは様子見です。1.5480-00まで特に強い抵抗はありません。

ポンド/円も大陽線が出ており、117円台が大底であった可能性が高くなっています。但し、この大陽線で上昇エネルギーを吐き出した可能性が高く、買いは様子見です。120.40-50まで特に強い抵抗はありません。121.60-80、122.20-40に強い上値抵抗が控えており、一気に上抜くには力不足でしょう。

豪ドル/円は強い上値抵抗を順調に消化していますが、中期的な上値抵抗ゾーンにあるので、81円超えの買いは残さない方針で。82.40-50超えはあれば一旦売り場と見ています。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示