川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

ドル高、円高地合い続く

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は90円台を維持出来ずに89円台へ反落しましたが、一方で89.60-70の下値抵抗も守っている状態。トレンドは引き続きドルの下落リスクがより高い状態にありますが、月足の下値抵抗が90.00±30銭に位置しており、今日のNY市場の終値ベースで90円超えを維持できていれば、来週以降反転、ドル上昇に繋げる可能性を残すことになります。日足の下値抵抗は、88.80、週足は90.00±10銭に位置しており、現在の89円後半は、ドルを売り残さず様子を見た方がいいでしょう。

ギリシャの財政問題、ポルトガル、ルーマニアなどの信用リスクなどが足かせとなってユーロは対ドルで続落、ポンドもS&P社によるイギリスの金融機関の信用度の低下が指摘されて続落、資源国通貨も売り動意強く、結局ドルは対円を除き全面高となっています。

ユーロ/ドルは1.39lowの下値抵抗には一旦ひっかかったものの、トレンドは非常に弱く、中期的には下げ幅がさらに拡がる可能性が高くなっています。ターゲットは1.35~1.36台、1.4150~1.4250が中期的な壁となる可能性が高くなっています。日足の上値抵抗は1.4030~1.4050。

ユーロ/円も、短時間では124-125円の間に強い下値抵抗が控えているものの、下値余地をさらに拡げる可能性が高く、来週以降も戻り売り方針継続。126~127円の上値が重くなると見ています。

豪ドル/ドル、ドル/カナダ、NZ/ドルも中期トレンドが大きく変化しており、基本は米ドルの押し目買い方針で。

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、クロス円反発。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は下値抵抗を守って上昇に転じています。90.50-60超えでNY市場を終えることができれば、下値不安がやや小さくなり、明日以降のドル反発に繋げる動きが期待出来ますが、現状は90.50の抵抗をクリアし切れていないので、ドル買いは飛びつかず様子見で良さそう。

トレンドが変化したとは認められませんが、時間足の下値抵抗が89.60-70にあるので、これを切れない限り、押しは一旦ドルの買い場となる可能性が高くなっています。短期トレンドは91.50-60の壁を越えない限り、大きな変化は生じません。上値抵抗は91.00~91.20にやや強い抵抗が出来ています。

ユーロ/ドルは、1.4930-40の下値抵抗に跳ね返されて上昇に転じています。短時間では一旦底値を付けた可能性が高いと見られますが、トレンドが弱いので、一気に1.4140-50超えの抵抗を上抜けるには無理があると見られます。中期的には1.4250~1.3360のレンジを予想しています。

クロス/円は、反転し始めていますが、豪ドル円は82円超えから強い抵抗があります。

ユーロ/円は、127.40-50の抵抗をしっかりクリアしない限りは、反落に要注意。127.50超えを見れば、上昇余地が129円近辺までさらに拡がり易くなりますが、戻りは売り場となる可能性大。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

武部力也氏の著書にコメントが掲載されました。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

武部力也氏(岡三オンライン証券/事業戦略部長)の著書『勝ち残りFX』(扶桑社)にトレード手法についてお話した内容が掲載されました。FXトレードについてご興味のある方、ご購読頂ければ幸甚です。詳細は下のURLからご覧下さい。

http://kachinokorifx.blog107.fc2.com/ 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、クロス/円、上値の重い状態続く

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は、90.00の抵抗を守れずに陰線引けとなっており、トレンドは引き続き弱気継続。週足の上値抵抗が91.00~91.20に位置しているので、これを上抜けて越週するか、或いは値動きの中で91.50-70の抵抗をクリア出来れば、短期トレンドもドル強気に変化します。

それまではひたすらドルの戻り売り狙いの戦略となりますが、目先は89.00±10銭に強い下値抵抗が控えていることや、月足ベースでは89.50-90.00近辺に強い下値抵抗があることから、月末には89.50以上のドル高水準で引けている可能性が高いと見られます。というわけで、現在のレベルは売り急がず様子見とします。90.00近辺までの戻りを待った方がいいでしょう。損切りポイントは90.50超え。

ユーロ/ドルも1.4030-40にやや強い抵抗が出来始めており、これを守りきれば小反発に転ずる可能性が高くなります。但し、中期的なトレンドは非常に弱く、今後暫くはユーロの戻り売り方針継続となります。反発余地は1.4250前後、下値目処は目先は1.39台low、ターゲットは1.36台。

FOMCの議事録発表へ向けて一段のドル高、円高が進んでいますが、N225,NYダウ、金、原油相場を見る限りでは、そろそろ一旦反転の可能性の高い下値抵抗に到達しており、中国の金融引き締め姿勢やオバマ大統領による金融期間の規制法案の提案により、リスク回避志向が強まった相場もそろそろ目先は限界に近づいているようにも見えます。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!

ドル/円、クロス/円反落

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は90.60の抵抗もクリア出来ずに反落しましたが、89.40~89.60には週足ベースで見た強い下値抵抗が控えており、このレベルでのドル売りは急がず、様子を見た方が良さそうです。一方で上値も91円超えに強い抵抗があるので、これをしっかり超えるのはまだ力不足と見られます。

ドルが対円を除き全面高の状態の中で、クロス円は下落幅が拡大しています。ユーロ/円は126円割れを見た場合は続落の可能性が高くなります。

ポンド/円は145.00-10に強い下値抵抗があります。現状はこれに跳ね返されていますが、148円超えからは再び重くなる可能性が高いのでポンド買いは利食いを着実に。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
トレトレ会員登録でもれなく3mBTCプレゼント!
300円相当ビットコインプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示