川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

ドル/円、81円台を維持出来ず。ユーロ/ドル、短期は強気を維持。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は、81円台を維持できたのは1日だけであっけなく80円台へ押し戻されていますが、日足の下値抵抗が80.20-30にあるので、ここからの売りも利が乗らない可能性大です。80.90-00に上値抵抗が出来ており、これが壁。トレンドが弱い状態のままなので、買いづらいところですが軽く買って、80.90近辺を狙うのも手。浅い損切りポイントは80.20割れです。

ユーロ/ドルは1.4450-60の抵抗を上抜けたことにより、短期トレンドは“ニュートラル”から“やや強き”に変化しています。1.4440-50に時間足の下値抵抗が出来ていますが、強いものではありません。上値抵抗は1.4500-20にやや強い抵抗が出来ています。6月足は月初の寄り付きが1.4425ですから現在のレベルで終えても決して強いとは言えませんが、短期トレンドが変化して日が浅く強い状態にあるので、値頃感からのユーロ売りはやめておいた方が良さそうです。

ユーロ/円は115.80-116.00をしっかり上抜けており、これがサポートとして働いています。短期は押し目買い方針継続です。但し、上値抵抗ポイントが厚いところでは利食いを入れながら押し目を拾う戦略が功を奏します。117.00-20にある強い抵抗は一旦上抜けているので、これをクリアしたら次の抵抗は117.80-90。

ポンド/ドルはトレンドが弱い状態に変わりありませんが、1.6020近辺にやや強い下値抵抗が出来ています。このレベルはあれば一旦買い場となりそうですが、利食いも浅めに。損切りポイントは1.5940割れ。上値抵抗は1.6100-10まで特に強い抵抗はありません。ポンド売りは1.6160一旦撤退ですが、1.6210超えから再び上値抵抗が厚くなります。

ポンド/円は129.00-20にやや強い下値抵抗が出来ています。上値抵抗は130.20-30。短期トレンドは130.50-60超えまで回復しない限り変化しません。

豪ドル/円は、一昨日の84.06で一旦底打ちの可能性大。但し、85円台の足元がまだしっかりしていないので、買いは85円台半ばまで待った方が良さそうです。

今日も暑いです。これしか言葉が出ません。こんなときは脳にも栄養を与えるとちょっと気分もシャキっとします。というわけで、人形町の有名なお肉屋さん兼すき焼きの「日山」の裏手の方にある、「マハロ」http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13060273/で冷たく、甘~い、フローズンコーヒーを買って来ました。テイクアウト専門のコーヒー屋さんですが、コーヒーはなかなか馬鹿に出来ないおいしさです。フローズンコーヒーは日本橋のミカドの「モカソフト」に似た味です。軽井沢にもありますから、皆さんも行かれたことがあるかも。http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13006305/

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー

ドル/円、81円台乗せ。クロス/円、堅調。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

昨日はユーロが上値抵抗を抜けてしまい、何日かぶりにロスカットが先に付いてしまいました。昨日の戦略は1.4300超えを売って1.42前半で利食い、損切りを1.4360超えとする戦略でしたが、1.4225の利食いポイントには15ポイントほど足らず、1.4237から反転、1.4360のストップロスが先にヒットされました。この結果、ユーロ/ドルの短期トレンドもニュートラルな状態に戻していて、攻め難い形になっています。

ところで、ストップロスが付いてしまったとき、皆さんはどうしているでしょうか?作戦失敗の時、私は少なくとも24時間は手を出さないことにしています。相場に乗るタイミングがずれたり、逃げ遅れたり、普段付くはずの利食いが付かなかったりするのは、相場の波動に乗れなかったことになりますから..。

“ついてない!”だけで片付けて、すぐに次の波を狙ってポジションを取っても、結局波をかぶっておぼれてしまうことが多いものです。人間ですから“ヤラレ”を取り戻そうとする心理が働きます。ましてや、元々トレードが好きだったりすると、すぐにでも手を出したくなることが多いと思います。でも、一呼吸置くと冷静な判断も戻るし、相場の波動ともリズムが合いやすくなります。“チャンスを待てる心”を取り戻すことが、結果的に次の波に乗れるチャンスを招いてくれます。

さて、ドル/円は、実体ベースで81.00-10の抵抗を上抜けたことにより、上昇余地がもう一段拡がり易くなっています。日足の下値抵抗は80.40-50、軽い抵抗が80.80-90に出来ています。トレンドの変化が見られないので、買いは慎重に。80円割れで撤退です。上値抵抗は81.30-40、81.60-70。ドル売りは82.00-10超えで止めの戦略は変わらずです。

ユーロ/ドルは短期はニュートラル。目先は上値余地を試す動きが期待出来ますが、1.4400-20の抵抗が厚いので気をつけて。戻り天井を試した後は再び1.40方向への下落開始を予想しています。下値抵抗は1.4280-90に軽い抵抗が、1.4220-30にやや強い抵抗が出来ています。

ユーロ/円は115.80-116.00の抵抗を上抜けており、短期トレンドは強気に変化しています。一方で117.00-20、117.50-80の上値抵抗が厚いので一気に上抜けるには力不足と見ています。

ポンド/ドルはトレンドが弱い状態に変わりないので買いは様子見です。但し、1.5920-40に強い抵抗が出来ており、売りも様子見か吹き値待ち。1.6160-70の抵抗をクリアしない限り、トレンドは弱いままです。

ポンド/円は、129.80-90の上値抵抗にぶつかっており、買いは様子見です。売りは130.50-60超えで撤退です。

豪ドル/円は、85.90-00に強い上値抵抗が控えています。85円台の買いは残さず、浅い利食いを着実に。

このブログは12~24時間のトレーディングになるべく対応できるように上下の抵抗ポイントや戦略を示しています。当然のことながら1分、10分といった短いスパンでの取引を目的としていませんのでご了承下さいね。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー

ドル/円は81円の壁を超えられない状態。ユーロは弱気のまま。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

暑いです!多分体感温度は35℃以上の感じ。信号待ちのほんの少しの間も電信柱の細~い影に頭だけでもと思わず緊急避難してしまいました。

さて、ドル/円は81.00-10の抵抗をクリア出来ず、トレンドは弱いままですが日足の下値抵抗も上がってきており、今日は80.40-50近辺に。というわけで80.50近辺は軽く試し買い、80円割れで買いは止め。ドル売りは81.20-30超えで撤退です。この場合でも短期トレンドは82.00-10の抵抗をクリアしない限り、大きく変化しません。

ユーロ/ドルは1.43台まで続伸しましたが、トレンドは弱い状態のまま。朝方も1.4320-40の抵抗をクリア出来ずに反落しています。基本はユーロの戻り売り戦略で。強い抵抗は1.4340-60にあります。売りの損切りは1.4360超え。但し、この場合でも1.4420-40の壁はまだ厚い状態です。現レベルでのユーロ買いは様子見です。下値抵抗は1.4200-20近辺まで特に強い抵抗はありません。

ユーロ/円は、113.80-114.00の抵抗に跳ね返されており、一旦底打ちの可能性があるものの、トレンドの変化は認められません。現レベルの買いは様子見です。或いは週足の上値抵抗である115.80近辺はあれば売り狙い。損切りポイントは116.20超え。下値抵抗は114.40-80ゾーンに出来ています。ユーロ買いは113.50割れで撤退です。

ポンド/ドルは弱気の流れにありますが、1.5920-40にやや強い抵抗が出来ています。ポンド売りは1.6100-10までの戻り待ちとします。

ポンド/円は、128.00-10の抵抗を守っており、128円middle以下の突っ込み売りにも注意。売りは129.80-90までの戻り待ち。買いは128円割れで一旦止めです。

豪ドル/円は84.00-10の強い抵抗に跳ね返されており、84.30以下は一旦買い場と見ています。但し、84.80超えでは利食いを着実に。

今日のランチは念願の浜町「川治」へ。いつも行列が出来ているのですが、今日は暑くて並ぶ人が居なかったのか奇跡的?に入れました。今日のお刺身定食はキハダマグロと鯛の盛り合わせ。厚みのあるマグロと鯛食べごたえ十分。マグロも甘みがありました。お味噌汁もごはんも美味しかった!これで¥780はかなりCP良い感じです。お店が狭いのと合い席ですからのんびりしてはいられませんが、美味しいお魚ならやっぱりここかもしれません。今度は夜にトライしてみます。でも2ヶ月先まで予約は一杯だそうですよ。http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13057355/

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー

ドル/円、81円トライ中。ユーロは弱含み。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は、80.50-60の抵抗を上抜けてきましたが、80.80-90の抵抗はクリア仕切れていない状態。今日のドル売りの損切りポイントは81.00超えで十分でしょう。ドル買いは様子見か、引きつけて。80円割れで止め。81.00超えまで回復出来れば上昇余地がもう一段拡がり易くなります。但し、この場合でも82.00-10の抵抗をクリアしない限りはトレンドも変化しません。逆に79.90-00の下値抵抗も切れた場合は79.00前後まで下値余地が拡がる可能性が高くなります。

ユーロ/ドルはトレンドが弱く、戻り売りの流れに変化はありません。短時間では1.4100±10ポイントに強い下値抵抗がありますが、切れた場合は続落の可能性が高くなります。逆に反発に転じた場合でも流れを変えるには至らない可能性が高く、1.4200を大きく上抜けるのもまだ難しいと見られます。上値抵抗は1.4160-80に軽い抵抗が、1.4240-60に強い抵抗が出来ています。短期トレンドは1.4350-60の抵抗をクリアしない限り、大きく変化しません。

ユーロ/円は、113.80-114.00に強い下値抵抗がありますが、トレンドが弱い状態にあるので下値リスクにも注意が必要です。ユーロ買いは113.50割れで撤退です。上値抵抗は114.80-115.20ゾーンに出来ています。短期トレンドは116.00-20の抵抗をクリアしない限り、“ユーロ弱気”の流れが変化しません。

ポンド/ドルも強い下値抵抗として働いていた1.5970-1.6000を下抜けており、下値リスクが高い状態です。買いは様子見とします。これまでの下値抵抗が上値抵抗ゾーンとして働く可能性が高く、短期はポンドの戻り売り方針で。

ポンド/円は、トレンドが弱い状態に変わりありませんが、128.00以下の突っ込み売りにも注意した方がいいでしょう。127円台前半はあれば一旦買い場と見ます。上値抵抗は128.80-90に軽い抵抗が出来ています。短期トレンドは130円台乗せを見ない限り、ドルの戻り売り方針で。

豪ドル/円は、84.00-10強い下値抵抗ポイントを守っていますが、トレンドが弱い状態にあるので、新たな買いは様子見か、83.50-60があれば軽く買いね例で。但し、損切りも浅めに。

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー

7/26(火)インヴァスト証券のWebセミナー講師を務めます。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

7/26(火)、8:00pm~9:30pmまでインヴァスト証券でのWeb セミナーの講師を務めます。既にご存知の方も多いと思いますが、チームワカバヤシ(若林栄四を除く)はインヴァスト証券のFX24グランプリサポーターとして参加、「ゆったりトレード」で地道に利益を上げていくトレードを目指して頑張っています。

ご興味のある方は是非ご参加下さいね。詳しくは下をご覧下さい。

http://www.invast.jp/seminar/info/1107/26.html

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー
3mBTCプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示