川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

ドル/円、ユーロ/円、上値抵抗にぶつかる。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は直近の日足が、NYクローズベースでは83.10-20の上値抵抗をクリアし切れずに終えたことや、3/25の80.90から今朝の83.10まで40銭の押し目ないまま220ポイントの続伸を見たことから、一相場の区切りを見て、小反落に転じています。

但し、短期トレンドはは非常に強い状態を示しているので、押しは再び買い場と見ています。今日の日足の下値抵抗は82.50~82.30にあり、大幅続落にも繋がり難いと見られますが、来週一杯では81.90±10銭近辺までの押しが入ってもおかしくありません。上値抵抗は83.10-20、83.50-60

ユーロ/ドルは、トレンドは強気を維持していますが、上下の抵抗に挟まれており、上値トライに失敗する可能性にも注意を要します。1.40割れを見た場合は下落リスク拡大に要注意となります。下値抵抗は1.4100-10、上値抵抗は1.4170-80にあります。ユーロ買いは1.40割れ、ユーロ売りは1.4210超えが損切りポイント。

ユーロ/円は強い状態を維持。但し、117.50±30銭にある強い上値抵抗に到達しており、新たな買いは様子を見た方がいいでしょう。或いは116.50-60では軽く買い狙い。115円割れで止めです。上値抵抗は117.40-50に出来ています。

ポンド/ドルは1.59台から下値を切り上げていますが、やや弱気の流れの中にあるので買いは様子見か1.6000割れで止め。売りは1.6160-70が損切りポイントです。

豪ドル/円は中・長期的な上値抵抗ポイントである86~88円をトライする動きに入っていますが、一気に上抜けるポイントではないので、豪ドル買いは浅い利食いを着実に。

大地震から明日で3週間。大きな余震も感じられなくなりましたが、原発事故の影響が被災地の復興の遅れや被災された方達の生活はもとより、私達の生活にも徐々に影響が出始めていますね。都心でも夜は暗いし、大手スーパーでもミネラルウォーターや保存食品が不足気味です。地下鉄の構内の暗さはヨーロッパやアメリカも同じくらいですから気になりませんが、節電でやむをえないとはいえ、都心の銀座が暗いのは却って士気が上がらなくなりそうな気もします。

さて、今晩はJFXさんのウェブセミナーの収録があります。録画ですから、公開はすこし後になると思います。日時が分かったらこのコーナーでお知らせします。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

円全面安。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

トレンドはドル強気なのですが、一昨日の日足が強い形ではなかったので、油断している間にドル円はしっかり82円台乗せ。これまでの流れなら昨日の足は小反落して引けたところですが、高値引けの陽線で終えています。ということは、予想以上に円安の流れが進む可能性があるということでしょう。82.50超えでの越週となった場合は来週以降ドルの上値余地が更に拡がり易くなります。月足の上値抵抗が83.50-70にありますから、今月中ではこれ以上の上値追いには限界がありますが、82円割れから拾う必要がありそうです。

ユーロ/ドルは朝方の1.4120-30が最初の上値抵抗となり、これを売った場合は現レベルは一旦利食い場です。買いは1.4020-40レベルがあれば軽く買い狙い。但し、1.4000割れで買いは撤退です。或いはドテン売りに転換。

ユーロ/円は115.50-60の上値抵抗を上抜けた勢いで上昇余地を拡げています。短期ターゲットは117.50±30銭。118円超えはまだ壁となりそうです。

ポンド/ドルは1.5940-60の下値抵抗を守っていますが、1.5900割れを見たらポンド買いは一旦撤退です。上値抵抗は1.6080-90にありますが、強いものではありません。ポンド売りは1.6210超えで撤退です。

ポンド/円は131.00-10の抵抗を上抜けた勢いで上昇が加速しましたが、133.00-10にやや強い上値抵抗が控えています。133.00超えでは利食いを着実に。

豪ドル/円は83.60-70、84.00-20にあった強い上値抵抗をすり抜けており、トレンドが非常に強い状態を示しています。昨日の84円台を売り向かって撃沈してしまいましたが、85円台を買う勇気も無く、こういう場合はもっと上がることが多いですね。

但し、86~88円ゾーンは中長期的な上値抵抗ゾーンにあたっています。売り向かいは危険ですが、買いは利食いを着実に。月足の形状が安定しているわけではないので、来月初のうちに一旦押しが入り、買い場を提供してくれることになりそうです。

さて、桜もそろそろ咲き始めましたね。なかなか気分が上向きにならない状況ですが、桜も人が見てくれないと綺麗に咲かないかも知れません。というわけで、来週末は友人を誘ってお花見に出かけてみようと思っています。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、上値の重い展開。クロス/円、上値抵抗にも注意。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は引き続き81円台半ば超えで膠着ですが、直近の日足が上昇余力に欠けるものであることや81.60-70超えの上値抵抗をこなしきれておらず、下値リスクがやや高い状態にあります。81.45-50の抵抗を切れた場合は81.00近辺まで押しが深くなる傾向にあります。買いは様子見か損切りを浅めに。売りは吹き値待ちです。基本レンジは80~82円を大幅に抜け出すのはまだ無理があると見ています。

ユーロ/ドルは1.40lowにあった強い下値抵抗を守り切って反発に転じており、短期トレンドは強い状態を維持していますが、1.4200-10の抵抗を上抜け切れない可能性にも注意した方がいいでしょう。現レベルでのユーロ買いは様子見です。ユーロ売りは1.4140超えで売り参入。1.4210超えで撤退です。

ユーロ/円は、114.40-50の下値抵抗に跳ね返されており、日足は強い状態を維持していますが、115.50-60にある強い抵抗を上抜け切れない可能性にも注意が必要です。現レベルでの買いは様子見か、114.40-50割れで撤退です。売りは115.50-60超えが損切りポイントとなります。時間足の下値抵抗は114.90-00にありますが強いものではありません。

ポンド/ドルはやや弱気の中にありますが、1.5920-40の下値抵抗を守っているので、売りは1.6080超えまでの戻り待ちとします。1.6150-60超えで撤退です。買いは1.5900割れで止め。

ポンド/円は131.00-10の上値抵抗にぶつかった可能性が高いので、買いは様子見です。或いは130円割れで撤退。この場合は129円割れを見る可能性があります。ポンド売りの損切りポイントは131.10超え。

豪ドル/円は83円台にある強い上値抵抗をクリアしていますが、84.00-20の抵抗を実体ベースで上抜けるにはまだ力不足と見ます。買い残さず利食いを着実に。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、82.00近辺に強い上値抵抗あり。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は、81.90-00に強い抵抗が控えています。週足の形状から判断しても82円台の抵抗をこなすだけのエネルギーには乏しい状態に見えるので、今日のドル買いは残さない方がいいでしょう。やや強い下値抵抗が81.00±10銭にありますが、現状は80~82円のレンジ内から大きく抜け出すほどの力も感じられません。

ユーロ/ドルは1.4010-20に強い下値抵抗があり、これに跳ね返される可能性も高いので、売りは慎重に。上値抵抗は1.4110-20まで特に強い抵抗はありません。ユーロ買いの損切りポイントは1.4000割れ。

ユーロ/円は、朝方は下寄りのスタートとなっていますが、強い状態を維持しているので、ユーロ売りは様子見か、115.50-60超えで撤退です。ユーロ買いの損切りポイントは113.50割れ。この場合は下落余地が111-112円まで更に広がり易くなります。

ポンド/ドルは1.6000±20ポイントに強い抵抗があり、一旦下抜けても押し戻される可能性の高いところです。現在のレベルでの売りは様子見とします。上値抵抗は1.6160-70まで特に強い上値抵抗はありません。

ポンド/円は129~134円のレンジ内の下限を試す動き。130円low以下のつっこみ売りに注意が必要です。中期的にはゆっくり買い場探し。

豪ドル/円は82円台にあった強い上値抵抗を消化して一段の上昇に繋げています。強い状態を示していますが、84.00-20に一段と強い上値抵抗があり、これにぶrつかる可能性に注意が必要です。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、小幅レンジに留まる。ユーロ上昇余地に陰り。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は81.00を挟んでこう着状態。80.60-70と81.20-30の上下の抵抗に挟まれていますが、これをどちらかにブレイクした場合はさらに30~50銭程度、同一方向に動き易くなります。しかし、80~82円のレンジを大幅に抜けるのはまだ難しく、これを抜けたところの押し目は買い、吹き値は売り方針で。週足、月足を見るとまだドル下げ方向に引っ張られ易い状態にあるので、来週一杯はドルの下値リスクにより注意する必要があります。

ユーロ/ドルは1.40台を守って反発に転じています。短期トレンドは上昇トレンド維持ですが、1.4250~1.4300に強い上値抵抗が控えており、22日の第一回目のトライは失敗しています。下値抵抗は1.4130-40、1.4070-80に出来ています。最初の上値抵抗は1.4210-20に出来ています。ユーロ買いは昨日に続き1.4000割れで撤退です。

ユーロ/円は、113.50-60の下値抵抗にしっかりと跳ね返されており強い状態を維持していますが、115.00-20にある強い抵抗にぶつかる可能性にも注意が必要です。上抜けて来れば次のターゲットは116.10-20。下値抵抗は114.20-40。113.50割れを見た場合は下落幅拡大に要注意。

ポンド/ドルは、やや弱気に転じていますが、1.6060-70にやや強い下値抵抗が出来ています。中期的に見た強い下値抵抗が1.6000±20ポイントに位置しており、簡単には下抜けないポイントです。押しは再び買い場と見ています。上値抵抗は1.6160-70に軽い抵抗があります。

ポンド/円は、反落しましたが129-134円の下限を試す動きと見て、130円以下の突っ込み売りにも注意した方がいいでしょう。押しは買い場。

豪ドル/円は82.30-40の上値抵抗をあっさりクリアしていますが、上値抵抗の厚いポイントにあるので、買いは来週一杯での押し目を待つつもりで良さそうです。

今週は余震や、放射能汚染の報道などで落ち着かない日が続きました。コンビニやスーパーの棚からミネラルウォーターやパンが消えました。不安な日々が続きますが、なんとか前向きな気持ちを維持して乗り切りましょう!では良い週末をお過ごし下さい。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
3mBTCプレゼント
若林栄四最新書籍「黄金の相場予測2017 ヘリコプターマネー」プレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示