川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

川合美智子(かわい・みちこ)

旧東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)在勤の1980年より若林栄四の下で罫線分析を研究、習熟する。同行でカスタマー・ディーラーとして活躍した後、1989年より在日外銀でカスタマー・ディーラーとして、また、外国為替ストラテジストとして抜群の人気を博す。罫線分析を基にした為替相場コメントには定評がある。現在、(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役 兼 外国為替ストラテジスト。日経CNBC『デリバティブマーケット』、『ストックボイスTV(毎週金10:15am~)』に出演中。ブログ『川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法』を掲載中。『オール投資(東洋経済新報社/第1、第3月曜日発売)』に寄稿中。

著者の書籍

リンク用バナー

当ブログはリンクフリーです。
バナー画像はこちらをお使いください。

トレトレブログ

トレトレおすすめブログ

ドル/円、92円台。ユーロ/ドル反落。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は92円台に乗せたことにより、92.50-60近辺まで上昇余地が拡がる可能性が生じましたが、個々の日足が強いわけではないので、年初のうちに足元を固め直す動きが強まると見られます。ドル売りは目先は様子見となりますが、92円middle超えは再度売り場探しと見ています。

ユーロ/ドルは、1.4450~1.4470の抵抗にぶつかって反落していますが、値動きの中で1.4450超えを見たことにより、短期トレンドが反転、ユーロ上昇へと流れが変化する可能性が生じています。1.43low以下は押し目買い狙いで。ターゲットは1.47台。但し、1.42割れを見た場合は、再びユーロの下落リスクが大きくなって来ます。

ポンド/ドルも1.58台は中期的な下値抵抗ゾーンにあたるので、突っ込み売りに注意。1.58割れに損切りを置き、軽く買って見たいところ。

豪ドル/ドルは短期トレンドは強い状態を維持していますが、0.9000が壁となる可能性が高いので、買いは様子見か浅い利食いを着実に。

 

 

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー

膠着状態のドル円

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は91.40~91.70でこう着状態ですが、日足はそろそる一方向へ動き出す可能性が高くなっていることを示しています。トレンドは"ドル強気"変わらずですが、月足ベースで見ても91.00~91.50には強い抵抗がありますから、12月を終えてみればこれを大幅に上抜けている可能性は小さいと見ています。

しかし、一方で、今月の85円台で一旦ドルの底打ちを確認した可能性が高いので、1月は87-88円を大きく割り込んで円高加速という状況もなさそうです。

ユーロ/ドルは1.4410-20の抵抗に2度ぶつかっているので1.4280前後まで押しが入ってもおかしくありませんが、1.42を割り込むほどの下げ余力も無さそうですから、押しは再び買い場となりそうです。

1.4450~1.4470の抵抗を上抜けて来れば、上昇余地がさらに拡がり易くなります。それまでは、ユーロ買いもゆっくりで間に合いそう。

豪ドル/ドルは0.9000はまだ壁。豪ドル円も92円が壁となっている状態なので、買いは様子見でいいでしょう。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー

商い閑散で小動き。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

早出の欧州勢が参入して来ましたが、参加者が少なく小動きとなっています。

ドル/円は91円台で堅調ですが、91.70-80の抵抗を上抜け切れておらず、上値も攻めきれない状態。91.40~91.70のレンジ内にあり、下値も91.30-40の抵抗を抜けていませんが、これを切れてくれば下値余地が若干拡がり易くなります。

ユーロ/ドルは、1.3410-20の抵抗にぶつかっており、今日の上値トライでもこれを超えられない場合は、1.4280±20ポイントの下値抵抗まで再度下げる可能性が生じます。基本はユーロの押し目買いと見ています。

ポンド円も、上値が重いながらも下値抵抗を守っているので、145円台は売り急がず様子見でいいでしょう。一方向へ離れ易い状態を示しており、売り買いともに慎重に。短期トレンドは上値トライの可能性を残しており、145円割れを損切りとして押し目を軽く拾ってみるのも手。売りは様子見。

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー

今日はクリスマスで海外市場は休場

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

今日は海外市場がクリスマスで休場のため、東京市場が終わった後は殆ど動きが無くなります。ドル円相場も91.40~91.70の狭いレンジ内での取引となると見られますが、91円割れを見た場合は下値余地が90円台半ばまでさらに拡がり易くなります。短期トレンドはドル強気の流れに変化が見られないため、ドル売りは様子見か91.60-70まで待った方がいいでしょう。

ユーロ/ドルは昨日の上値トライの動きの中で、1.4410-20の抵抗にぶつかっており、今日のところは1.4400が壁となる可能性が高くなっています。来週以降、1.4300~1.4270近辺まで再度押す可能性がありますが、押しは買い場と見ています。また、1.4410-20を上抜けて、さらに1.4450-60の抵抗もクリア出来れば、1.4218で大底を確認した可能性が高くなり、1.4500超えの抵抗をこなして1.47方向へのユーロ上昇が見込めます。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー

「ドル全面高」の終りの始まり

  • 記事URL
  • はてなブックマーク

ドル/円は、短期トレンドは強気のままですが、91.00~91.50は月足ベースで見た強い抵抗があるところで、12月足ではこれを上抜けられていない可能性が高いと見ています。短期トレンドはドル強気のままですから、ドル売りは急ぐ必要はありませんが、91.50近辺は売り場となる可能性が高いと見ています。また、90円割れも見た場合は、今週の91.80-90で目先天井を見た可能性が高くなります。トレンドが変わらないまでも90円50-60銭までは、比較的簡単に押しが入るので、91円台のドル買いは様子見でいいでしょう。

ユーロ/ドルは、1.6250以下に中・長期的に見ても強い抵抗があり、昨日の値動きの中で、一旦これにぶつかった可能性が高いと見られます。今週一杯では、再度1.4280近辺までの押しが入ってもおかしくありませんが、押しは買い場となりそうです。現状は1.4410-20にやや強い抵抗が控えており、これにぶつかる可能性に注意を要しますが、1.4460-70の抵抗も上抜けた場合は、短期トレンドが変化し、1.47超えまで上昇余地が広がり易くなります。

その他通貨も対ドルでは一旦底値を見た可能性が高くなっています。一両日の押しをゆっくり買い場探し。

クロス/円は、ドル/円の上値が重くなる可能性が生じているので、押し目が入る可能性が高く、買いは一両日は様子見でいいでしょう。

 

  • 記事URL
  • はてなブックマーク
アメジスト香港主催特別セミナー
3mBTCプレゼント
HSBC香港活用マニュアルセット
CCM香港 海外法人設立Wキャンペーン
トレトレ会員無料登録はこちら
トレトレ公式facebookページ
TRADETRADE Twitter
香港ポスト
マカオ新聞
ビットコイン研究所

最近のブログ記事

月別アーカイブ

▲ TOPへ戻る

スマホサイトを表示