川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

ドル/円、クロス円、一段の下落リスクに注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が小陰線に終わり、単体では下げ余力に欠けるものですが、上値も切り下げており下値リスクが高い状態に変わりありません。現状は77.50-60の下値抵抗も守っていますが、77.50割れも見た場合は続落に要注意。現状はドル急落には至っていませんが、10/.31の介入時のドル急伸の際に、76.00±20銭の足元が不安な状態のまま残されているので、いずれこの辺りを試す動きが強まると見ています。上値抵抗は77.80-90に軽い抵抗が78.10-20に強い抵抗があります。

ユーロ/ドルは直近の日足がタクリ足の陽線で引けており、今日のところは下げ渋る展開が予想されます。しかし、トレンドが非常に弱い状態に変わりないので1.31台回復を見ない限りは、ユーロの戻り売り方針継続です。上値抵抗は1.2970-80に軽い抵抗が、1.3030-40に強い抵抗があります。下値抵抗は1.2900±10ポイントにやや強い抵抗があります。

ユーロ/円は100円台に踏みとどまっていますがトレンドが弱いので値頃感からの買いは控えた方が良さそうです。直近の日足が下げ余力に欠けるものなので売りは101.00-10超えの戻り待ち。下値抵抗は100.00-10にやや強い抵抗があります。短期トレンドは103円台回復を見ない限り変化しません。

ポンド/ドルは1.5360-70の下値抵抗に跳ね返されており、今日の下値トライでもこれを守り切れば小反発に転ずる可能性が生じます。但し、戻り売りの流れが変わるわけではありません。1.5440-60に軽い抵抗が、1.5560-80にやや強い抵抗があります。

120.00を維持出来ずに終えており、トレンドが弱い状態にあるので、買いは底打ち確認まで様子見です。中期的な下値抵抗が118.40-50にあり、これ以上の押しはあれば一旦買い場となる可能性も。上値抵抗は120.00-20に出来ています。短期トレンドは122円台回復を見ない限り変化しません。

豪ドル/円は78.00-20の下値抵抗を守っていますが、79.00-20、79.40-70の上値抵抗が厚いことや、短期トレンドがまだ弱いので、買いは様子見です。78円割れを見た場合は77.50-70まで下落余地が拡がり易くなります。77.00±10銭の抵抗を切れた場合は下落余地が75円台まで更に拡がり易くなります。

本年最後のブログ更新です。今年後半はユーロ危機がメインテーマとなりましたね。来年も年初早々からユーロが主役となりそうです。海外勢は年初から積極的にトレードを開始するので流れに乗り遅れないようにしたいものです。年初は1/4からスタートします。

今年1年当ブログをご覧頂き有難うございました。来年も皆様にとって良き年でありますように。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円小動き。ユーロは下値抵抗にぶつかる。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は時間足の抵抗が77.60-70にあり、このレベルでのドル売りは様子見です。但し、77.50割れも見た場合は下落幅が拡がり易くなるので要注意。上値抵抗は78.20-30、78.50-60にあります。

ユーロ/ドルは1.2940-50の抵抗を下抜けておりトレンドが非常に弱い状態を示していますが、1.2880-90には週足ベースで見た強い抵抗があり、簡単には下抜けないポイントです。1.2970-00での戻り売り狙いで。1.3100超えを見た場合はトレンドの変化に要注意。

ユーロ/円は、100.80割れを見ており、1円程度下値余地が拡がり易い状態にありますが、100円割れはあれば一旦買い場となりそうです。但し、トレンドが弱いので買いは様子見が基本です。

ポンド/ドルは1.5560-70の抵抗をすり抜けており、強い下げエネルギーが働いています。1.5550-60まで特に強い上値抵抗はありません。戻り売り方針で。但し、1.5360-70では利食いを着実に。

ポンド/円は120.00±10銭に強い下値抵抗がありますが、トレンドが弱い状態にあるので買いは様子見です。121.10-40に上値抵抗が出来ています。118.40以下はあれば一旦買い場。

豪ドル/円は78.00-20の下値抵抗を守っていますが、これを切れた場合は77.50-70までもう一段下値余地が拡がり易くなりあmす。トレンドは戻り売りを支持しており、79.00-20の戻り売り狙いで。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円は引き続き値動きの乏しい状態。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

クリスマス明けの海外市場でも動きの鈍いスタートとなっていますが、リスクは下方向へより強い状態に変わりありません。ドル買いは様子見が基本ですが、買った場合は77.50割れで止め。ドル売りは78円台では戻り売り方針継続です。日足の上値抵抗は78.60-70にありますが、ここまで吹くのも難しそう。

ユーロ/ドルも1.3070-80の軽い抵抗にぶつかっており、上値の重さが感じられますが、1.3010±20ポイントにやや強い下値抵抗が控えていることや、ユーロショートの積み上がりが大きくなっているので、一両日のユーロ売りは残さない方針で。ユーロ買いは引きつけて、1.2940-50で撤退です。

ユーロ/円はトレンドが弱い状態に変わりありません。101.10-30にやや強い抵抗が控えていますが100.80割れを見た場合は下値余地がもう一段拡がり易くなります。上値抵抗は102.30-40、103.00±10銭に強い抵抗があります。短期トレンドは103.60-70の抵抗をクリアしない限り、ユーロ弱気のままです。

ポンド/ドル、ポンド/円はそれぞれ上値抵抗にぶつかって反落しており、もう一押しあってもおかしくありません。ポンド/ドルは1.5660-70と1.5560-70の上下の抵抗に挟まれた状態。1.55台では買い場探しで。1.55割れで買いは撤退です。ポンド売りは1.56割れでは利食いを着実に。

ポンド/円は122.30-50にやや強い上値抵抗があります。下値抵抗は121.10-20にやや強い抵抗があります。

豪ドル/円は79.40-70の抵抗が厚く、戻り売りの流れを変えていないので、条ドル買いは当面は様子見です。78.00-20まで特に強い抵抗はありません。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル円は小動き。ユーロ下げ渋り。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小動き。上下の抵抗を抜け切れないと見られますが、徐々にエネルギーを蓄積しつつあるので、一方向へ動き出すことに対しても注意しておいた方が良さそう。ドル買いは77.50割れ、ドル売りは79.10-20超えで撤退です。

ユーロ/ドルは直近の日足が上昇余力に欠けるものであることから反発余地が限られる展開が予想されますが、1.3010±10ポイントの下値抵抗も守っており、このレベルでの売りも慎重に。1.3070-80の軽い抵抗にぶつかっている状態ですが、しっかりクリア出来れば1.3130-50ゾーンまでもう一段戻してもおかしくありません。買いは様子見か1.2940-50で撤退。

ユーロ/円は102.10-20に上値抵抗、101.00-10に下値抵抗が控えていますがトレンドは「戻り売り」を支持しています。103.60-70の抵抗をクリアしない限り、短期トレンドは変化しません。

ポンド/ドルは1.5660-70に上値抵抗が、強い下値抵抗は1.5510-30にあります。短期トレンドはニュートラルな状態。一方向へ抜けるほどのエネルギーも感じられません。上下の抵抗では利食いを着実に。

ポンド/円は122.60-80の抵抗にぶつかっており、上値の重さが感じられますが121.00-10に強い下値抵抗があり、このレベルでは利食いを着実に。ポンド買いは120円割れで止めです。

豪ドル/円は79.40-70の抵抗が厚く、短期は戻り売りの流れを変えていません。78.00-20近辺まで特に強い抵抗がないので新たな買いは様子見です。

年内も残り少なくなってきましたね。毎年元日は友人達と共に「柴又七福神巡り」に行きます。全てを回って色紙に御朱印を押して頂くのが年初の恒例行事。その後は、みんなを自宅に呼んでお鍋を突っつきながらお正月気分を楽しみます。毎年1日は晴天か曇天で傘の要らないのですが、来年はどうでしょうかね?

http://homepage.mac.com/sfrtkiyo/shibamata7.html

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

市場閑散。小動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

海外勢はまだクリスマス休暇気分が強い状態ですから大きく動きづらい状態です。今日はワカバヤシFXの有料ページ「Forex Intellingence」の朝9時時点の川合のコメントをご紹介しておきます。参考にして頂けたら幸いです。

ドル/円、24時間を予想(9:00現在78.08-10)

日足は実体の小さい陽、陰線が並び下値をゆっくりと切り上げていますが、78円台にある強い上値抵抗をこなし切れない状態にあることや、短期トレンドの変化が認められないので、基本戦略は78円台での売り場探しの方針継続です。

日足の上値抵抗は78.40-50に位置しています。下値抵抗は77.80-90にあります。ドル売りは79.10-20超えで撤退です。ドル買いは様子見か77.50割れで止め。

週足ベースは実体の小さい陽線に終わり、上昇余力に欠けるものですが、今週末の終値ベースで78.60-70超えで終えるか、値動きの中で79.10-20の抵抗をクリアした場合は、トレンドがニュートラルな状態に戻ります。この場合は79円middle超えにある強い抵抗をトライする動きが強まり易くなりますが、月足ベースで見た強い抵抗が79.50~80.50にあり、簡単には上抜けそうもありません。逆に77.50-60の抵抗を下抜けた場合は、下落余地が更に拡がり易くなるので注意が必要です。

10/31の介入時のドル急伸で76.00±20銭の足元が不安定な状態にあるので、いずれはこの辺りの足元の確かさを試す動きが出てくると思われます。下値リスクに対する警戒も忘れないように。

今週一杯では78.20~78.50でのドルの戻り売り方針で。但し、79.10-20超えを見たらドル売りは一旦止めて様子見です。ドル買いは様子見か損切りを浅めに。

ユーロ/ドルは小陰線に終わり、下値リスクの高い状態に変わりありませんが、1.3000±20ポイントの下値抵抗も守っており、現在のレベルでの突っ込み売りにも注意したいところです。1.3140-50近辺までの戻りは難しくないと見られ、今日のユーロ売りは様子見とします。ユーロ買いは1.3020以下で買い、1.2940-50で撤退です。

ユーロ/円は、先週の上値トライでも102.40-60の抵抗をクリア出来ずに反落しており、トレンドは弱いままですが、101.00±10銭の下値抵抗を守っているので、これを切れない限りは突っ込み売りにも注意した方がいいでしょう。100.80割れを見た場合は100円前後まで下値余地が拡がり易くなりますが、押しは一旦買い場となる可能性大。但し、短期トレンドは103.60-70の抵抗をクリアしない限り変化しません。今週一杯では、吹き値があった場合は103.00±10銭まで上値余地を見ておく必要があります。

ポンド/ドルは、1.5750-1.5780にあった強い上値抵抗にぶつかており、上値余地が限られ易い状態にありますが、1.5550-70にやや強い下値抵抗が控えており、押しは一旦買い場となる可能性が高いところです。ポンド買いは1.5500割れで撤退です。売りは1.5660-70までの戻り待ちです。

ポンド/円は、122.60-80の上値抵抗にぶつかっており、上値トライに失敗した反動から上値の重い展開が予想されます。但し、121.00-10にやや強い下値抵抗が出来ており、押しは一旦買い場と見ています。売りは様子見です。

豪ドル/円は、79円台まで戻していますが、79.40-79.70ゾーンに強い上値抵抗が控えており、新たな買いは様子見です。78.00-10にやや強い下値抵抗が出来ています。中・長期的には81.00-20が大きな壁となります。

(ドル/円)
上値抵抗:78.20-30、78.50-60、78.80-90
下値抵抗:77.80-90、77.50-60、77.10-20

北陸地方は大雪。田舎の富山も例年より早く大雪に見舞われているようです。東京も今朝は寒かったですね。では今日も良い1日でありますように。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
3mBTCプレゼント
若林栄四最新書籍「黄金の相場予測2017 ヘリコプターマネー」プレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示