川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

ドル/円、ユーロともに週初のうちにどこまで下げるかがポイントに

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円はエジプト情勢の緊張で地政学的リスクによるユーロ、ポンド売りが対円にも及んだことから、前日の陽線の値幅を全て取り崩す陰線引けとなっています。83円超えトライの可能性を打ち消してしまった結果、再度足元を固め直す動きから、ドルの上値が重くなっていますが、今のところ82.00±10銭の下値抵抗を守っているので、現在のレベルでのドル売りは様子を見た方がいいでしょう。82.50-60近辺までの戻りは難しくありません。また、81.80割れも見た場合は、下値余地がやや拡がり易くなりますが、81円割れを見ない限り、ドル下げ余地も限られる可能性が高いと見ています。

週初のうちに81.90-00を割り込まないようなら今週中のドル円の下値余地は限られ易くなります。但し、上値のも、83.30-50の抵抗を上抜けない限り、反発余地もまだ限られ易い状態です。

ユーロ/ドル、ユーロ/円ともに急落しましたが、どちらも調整下げの範囲内と見て、ユーロ売りは慎重に。上値抵抗は1.3660-80ゾーンに出来ており、これ以上は一旦売り場となる可能性大。下値抵抗は1.3560-70、1.3540割れも見た場合は1.3380~1.3400近辺まで下落余地が拡がり易くなります。

ユーロ/円も調整下げと見ています。強い抵抗は110.80~111.00近辺にあります。上値抵抗は112.40超えまで特に強い抵抗はありません。

ポンド/ドルは上値が切り下がり始めていますが、1.5920超えまで強い上値抵抗がないので、売りは戻り待ち。1.5780-1.5800に強い抵抗がありますが、切れた場合はもう一段下落余地が拡がり易くなります。但し、1.56middleを割り込むほどの下げには繋がらず、押しは再び買い場となりそう。

ポンド/円は132円台で目先天井を見た形ですが、トレンドがそれ程弱いわけではなく、128-132円のレンジの下限は再び買い場と見ます。

豪ドル/円は、やや上値を切り下げているので、新たな買いは様子見か、79円割れを見たら続落に要注意。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

日本国債格下げにともなう円売りは限定的?ユーロは堅調。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

アメリカの格付け会社S&P社による日本のソブリン債の格付け引き下げ報道は、83円22銭までのドル急反発を招きましたが、今日の東京市場では83円台にも届かず、ドルの上値が重い状態にそれほど変化は見られません。しかしながら、82.00-20近辺の足元が固まった状態に見えることや、9日、21日、90日銭がいずれも82.50-60に集中しており、一方向へ動き出す可能性が高いことから、82円割れを損切りポイントとして、押し目買い方針が有効と見ています。短期トレンドは81円割れを見ない限り、ドル強気の流れを維持しますが、再び82円割れを見た場合は下値リスクが拡がる傾向にあります。

現状は83.30-50の抵抗を超えられない状態が続いていますが、逆に超えて来れば上昇余地が拡がり易くなります。

外国人の日本国債保有は10%にも満たないため、国債売り、円売りに繋がらないとの見方が多いようですが、ソブリンリスクは国の信用度として海外では注目度が高く、めったに日本の話題が載らないWSJにでさえ掲載されています。リスクが顕在化するのは数年先とありますが、“日本はアジアのスペイン”と嘲笑気味の内容になっています。国債は買っていなくても日本売りに繋がる可能性にも注意する必要はありそうですね。

さて、ドル/円はやはりアメリカの経済指標に影響されるところが大きいですから、今日の第4四半期GDP、そして来週末の雇用統計には特に注意する必要がありそうです。

ユーロ/ドル、ユーロ/円はトレンドの強さを維持しています。1.3730-40、114.20-40に抵抗はありますが、もう一段上昇する可能性を視野に入れて、押し目買い方針継続とします。ユーロ/円は日足のサポートが113.20-30にあり、終値ベースでこれを上抜けていれば、来週以降一段と上昇余地が拡がる可能性が高くなります。逆に112円台での越週であれば、来週は一旦調整的な押しが入る可能性が高くなります。112円割れを見ない限りは調整下げが深くなる可能性が低くなります。

ユーロ/ドルのターゲットは引き続き1.3780-1.3810、中期的な上値抵抗は1.3860~1.3920ゾーンにあり、このラリーでのユーロの上昇余地は最大でもこの辺りが限度と予想しています。下値抵抗は1.3660-80にあります。1.3550割れを見ない限り、ユーロ強気のトレンドを維持します。

ポンド/ドルは1.60接近場面があったものの、強気転換には至っていません。今日の終値が1.60台超えか、値動きの中で1.6050-60の抵抗をクリア出来れば、再び強気のトレンドに戻ります。下値抵抗は1.5840-50に控えています。

ポンド/円は132.20-40の抵抗をしっかり上抜けておらず、買いは一日様子見とします。強い下値抵抗が131.00-20に出来ていますが、130円割れを再び見た場合は続落に注意する必要が生じます。下値抵抗は131.00±20銭にあります。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円は小動き。一方向へ抜けやすい状態。ユーロ小じっかり。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は上値の重い状態に変わりありませんが、82.00±10銭を守っており、反転の可能性を残しています。ドル買いの損切りは81.00割れ。浅い場合は81.80割れ。82.70-80に上値抵抗がありますが、83円超えを見たらドル売りは撤退です。一方向へ動き出す時はえてして反対方向へ振ってから動くことも多いので、振らされないように。

ユーロ/ドルは強い状態を維持しています。短期ターゲットは1.3780-1.3810ですが7手連続陽線引けとなっており、調整ないまま上昇しているので、反落にも要注意。今日のユーロ買いは浅い利食いを着実に。短時間では1.3730-40に強い上値抵抗が控えています。浅い下値抵抗は1.3670-80。1.3630-40も切れた場合は、下値余地がもう一段拡がり易くなります。短期トレンドは1.35割れを見ない限り、強い状態を維持します。

ユーロ/円も強い状態を維持。112.20-40に浅い抵抗があります。113円超えでは利食いを着実に。111.80割れを見た場合は111.00-20近辺まで下値余地が拡がる可能性が生じます。押しは買い場。強い上値抵抗が113.20-40に控えており、このレベルを超えるのはなかなかしんどそうです。

ポンド/ドルは1.59台まで急反発しましたが、1.57台の足元が不安定な状態に変わりなく、1.59台は一旦売り場と見ています。浅い損切りは1.5950-60超え1.5830-40に軽い抵抗が出来ています。強い下値抵抗は1.5700-20。

ポンド/円は、131.00-20にやや強い抵抗が出来ており、戻りは一旦売り場と見ます。129.80~130.00に時間足の下値抵抗が出来ています。強い抵抗は129.00±20銭。

豪ドル/円は小じっかり。現状は下値抵抗を守っていますが、上値をジリジリと切り下げており、82.60-70超えに日足の実体を戻さない限りは下値リスクにより注意する必要があります。81.50割れを見たら買いは撤退した方が良さそうです。

今週末の土曜日の夜中というより、日曜に入ってしまいますが、サッカーのアジアカップが放送されますね。日本対オーストラリア、これまで負け越している相手ですがこの間の試合を見ていると、日本勢には勢いが感じられます。サッカーには興味が全くない私ですが、やはり日本代表となると一流だけに見ていてわくわく楽しいですね。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、一方向へ抜け易い状態。ユーロは堅調。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は陽線で切り返すことができず、上値の重い展開が続いていますが、82.00±10銭にある強い下値抵抗で踏み留まっており、かろうじて反発に転ずる可能性を残しています。現レベルでのドル売りは様子見とします。或いは83円超えを見たらドル売りは撤退です。9日、21日、90日移動平均線がいずれも82円middleに収束し始めており、一方向へ抜け易くなり始めているので、売り、買いともに損切りを浅くしておいた方がいいでしょう。

短期トレンドは81円を割り込まない限り反発に転ずる可能性を残していますが、今日のドル買いの損切りポイントは81.50割れで十分でしょう。

ユーロ/ドルは強いトレンドを維持していますが、1.3730-40超えに強い抵抗があります。下値抵抗は1.3660-70に軽い抵抗が、1.3600-10にやや強い抵抗が出来ています。1.35割れを見ない限りはトレンドに大きな変化は生じません。短期ターゲットは1.3800±20ポイント。

ユーロ/円は強い状態を維持しています。111.00±10銭に強い下値抵抗が、112.00-20に軽い抵抗があります。上値抵抗は113.20-40。ここは一旦上抜けても押し戻される可能性が高いポイントです。

ポンド/ドルは1.5840-50の下値抵抗もすり抜けて急落しています。1.6020-50ゾーンの抵抗を上抜けられなかったことも下げを加速させており、足元を固め直す動きから下値余地がもう一段拡がる動きが予想されます。1.5700近辺をターゲットとして目崎は戻り売り狙いで。軽い上値抵抗は1.5840-60に出来ています。

ポンド/円はレンジ内の上限にぶつかった状態。128円台をターゲットに短期は戻り売り狙いで。上値抵抗は130.30-60に出来ています。短時間での下値抵抗は129.00-20.

豪ドル/円は、82.40-60にやや強い上値抵抗が出来ています。これを上抜けてくるまでは買いは慎重に。81.50割れを見たら買いは撤退です。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、今日も押し目買い。ユーロは若干下押しの可能性、押しは買い。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は小動きで方向感が出てきませんが、調整的な下げであればそろそろ今日あたりは反転に繋がる可能性が高いと見ています。81.50割れに損切りを置き、82.20-40ゾーンでの買い狙いで。82.80近辺、までの戻りは無理がないとみていますが、83円超えに日足の実体を戻すか、値動きの中で83.30-50の抵抗をクリアしないと、下値不安を残す形となります。短期トレンドは81円割れを見ない限り、ドル強気の流れを維持します。

ユーロ/ドルは続伸。強いトレンドを維持しており押し目買い方針に変わりありません。但し、1.3590-00近辺までの押しは無理がないと見られ、押し目を待って買い狙いで。13730-40にやや強い抵抗が控えていますが、これを超えて来ればもう一段上昇余地が拡がり易くなります。短期ターゲットは1.3800±20ポイント。

ユーロ/円も強い状態を維持しています。押し目買い方針継続ですが、続伸に繋げた場合でも113.20-40ゾーンは一気に上抜けるには無理があるでしょう。強い下値抵抗は111.00-20、浅い抵抗は112.00-20にあります。

ポンド/ドルは1.6020-50の上値抵抗をクリアしておらず、買いは様子見か1.5950-60までの押し目待ち。ただし、1.5840-50を再び切れた場合は下落幅拡大に要注意です。また、1.6050-60を超えた場合は1.62方向へ上昇余地が更に拡がる可能性が高くなります。ポンド売りは1.6050-60超えで撤退となります。

ポンド/円は、132.20-40の抵抗を上抜られない展開が続いていますが、トレンドは強い状態を維持しています。131.10-20にやや強い下値抵抗があります。強い上値抵抗は133.60-70。130円割れを見ない限り、大幅調整は入り難い状態。

豪ドル/円は81.50-60の抵抗を守って反発に転じていますが、82.40-60の抵抗にもぶつかっており、買いは様子見か、81.50割れを見たら一旦撤退した方がいいでしょう。

毎日寒いですねぇ。東京も日中で一ケタ台の毎日ですが、NYはというと、半端じゃない寒さで今日も零下15℃だったそうです。聞いただけで寒い!目を開けていると涙が自然に出てくるんですって。凍らないように瞳も自己防衛するってことでしょうか。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示