川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

ドル/円は、81.10以下に強い下値抵抗、ユーロは1.3280-90がポイント。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は続落。下値リスクは引き続き高いものの、81.10~80.60ゾーンに強い下値抵抗があるので、押しは再び買い場となる可能性が高いとています。一方で上値も82.50-60を上抜けるほどの反発力にもまだ欠けるので、上昇に転じた場合でもドル買いは急ぐ必要は無さそうです。81.10以下はあれば軽く買い狙い。戻り余地は浅いところで82.00-10近辺。ドル売りはこのレベル以上の戻り待ちとします。時間足の下値抵抗は81.30-40にあります。時間足の上値抵抗は81.60-70。

ユーロ/ドルは1.3280-90に強い抵抗があり、これを日足の実体ベースで上抜けるか、或いは値動きの中で1.3310-20の抵抗をクリアしない限り、強い状態に戻せません。上抜けられれば1.36台をターゲットにユーロの押し目買いに戦略転換となります。下値抵抗は1.3140-50にあります。

ユーロ/円は、127.50~127.00ゾーンに強い下値抵抗があります。このレベルまであれば一旦買い場とみています。但し、105~106円割れも見た場合は101円方向への続落に注意する必要が生じます。

ポンド/ドルは反発に転じていますが、まだトレンド変化を確認できない状態です。1.5550-60を上抜けられれば一旦底打ちの可能性が高くなります。

ポンド/円は125.00±20銭に中期的な下値抵抗があり、このレベルはあれば一旦買い場と見ています。上値抵抗は127.20-40に出来ています。

豪ドル/円は82.70がサポート。これを切れたら買いは一旦撤退した方がいいでしょう。

今年も残り僅かとなりましたね。振り返ってみるとあっという間の1年でした。大切なものとのお別れもありましたが、兄妹との初めての温泉旅行で母の米寿をお祝いできたことは、離れ離れに住んでいても、家族の絆を感じること出来たとても幸せな時間でした。悲喜こもごもですが来年も仕事も仲間達との付き合いも共に充実した時間を過ごせたらと思います。 皆様もどうぞ良い年をお迎え下さい。 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー

ドル/円は81円台の抵抗を試す動き。ユーロ、ポンドは下値固まらず。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は、小動きながらも82.30-50の抵抗を下抜けており、81.10~80.60の抵抗の厚さを試す動きが強まることが予想われます。吹き値があった場合でも83円を大きく上抜けるのは難しい状態。短期は戻り売りに転換、但し、月足の形状が悪化しておらず。中期は81円前後での押し目買い方針に変わりありません。但し、80.30割れを見た場合は買いは撤退です。

ユーロ/ドルは昨日の上値トライでも1.3280に届かず反落、上値トライの失敗により下値リスクが高い状態にあります。現状は1.3070~1.3110の抵抗を守っていますが、底が固まった状態と認められないので、買いは一日様子見か、1.30割れで撤退です。上値抵抗は1.3210-20に出来ています。

ユーロ/円は107.00~107.50ゾーンに強い抵抗があり、押しは一旦買い場と見ます。可能性は低いとみていますが、105~106円も割り込んだ場合は中期トレンドが変化し、101円方向へ続落する可能性が高くなります。

ポンド/ドルは1.5420-40にやや強い上値抵抗が控えています。1.56台回復を見るまでは引きつけて売り狙い。1.5300~1.5280にやや強い下値抵抗があります。

ポンド/円は、127.20~127.60にやや強い上値抵抗があります。下値抵抗は126.00±20銭。125円台は一旦買い場と見ます。

豪ドル/円は強い状態を維持していますが、豪ドル/ドルが1.0120-50の強い上値抵抗ゾーンに位置していることから、これにぶつかる可能性も高く、対円でも反落に注意する必要があります。82.70割れを見たら下値余地が更に拡がる可能性が生じます。

年末の薄商いの中で、一方向へ動き易く振らされないよう注意してください。ユーロは1.3100以下の突っ込み売り、1.3210超えの飛びつき買いに要注意。

さて、今日のLunchは「そよいち」http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13056047/のかつカレーをがっつり食べてきました。限定20食、¥1,100也。ターメリックと小麦粉、お野菜のみじん切りを丁寧に炒めて作ったさっぱりとしたカレールーに、肉が柔らかく、周りはカリッと揚がった熱々のとんかつが載っています。お肉が薄めなのと、衣が厚くないので食べやすく、かつにカレーを絡めてちょうどいいお味。味の変化が欲しい時はこれにウスターソースを絡ませると優しい味からシャキっとした感じの味になります。

これに濃い目のお味のごぼうの入った豚汁が付きますが、これが妙に合います!美味しかったけど、まだお腹が空きませんね、やっぱり...。でも脂でもたれる感じは全くありません。

いつもながらのおかみさんの手際の良さに脱帽でした。では又明日+

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー

ドル/円、下落余地が拡がる可能性

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は、82.50割れを見ており、82.30-50の下値抵抗を下抜ける可能性が高くなっています。ドル買いは様子見とし、83.40-60は当面の壁となります。82.30割れも見た場合は、上下動を繰り返しながらも80.60~81.10の足元を固め直す動きが強まるとみますが、週足、月足の形状が悪化しているわけではないので、押しは再び買い場と予想しています。新たなドル買いは様子見です。短期的には83.40-60の戻り一旦売り場となります。

ユーロ/ドルは、1.3180~1.3210の上値抵抗を上抜けており、1.3280近辺までの戻り余地が生じていますが、1.3310-20を上抜けない限り、戻り売りの流れに変化はありません。ユーロ売りの損切りは1.3310超え。

ユーロ/円は、110円台に日足の実体を戻すか110.50-60の抵抗をクリアしない限り、戻り売り方針に変化ありません。

ポンド/ドル、ポンド/円はトレンドが弱い状態にあるので買いは様子見です。やや強い下値抵抗は1.5300±10ポイント、127.00-10。ポンド/円は、126.80割れを見た場合は125円台まで続落の可能性が高くなります。

豪ドル/ドルは、1.0100-10に強い上値抵抗が控えています。

今日は、投資日報社さんの打ち上げに参加しました。ワインやビールも頂いてちょっと気分も良い状態。まだまだ仕事が残っているので、これからまた一仕事です。ではまた明日~

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー

London市場休場のため小動き

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日は東京を除くアジア、ロンドン市場が休場のため小動きとなっています。ドル/円も上値が重い状態にありますが、下値抵抗も守っているので82円台の売りは見送りです。買った場合の損切りポイントは82.50割れで十分でしょう。

ユーロ/ドルは短期トレンドが弱い状態を示しているので、買いは様子見か引きつけて。1.30割れで一旦撤退です。1.3070-1.3100に強い下値抵抗があります。上値抵抗は1.3180~1.3210。1.3250-60の抵抗をクリア出来れば反転の可能性が高くなります。

ユーロ/円は、108.40-50にやや強い抵抗がありますが、切れた場合はもう一段下落余地が拡がってもおかしくありません。強い下値抵抗は107.50~108.00にあります。トレンドがまだ弱い状態にあるので、買いは様子見です、売りは109円台までの戻り待ち。111円台までの回復を見ない限りは、ユーロの下落リスクが高い状態に変わりありません。

ポンド/ドルは、先週の下値トライで1.5400を一旦下抜けており、1.5300近辺まで下値余地が拡がる可能性が生じています。買いは様子見。1.56台回復を見ない限り、強い状態を回復できません。

ポンド/円も127.00-20に強い下値抵抗がありますが、下値リスクが高い状態を示しており、すり抜ける可能性があるので、買いは様子見です。129円台回復を見ない限り、ポンドの戻り売り方針継続となります。

豪ドル/円は短期トレンドは強い状態を示していますが、週足の形状が強い状態にないので、買いは浅い利食いを着実に。

海外勢はこの時期はほとんどポジションを取りません。その代わりに新年早々(今年は1/3)、或いは気の早い連中は1/30から新年度のバジェットへ向けて積極的なトレードを開始します。年初早々からの流れに乗れるよう、気を緩めずに行きましょう!というわけで、それに備えて一両日はトレードも基本的には様子見です。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー

ドル/円上値は重いが..。ユーロドルは1.3080-00に下値抵抗。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は、83.50-60の抵抗を下抜けた勢いで、82円台突入となりましたが83.00±10銭には強い下値抵抗があり、82円台は一旦買い場と見ています。一方で、日足の形状が悪化しているので、当面は83.40-60の上値が重くなる可能性が高くなりました。このレベルでは利食いを着実に。短期トレンドは82.30-50の下値抵抗を切れない限り、“ドル強気”を維持します。

ユーロ/ドルも連日1.3080-1.3100の下値抵抗を実体ベースで守っており、短期トレンドが弱いながらも、このレベルでの売り残しは控えた方がいいでしょう。週足の終値ベースで1.31台を維持出来ない場合は1.30割れのリスクが生じますが、現レベルからの反転の可能性も50%:50%の割合です。

ユーロ/円は108.50-60の抵抗にぶつかっており、反転の可能性に繋げていますが、トレンドがまだ弱いので、買いは様子見とします。売りも、108円台の売りは様子見としますが、トレンドは110円台半ば超えまでの回復を見ない限りは弱いままです。

ポンド/ドルは値動きの中で1.54割れを見たことにより、下値リスクがやや高い状態にありますが、1.5300以下の抵抗が厚いので、深い押しには繋がらないでしょう。とはいえ、トレンド転換までメサkいは買いは新値を待つか様子見とします。1.5480-1.5500に上値抵抗があります。

ポンド/円は127円台に中期的な下値抵抗があり、押しは一旦買い場と見ますが、130円はまだ壁。

豪ドル/円は、短期は強い状態を維持していますが、84.00-20に上値抵抗があります。

今日はクリスマス・イブ。皆さんはケーキを買われましたか?私は先ほどホールケーキをカットしたのを頂きました。何年ぶりかで食べるクリスマスケーキです。やっぱりクリスマスケーキはホールケーキじゃないと気分が出ません。というわけで、例年は食べ切れないのが分かっているのでケーキを買いません。というよりクリスマスはデザートよりディナーです、よね???

今日は友人達とクリスマスディナーを頂きます。殆ど例年友人と訪れるのが「ブラッスリー・ドン・ピエール」、2階は有名なドン・ペリニヨンですが、下はブラッセリーですのでカジュアルレストランです。こじんまりしていて、他の人との距離が近いですから、カップル向きではないかもしれませんが、素材(特に野菜)はとても美味しいです。お値段もお手ごろ。毎年この時期の3日か4日間のみ、Xmas Dinnerを企画してくれます。

今年のメインはローストビーフだそうですが、ロースとビーフは当たり外れの大きいものですから、仕事が丁寧なのが分かっているだけに今からちょっと期待しています。デザートも美味しいですよ!デザートに余り興味のない私も美味しいと思います。

普段は予めお任せのコースを作ってしっかりディナーを頂くか、前菜やサラダ系、鴨のコンフィーなどの一品もので軽く一杯で終わらせています。ワインも多くは置いていませんが、お値段お手ごろのフランスワインがあります。高くて美味しいのも2階のお店だったら豊富に有りますよ~ http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13014922/

merry X-mas!

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー
3mBTCプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示